SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

はてなブログのAMP表示、現状の問題点2つをまとめてみた。Google検索結果に表示されるタイトル文字数と、導線があれば100点満点です。

Google Neon

はてなブログでAMPを導入したものの、デザインが変更できなくてAMP導入を諦めた3月。

これについては3月下旬にはてなブログ側が公式に対応してくれたために、早速、AMP表示に対応させてみたのですが、やはりアレコレ試行錯誤しているうちに、AMP導入のデメリットのほうが大きいのではないか…と思えてきました。

今回はそのあたりの「はてなブログのAMP表示におかける課題」について、私の意見をまとめておこうと思います(この記事がはてなブログ側に届いて欲しい!)。

ちなみに私がどのくらい、AMPページのデザインをこだわって作った方は下記画像を参照。

タイトルも目次も見出しも、通常のスマホ版と変わらぬ出来栄えにしたつもりです(現在はAMPオフにしていますが、まだ「クレジットカード」と検索すればいくつか出てきます)。

f:id:cardmics:20170421215400j:plain

はてなブログAMP表示の課題まとめ:

検索結果に表示されるタイトル文字数が少ない:

個人的に一番大きいな…と思うのがこの、Google検索結果に表示されるタイトル文字数がかなり短いという点。

下記は「クレジットカード」と検索した時に表示されるAMP用のカルーセルですが、左側1つが他社サイトの新着記事、右2つが私が運営している「クレジットカードの読みもの」の新着記事です。

f:id:cardmics:20170421210652j:plain

一見、違いなどまったくないように思えますが、はてなブログの場合にはGoogle検索に表示される文字数がどうやら最大20文字程度までに設定されているようで、この影響で記事タイトルを読んでも「一体どんな内容なんだろう?」と記事の中身が推測しにくい状況になってしまっています。

  • AMP表示の場合:コストコでの支払いに使える、おすすめの…
  • 本当の記事:コストコでの支払いに使える、おすすめのクレジットカードまとめ

一番右も同様ですね。ふるさと納税のお礼品から家電が消えるの…で文字が切れてしまっているので、中央記事と同じく、どんな内容の記事かはわかりません。

AMP固有の問題かと思っていた:

ちなみにこの「表示される記事タイトルが短い」というのは、はてなブログ側の問題ではなく、AMP固有の問題だと思って諦めていた私。

しかし、どんなキーワードで検索してもはてなブログ記事以外はちゃんと記事タイトルが30文字以上表示されるので、はてな側の設定で短く区切られちゃってるだけなのかなという気がします(下記は「iPhone」で検索した時のカルーセル)。

f:id:cardmics:20170421213133j:plain

そのため、はてなさんには是非とも、ここをせめて30文字、理想は35文字程度にしてもらえると嬉しい限り。そうすれば検索結果にAMP記事が表示された時にクリックされやすくなるようになると思います。

読み終えた後に行く先がない:

2つ目はAMP表示された記事の、記事下が問題です。

通常のスマホページやPCページだと、記事下に関連記事やサイトトップに戻れるようなリンクが設置されているんですが、はてなブログのAMP表示の場合だと表示されているのは下記のもののみ。

  • SNSボタン(Twitter、Facebook、はてなブックマーク)
  • 前後の記事へのリンク
  • はてなブログ公式へのリンク

実際のAMPフッターの画像がこちら。まぁ前後への記事への導線がかろうじてあるものの、他にあるのは「そのブログのトップページ」ではなく、「はてなブログ公式へのリンク」のみなので、読み終えた人がそのままはてなブログトップに移動してしまうだけな状況なんです(読んだ人もいきなりブログサービスのトップページに移動したらびっくりするはず?)。

f:id:cardmics:20170421211557g:plain

そうではなくせめて、関連記事や人気記事一覧、そしてなにより「そのブログのトップページ」へのリンクくらいは欲しいところ。

  • 現状:はてなブログ公式へのリンクのみ
  • 理想:はてなブログ公式へのリンクがあっても良いが、ブログトップにも導線を置いて欲しい

これがない現状だと、ブログトップに戻りたかったら一番上まで戻るしかないというのはさすがに不便極まりないです(理想は関連記事表示や著者紹介があるのがベスト)*1

デザインを作り込んだものの:

Google snacks

これら2つの問題があるために、現状ではまだAMP表示を使うことが出来ません。

ほんともう少し、あとちょっと改善してくれれば、喜んでAMPを使わせてもらうことが出来るので、はてなブログさんには是非とも、早めに対応してもらえたら嬉しいですね。

  1. タイトル文字数調整で検索結果でクリックされやすくする
  2. 入ってきた読者が次のページを読んでくれやすい導線強化

以上、はてなブログのAMP表示、現状の問題点2つをまとめてみた。Google検索結果に表示されるタイトル文字数と、導線があれば100点満点です…という話題でした。 

参考リンク:

ウェブサイトを作りたいとか、アクセスアップをしたいという方は下記記事も参考に。お得なサービスやツールの紹介をしています。

i.sonota.biz

*1:AMPにはそういった関連記事が表示されないのが普通だろ?と思われるかもしれませんが、最近じゃどのニュースサイトも関連記事表示までしっかりしてます。

男性が美容院に行くことについて、どう思っているのかを女性の美容師さんに聞いてみた。オッサンが美容院に行っても大丈夫?

https://www.flickr.com/photos/49922542@N00/11224918075

photo by Here in Van Nuys

個人的にもちょっと興味があったので、この前、美容院にいったタイミングで女性の美容師さんに『男性が美容院に来ることってどう思いますか?』ということを聞いてみました。

女性の方からすると変な質問に感じるかもしれませんが、男性の中には女性は美容院、男性は床屋…っていう印象を持っている人って結構いるもの(特に地方には多い印象)。

そういった心配症な方にとってこの記事が、助かる情報になれば幸いです。

男性が美容院を利用することについて:

女性美容師に感想を聞いてみた:

まず聞いたのはシンプルな質問。『男性が美容室に来ることってどうですか?』っていうものです。

答えについてはまぁ、美容室によく行っている私からすると想定通りですが、『いや、まったく気になりませんね』とのこと。男性が思っているよりも、美容師さんからしたら、男性が美容室に来ることには何も感じていないのですね。

他、下記のようなことも考えなくてOKです。

  • 自分はダサいから美容室にいったら笑われる。
  • 格好良くなりたいけど、床屋しかいけない
  • 美容室は女性のためのものだから、男性が入ると恥ずかしい*1

同様に客として来ている女性もカットされはじめてしまえば、周りの客のことなんて見ていないので、男性が来ようが何しようがそこまで気にしません。安心してください。

何歳まで美容室はOKなの?

次にこれ。『一体、何歳くらいまでなら美容室に男性が来てもいいの?』という点。

今は若いから普通に美容室にいける私ですが、50才、60才となっていったら、美容室側としても迷惑なんじゃないか?ということを想定した質問ですね。いきなり爺さんが行ったら困るだろうと…そういうことです(笑)。

これについても女性美容師さんは、『何歳でも大丈夫ですよ。うちのサロンにも80才手前のおじいちゃん来ているんで、特に問題ないです。むしろお歳を召しているにも関わらず、美に気をつけているのは素敵だなって思ってます。』とのこと。当然ながら年齢制限なんてものも、美容室には存在しないのですね。

  • 50才でも60才でも、80才であっても男性客は大歓迎。

50才のオッサンだから美容室に入りにくいとか、70才だから立入禁止とかそういうことはありません。何歳の方であっても、美容室を活用してみてください。

美容院には男性客は多い:

あとついでにこれも。美容院に行ったことがない男性からすると、美容院の客層って90%以上が女性なんじゃないかと思われるかもしれませんが、実際には3~4割くらいは男性客がいる印象です。

私も美容院に行く前は、まるでバレエダンスのクラスに男性が紛れ込むみたいに変な目で見られるのかな?男性客って少ないのかな?って思っていたんですが、美容師さんも男性客に非常に慣れてるので問題ないんですよ。

もちろん全体の3~4割も男性客がいるわけですから、「えっ、男性のお客さんが来ちゃったけどどうしよう…」みたいに慌てられることもありませんのでご安心ください。

男性向け雑誌も置いてある:

また、はじめて美容院に行く男性向けの記事にも書きましたが、美容院にも男性向けの雑誌や書籍はたくさん用意されていることを考えると、彼らにとっても男性客は立派なお客さんだということ。なにせ男性を相手にしたくないなら、最初から男性誌なんて置きません。

  • 男性を相手にするつもりがない:男性誌なんておかない
  • 男性もお客さんとして捉えている:男性誌を置く

このように「男性だから美容院に行っちゃダメなんじゃ…」なんて気にすることなく、美容院という場所は気兼ねなく行ってOKですよ。

美容室は思っているよりも安い:

https://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/111492324

photo by Thomas Hawk

最後に男性の方のイメージの中だと、美容院って凄い高い印象を持たれているかもしれませんが、実際には激安な美容院も結構あります。

例えばヘアカットのみが2,000円とか、カット&カラーリング(白髪染め)で3,500円くらいの美容院も存在。これらの美容院の場合には、床屋にいって4,000円払うよりも割安なので、勇気を持って美容院にいくことさえ出来れば、家計の節約だって出来ちゃいます。

美容院の料金例:

  • カット+シャンプー:2,000円
  • カット+カラーリング+シャンプー:3,500円

ちなみに激安美容院についてはこのサイトでもいくつかまとめてあるので、是非、チェックしてみてください。カット&カラーで2,000円台のお店も多いですよ。

何より格好良くしてくれる:

そして男性が美容院に行く最大のメリットはやはり、『女性ウケする髪型にしてもらえる』という点。床屋のバシッとした髪型にも魅力はあるのですが、今どきのカッコ良い髪型を作ってもらおうとしたら、美容院に限ります。

これ…床屋派の男性には理解できないかもしれませんが、大げさじゃなくてほんと違うんですよ。床屋さんでカットされた髪型と、美容院でカットされた髪型って。

昨日までダサかった人が、美容院にいくだけで格好良くなる…なんてことだって、普通に起こりえます。

結論はシンプル:

結論。女性に少しでも魅力を感じてもらいたいと思うのであれば、騙されたとおもって、今どきの美容院にいってみてください。それだけで数倍、モテるようになると思います。ホントです!

そして美容師や美容院に来ている女性客は、男性が来たって別になんとも思いません。男性であっても堂々と行けばOKですよ。

以上、男性が美容院に行くことについて、どう思っているのかを女性の美容師さんに聞いてみた…でした。尚、美容院は床屋と違って飛び込みで入っても追い出されることが多いので、行く前には必ずパソコンやスマホから予約をしてから行くようにしてくださいね(下記の予約サイトなどを経由)。

参考リンク:

全国各地にある、格安の美容院を探したい…という方は下記記事も参考に。前述のようにカット&カラーリングが2,000円台のお店も多いです。

i.sonota.biz

*1:但し、女性専用のヘアーサロンなども稀にあります。しかし一般的にはこういうケースはレアなので、気にしなくてOKでしょう。気になるならネット予約OKな美容室にいけば問題ないのです(女性専用の美容室なら、男性が予約をいれることがそもそも出来ない)。

日本ダービーの馬券をスマホから購入しよう!JRAの即PATを契約すれば、入会金&年会費無料で中央競馬の馬券が買えるようになります。

https://www.flickr.com/photos/81497476@N00/16005665528

photo by nakashi

いよいよ5月29日に開催される2016年の日本ダービー。この馬券を購入したいんだけれども、競馬場やWINSなどに買いに行くのは面倒だ…と思っている方も多いのではないでしょうか?

東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。

正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)[3][4]。

スマホから馬券が買える即PAT:

そんな方にお薦めしたいのが、JRAが提供している即PAT(ソクパット)というサービスです。

このサービスに加入すれば中央競馬で開催されているどのレースであっても馬券を購入することが可能になるため、日本ダービーや来月に開催される宝塚記念であっても例外ではありません。

また、即PATは入会金&年会費無料の馬券購入システムなので、楽天銀行やジャパンネット銀行などの銀行口座を持っている方であればすぐに申込できるという点も魅力。さすがに出走ギリギリだと手続きは間に合いませんが、日本ダービー開催日だって申込&利用開始ができちゃいますよ。決して今からでも遅くありません。

即PATのメリットまとめ:

その他、即PATのメリットは下記の通り(公式サイトより引用)。スマホやパソコンから気軽に勝馬投票券を購入することができるので、自宅や職場にいながら馬券を買いたいという方に即PATは魅力的な仕組みなのですね。

  1. 申し込んだその日に、すぐ利用可能!
  2. パソコン、スマートフォン、ケータイで、どこにいても馬券が買える!
  3. 発売時間中だって、入金・出金できる!
  4. 地方競馬の馬券が買える!

以上、日本ダービーの馬券をスマホから購入しよう!JRAの即PATを契約すれば、入会金&年会費無料で中央競馬の馬券が買えるようになります…という話題でした。即PATの契約に興味があるという方は是非、下記公式サイトをチェックしてみてください。

参考リンク:

競馬だけでなくサッカーくじ「toto BIG」にも興味がある方は、下記の当選確率に関する記事もご覧ください。狙って賭ければ当選確率を最高81倍にすることも可能ですよ(実際に81倍の倍率になったこともあります)。

news.cardmics.com

はてなブログ グループがSPAMの温床になってる件。早めに削除対応しておかないと、はてな全体のドメインパワーが落ちかねません。

新着記事の露出を増やそうと、久しぶりにはてなブログ グループを確認したら、いやはや、なんか凄いことになってますね(苦笑)。

f:id:cardmics:20170408181358g:plain

もはや1ページ目に表示されているのはほぼほぼSPAMのみ…といった感じなんですが、驚くのは新着グループの2ページ目、3ページ目を見てみても同様にSPAMだらけという点…。

まぁ、こういった「はてなの場末」に対する管理が行き届かなくなるのは仕方ないところなのかもしれませんが、それにしてもスパムブログに良いように使われてしまってるなーという感じがするので、はてな全体の品質を下げないためにも、是非、運営側にはしっかり対処してほしいなと思います。

はてなブログ グループは承認制でOKかも:

ではどうすればはてなブログ グループの管理が出来るようになるか考えてみたんですが、ここはやはり、承認制にするしかないのかなと。

要するに運営側が「このグループは新しく作ってもいいよ」と思えるもののみ作成を認めれば、ここまでグループ全体が荒れることもないのかも。

加えてグループ作成後に名称を変更したり、グループの概要を変更するのも承認制にしておけば、新規グループ作成→その後、都合の良いグループ名に変更…というスパム行為も防げるのかなという気がします。

引き続きはてなグループを使いたい:

引き続き、個人的にははてなグループを使っていきたいと思っているので、はてなブログを利用する上でのメリットを増大させる上でも、スパムグループの削除だけでもしてもらえると嬉しいですね。はてな運営のみなさん、よろしくお願いいたします。

以上、はてなブログ グループがSPAMの温床になってる件。早めに削除対応しておかないと、はてな全体のドメインパワーが落ちかねません…という話題でした。

参考リンク:

はてなブログ グループは下記のようにSEO対策にも効果的なので、はてなブロガーなら是非、活用ください(SEO対策に使えるからこそSPAM行為に悪用されるわけです)。

i.sonota.biz

Google検索順位が落ちた状態を「普通」と捉えてしまうと、たぶん、あとは落ちていく一方だ…という話。常に抗う思考回路が大事ですね。

SEO

雑談です。

2017年2月くらいからGoogle検索のアルゴリズム変更が盛んで、私が運営している『クレジットカードの読みもの』というサイトの検索順位が安定しない状況が続いています。

例えば今日は「クレジットカード」というキーワードの順位が下がったけど、翌日は「ゴールドカード」が下落。次の日には「モバイル決済」が落ちて…というように、じわりじわり、少しずつ検索順位が落とされていってる感があるんですよね。

そういった検索順位が下落が見受けられた場合、私は極力、当該記事に追記&修正を加えたり、その記事に関連する記事も新しく書いたりするなどの『補強』を行っているわけですが、それでも一度、漏れ出した雨漏りがしつこいように、なかなか下落を止めることが出来ていません。

株式市場でいうところの下落トレンドなんでしょう、きっと。

下落した状況を「普通」にしてはいけない:

しかし、その中で私が一番やってはいけないことは、検索順位が落ちた状況を「普通」と考えてはいけないってこと。

仮に下落した順位を普通にしてしまったら、その後はその普通で満足してしまう思考回路になってしまうため、また元の順位に戻すことが出来なくなってしまうだけ…。そうではなく落ちた順位を「ピンチ」と考え、常にそれを打開する方法を探し続ける努力をしていくことが重要だと思ってます。

  • ダメなケース:落ちた検索順位を普通と捉え、受け入れること
  • 私の思う理想:落ちた検索順位を「ピンチ」と捉え、受け入れないこと

まぁ高いところにしがみ続けるのも疲れてしまうだけなんですが、とりあえずこの先、1ヶ月~2ヶ月は、この状況をピンチと捉えて努力しつづけたいものですね。まだまだ出来ることは山ほどあるので、過去記事の追記修正だけでなく、サイト全体のデザイン変更や挿絵の作成など、いろいろとやってやろうと思います。

以上、Google検索順位が落ちた状態を「普通」と捉えてしまうと、たぶん、あとは落ちていく一方だ…という話。常に抗う思考回路が大事ですね…という雑談でした。

参考リンク:

私同様にウェブサイトやブログを運営している…という方は、下記記事も参考にどうぞ。

i.sonota.biz