SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

波照間島で作られている泡盛である「泡波(あわなみ)」が飲みやすくて美味い!東京では入手が難しい、希少なプレミア泡盛です。

awamori mini bottle

沖縄のお酒、泡盛(あわもり)。

この泡盛の中に入手がすごく難しい「泡波(あわなみ)」という銘柄があるのをご存知でしょうか? 

実際、通販大手のアマゾンで調べてみたところ、泡波はどれも価格が高騰していてなかなか手が出ない価格帯で販売中。

たとえば1.8リットルの泡波が1万4,000円とかしますから、普通の泡盛と比較するとかなり高額だと思いますね。

これも入手が難しい&生産数が少ないことの現れなのでしょう。

プレミアム焼酎「泡波」の入手について:

石垣空港でも販売されていない:

では泡波はどのくらいレアな泡盛なのか?個人的にも気になったので、石垣空港の売店で販売されているかをチェックしてみました。

結果はというと、八重泉や瑞泉といった有名どころの泡盛が10種類以上並んでいるお店にも、泡波は存在なし。

店員さんに聞いても、なかなか入手できないから販売してないとのことでした。

なるほど、沖縄県内でも希少な泡盛なのですね。

泡盛ファンならご存知だと思いますが、なかなか手に入らない幻の泡盛「泡波」。

日本の最南端の島、波照間島で造られているお酒です。澄んだ地下水から造る30度の泡盛で、「泡波」の名前の由来は昔、粟で酒を造っていたからだとか。 

試しにネットオークションをチェックしてみると600mlの最安値が9250円。また石垣島でも購入可能ですが、こちらも定価の何倍ものプレミア価格がついてます。

味は非常にマイルドで泡盛らしくない:

続いて気になる泡波の味については、非常にマイルドで泡盛らしくない感じ。

泡盛ってタイ米から作られるものなんですが、感じとしては黒霧島のような臭くない芋焼酎に近い感じかもしれません。

ちなみに個人的にあまり泡盛って好きじゃないんですが、この泡波だけは苦もなく飲めましたね。そのくらい癖がなくて美味しい泡盛なので、気になる方はちょっと高いですが購入してみてください。

いやいや、どうしても安く飲んでみたい…と思った方は八重山諸島の島内であれば、居酒屋に置かれてることも多いですよ(実際、波照間島の居酒屋では1杯500円くらいで泡波を飲めた)。

目指せ地産地消です。

以上、波照間島で作られている泡盛である「泡波(あわなみ)」が飲みやすくて美味い!東京では入手が難しい、希少なプレミア泡盛のようです…という話題でした。下記の600ml瓶であればそこまで高くはないので、お試しにどうぞ。