読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

おいしく飲めるノンアルコールビール7選!昔はマズいものばかりでしたが、最近では美味いノンアルコールビールも増えてきました。

http://www.flickr.com/photos/44641697@N00/3677469971

photo by Theo Lagendijk

7年くらい前に一時、話題になったノンアルコールビール。

ただその際に発売されたノンアルコールビールを飲んだ方のほとんどが「もう二度とこんなもの飲むかっ!」と思ったくらい、当時のノンアルコールビールって不味かったんですよね(苦笑)。私も同様の経験をした記憶があります。

しかしそんなノンアルコールビールも、最近ではメーカーの努力もあってか質も味もグレードアップ。中には「まるでビールそのものだ!」というくらいに美味しいものも出てきたので、今回は雑談がてら、個人的に気に入って飲んでいるノンアルコールビールを紹介してみたいと思います。

興味があるものがあったら是非、試しに購入してみてくださいね。

美味しいノンアルコールビールまとめ:

1.アサヒ ドライゼロフリー:

個人的に一番美味しいなと思うのが、アサヒ ドライゼロフリー。

まるでビール…とまではいきませんが、第三のビールよりかはビールらしい味わいになっているので、発泡酒を飲み慣れた方であれば問題なく美味しく飲めるノンアルコールビールになっていると思います。

ちなみにあまりの美味しさに、私は箱買いしましたよ。加えてプリン体ゼロ、糖質ゼロという点も魅力です(ダイエットの味方ですね)。

アサヒ ドライゼロフリー 350ml×24本

アサヒ ドライゼロフリー 350ml×24本

 

2.アサヒ ドライゼロ ノンアルコール(ノーマル)

同じくアサヒのドライゼロ ノンアルコールもおすすめ。こちらはプリン体ゼロまではいきませんが、その分、アサヒドライゼロフリーよりもキレのある味わいになっている感があります(スーパードライ好きな方であれば魅力的な味わいです)。

個人的には味もドライフリーゼロのほうが好きですが、人によってはこちらのほうに魅力を感じるかもしれません。同じドライフリーだけあって、甲乙つけがたいほどに美味しいです。

アサヒ ドライゼロ ノンアルコール 350ml×24本

アサヒ ドライゼロ ノンアルコール 350ml×24本

 

3.アサヒ ドライゼロブラック:

黒ビールが好きだという方には、アサヒ ドライゼロブラック。これもドライゼロシリーズですが、ほんとこのドライゼロシリーズは品質も味も良い感じなので、ノンアルコールビールを買うならこのシリーズがおすすめです。

個人的には黒ビールがあんまり好きではないので、味については確かに黒っぽいなーという感じという印象でした。

アサヒ ドライゼロブラック 350ml×24本

アサヒ ドライゼロブラック 350ml×24本

 

4.サントリー オールフリー:

たぶん一般的に一番人気のノンアルコールビールが、サントリーのオールフリーです。「THE ノンアルコールビール」という味わいなので、ベタに美味しいノンアルコールビールが飲みたいのであればこれで決まりでしょう。

但し、ある程度、飲みなれないと美味しさを感じられない方も多そうな感じなので、最初の5本~10本くらいは、肝臓をいたわる感じでやや我慢しながら飲むことになるかもしれません。まぁ結局それも、発泡酒や第三のビールになれた経緯と同じようなものです。

サントリー オールフリー<ノンアルコールビールテイスト飲料> (350ml×6缶)×4個

サントリー オールフリー<ノンアルコールビールテイスト飲料> (350ml×6缶)×4個

 

5.キリン パーフェクトフリー:

昔から比べるとやや美味しくなったかな…の感があるキリン パーフェクトフリー。

以前、発売されたキリンフリー=不味い…という印象をお持ちの方からすると、なかなか手が出ない商品かもしれませんが、最近では味も改良されて飲めるノンアルコールビールになってきました。

また、キリン パーフェクトフリーには難消化性デキストリンという食物繊維が配合されているので、食事の際に一緒に飲めば、脂肪の吸収を抑えてくれる働きがありますよ(まぁ難消化性デキストリンの粉末を購入して料理に混ぜればいいだけの話ではありますけれども)。 

キリン パーフェクトフリー 350ml×24本[機能性表示食品]

キリン パーフェクトフリー 350ml×24本[機能性表示食品]

 

6.ノンアルコールビール 龍馬1865:

若干、黒ビールっぽい苦味がある、ドイツ麦芽100%のノンアルコールビールです。ドイツビールが好きで、日本のメーカーのビールはあまり飲まない…という方には、最高のノンアルコールビールになりそうな味わいですね。

ネックは値段がやや高いということ。生産数も大手メーカーと比べれば少ないために、どうしてもこの価格帯ではないと販売できないのかもしれません。買う時はまとめ買いをせず、6缶パックなどからはじめてみると良いと思います。

7.ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー:

日本メーカーの作るノンアルコールビールは身体によくないものが含まれているから…という理由で人気なのが、ドイツ製のヴェリタスブロイ ピュアアンドフリーです。

味もビールからアルコールを抜く手法で作られているため、ビールっぽい味というよりかは、ビールそのものというのも魅力ですね。ただドイツビールが苦手だという方には、あんまりかもしれません(私は美味しいと感じました)。

身体が暑くならずに冷える:

ノンアルコールビールと普通のビールの違いは、言うまでもなくアルコールが含まれているかいないかの違いです。

これ、「お酒なんて別に含まれていなくてもいいじゃん!?」と思われるかもしれませんが、実際にノンアルコールビールばかりを飲んでいると、麦茶のように身体がどんどん冷えていくんですよね(苦笑)。そのため、2本くらい飲むと夏場でもなければ寒さでなにか食べたくなってしまうことでしょう。

  • 通常のビール:飲めば身体が熱くなる
  • ノンアルコールビール:飲むと身体が冷える

そういった意味でノンアルコールビールは飲んでも1日1本がせいぜい。複数本飲んで、アルコールを抑えようと思っている方は、思わぬデメリットにぶち当たりますのでご注意ください。

ノンアルコールビールで休肝日を作ろう:

http://www.flickr.com/photos/30126548@N00/8837678945

photo by toyohara

以上、これは美味い…と思う、ノンアルコールビール7選でした。

忘年会や新年会の際に、上手に休肝日を作るためにも是非、これらのノンアルコールビールを活用してみてくださいね。自宅でまでアルコール入りのビールを飲んでいると、年末年始は肝臓を痛めてしまうことになりますよ(ビールが苦手という方は、下記のノンアルコール飲料まとめをご覧ください)。

参考リンク:

休肝日を作ったら、次のハレの日には美味しいお酒もどうぞ!焼酎などはどんなにたくさん飲んでも、かなりコストパフォーマンスが良いお酒だと思いますよ。また、蒸留酒には糖質が含まれていないので、ダイエットにもおすすめです。