SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ふるさと納税で貰えるiPadはそのまま貰ってはダメ!Amazonギフト券をもらった上で購入するほうが、容量やカラーも選べてお得です。

Funda STM, iPad Pro, Apple Pencil

ふるさと納税で貰えるiPad PRO等のタブレット端末。

こういったアップル製品を納税で貰えるのって非常に魅力的だなぁ…と思う反面、節約上手な方にとって気になるのは『ほんとうにお得なのか?』という点ですよね。

そこで今回はふるさと納税経由でiPadが欲しい…という方向けに、お得な納税方法について調査してみました。少しでも効率よく納税をしたい方は参考にどうぞ。

ふるさと納税でお得にiPadを貰う方法:

iPad PROの還元率を計算:

まず、大手ふるさと納税サイトである「ふるなび」にて、iPadを貰うためにはいくらくらいの納税が求められるのかは下記の通り。

だいたい12~35万円程度納税しないと、iPad miniやiPad PRO等が貰えないことになります。

Amazonでの販売価格を調査:

次にAmazon.co.jpにて、これらのiPadタブレットがいくらで販売されているかを調査してみたのが下記のもの。

これを元に還元率、つまり納税額に対してどのくらいの商品が貰えるのかを計算してみると、だいたい33~34%分であることがわかります(納税額の1/3程度の価値を持つiPadが貰えるということ)。

まぁざっくり、ふるさと納税の平均的な還元率である30%よりも、若干優秀かなという程度ですね。決して損な返礼品ではありません。

Amazonギフト券を貰う場合:

ここまででふるさと納税におけるiPadの還元率がわかったところで、その上で比較したいのがAmazonギフト券。

ご存知の方も多いように、現在、ふるさと納税にはAmazonギフト券が返礼品として存在するので、このギフト券をもらってiPadを買うのがお得なのか、それともiPadをそのままもらったほうがお得なのかを比較する必要性があるんです。

Amazonギフト券の還元率は40%:

では、気になるAmazonギフト券の還元率はどのくらいかというと、こちらはなんと40%。

2万5,000円分を寄付すると1万円分、5万円寄付で2万円分のAmazonギフト券が貰える形となります(下記は還元率の一覧表)。

ふるさと納税金額 貰えるAmazonギフト券
2万5,000円 1万円分
5万円 2万円分
10万円 4万円分
25万円 10万円分

ふるさと納税では旅行券も貰える:

ふるさと納税で貰えるギフトカードはAmazonギフト券だけではありません。日本旅行や近畿日本ツーリストの旅行券なども貰うことが出来るので、興味がある方は下記記事も参考に。

家族や夫婦での旅行などに最適ですよ。

比較するとAmazonギフト券がお得:

f:id:cardmics:20170825235021j:plain

こうなればもう簡単ですね。

ふるさと納税で直接iPadをもらった時には、10万円のiPad PROを貰うために29万円分の寄付が必要になるのに対し、10万円分のAmazonギフト券を貰うために必要な納税金額は25万円のみ。

結果、ふるさと納税ではiPadを貰うよりも、Amazonギフト券をもらった上でiPadを購入するほうがお得であることがわかります*1

Amazonギフト券なら容量やサイズも選べる:

また、ふるさと納税でAmazonギフト券を貰えば、ふるさと納税の返礼品には存在しないiPadの液晶サイズや容量モデルについても購入可能。

ついでにいうとiPad背面のカラー選択も自由にできてしまうので、そういった意味でもAmazonギフト券を貰うほうが使い勝手が良いですね。

  • ふるさと納税でiPadを貰う:選べる容量やカラーが少ない
  • アマゾンギフト券を貰う:好きな容量やカラーを選べる

あえて直接、iPadを返礼品として貰う必要性はありませんよ。

以上、ふるさと納税で貰えるiPadはそのまま貰ってはダメ!Amazonギフト券をもらった上で購入するほうが、容量やカラーも選べてお得です…という話題でした。

参考リンク:

とはいえ、ふるさと納税でAmazonギフト券が貰えるということ自体が異例中の異例。この返礼品はいつ、総務省からお叱りを受けて配布終了となってしまうかわからないので、Amazonギフト券が欲しい方は早め早めに申込いただければなと思います。

詳しい経緯については下記記事も参考にどうぞ。

i.sonota.biz

*1:静岡県小山町にて10万円のAmazonギフト券を貰うためには、20万円の納税と5万円の納税を2回繰り返さないといけませんが、10万円分を貰うことは可能です。