読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

男だけどテレビCMで話題の『wen(ウェン)』というシャンプーを使ってみた!感想としては確かに髪の毛にハリと潤いが出る感じです。

f:id:cardmics:20150704185525j:plain

通販番組でお馴染みの、リッチクリームで髪と頭皮を洗う『wen(ウェン)』。

このシャンプーを使わせていただく機会があったので、男だけれども実際に使って試してみました。今回はその感想をまとめてみたいと思います。

男性がウェンを使った感想:

まずウェンを使った率直な感想としては、保湿力が半端ないという点です。

洗い終わった後、まるでウェンのクリームが髪の毛に残ってしまっているんじゃないか?というくらいに、ツヤッツヤになりました。洗いながしても洗い流してもクリームが落ちないなーと思ったら、それが私の髪だった…そんな感じです(苦笑)。

まぁツヤのある髪の毛が苦手…という男性の方も多いので、そういう方にはウェンは向いていないのかもしれませんが、男性でもサラサラな髪の毛を手に入れたいという方にとっては、もうこれ以上のシャンプーはないんじゃないかな?とすら思います。

  • 髪の潤いが苦手:ウェンはあまり向いていないかも
  • 髪にうるおいが欲しい:ウェンを是非、使ってみて欲しい

頭皮の潤いも凄い:

また、髪の毛だけでなく頭皮の潤いも凄かったです。

髪の毛の維持(?)のためにも頭皮を保湿したい…と思っている、1本でも無駄にしたくない方の場合には、ウェンは面白いシャンプーになるんじゃないんでしょうか。髪の毛を乾かした後でも頭皮に潤沢な潤いを感じるほどでした。

もちろん頭皮が乾燥気味な方にもおすすめですね(ネット上には薄毛対策にもきく…という口コミがありますが、これについては薄毛ではない私にはわかりませんでした)。

wen(ウェン)のデメリット:

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/4651168556

photo by Moyan_Brenn

次にウェンを使う上でのデメリットですが、これはもう髪の毛を洗うために時間がかかること、これに付きます。

男性の場合、一般的なシャンプーを使って頭を洗うためにはもの1分で洗い終わってしまうものなんですが、ウェンの場合にはリッチクリームを髪の毛になじませた状態でしばらく放置する手間がかかるので、これが面倒だなーと思う方は多いと思います。

特に男性はせっかちですからね、髪の毛のツヤのために待てないという方には、ウェンは向いていないかもしれません。

  • 一般的なシャンプー:すぐに洗い終わる
  • wen(ウェン):髪になじませる時間が必要

wenは利用方法次第:

しかし、髪の毛を大切にしたい、髪の毛に潤いを持たせたいという方であれば、この5分程度の時間は決して苦痛ではないはず。

また、湯船に浸かる前にwenを使うようにすれば、お風呂でゆっくりする時間をつかって髪にリッチクリームをなじませることも可能なので、それほど手間なくウェンを使うことも出来ます。要するにウェンを男性の方が使いたいのであれば、お風呂に入浴する手順を変えることが重要だと言えますね。

理想的なウェンの使い方:

  1. 湯船に浸かる前にウェンを使う
  2. ウェンをなじませた状態で湯船に浸かる
  3. ゆったりと入浴する
  4. 湯船から出て髪を洗う(これで保湿完了!)

これであればそれほど、面倒でもないかもしれません。

以上、男だけどテレビCMで話題の『wen(ウェン)』というシャンプーを使ってみた…という話題でした。女性の方だけでなく男性の方にもウェンはおすすめなので、興味がある方は是非、この機会にお試しセットを購入してみてくださいね。大げさではないほどに潤いのある髪を手に入れられるはずですよ。