SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

試験的に24時間走っていた都営バス、利用者が少なく廃止に!土曜日限定で走っていても、利用者は少ないですよね。

http://www.flickr.com/photos/69825860@N04/10095782765

photo by hans-johnson

東京都が試験的に走らせていた深夜バス(土曜日の深夜に六本木と渋谷を結ぶ)。これ、どうやら思ったよりも人が集まらなかったようで、当初の予定よりも早く打ち切られることになったようです。NHKが報道しました。

都営バスが去年12月から東京・渋谷と六本木の間で、試験的に運行していた終夜バスについて、東京都は利用者が伸び悩み採算がとれないことから、運行を打ち切ることを決めました。

赤字がすでに300万円:

赤字がすでに300万円も出ているのだとか。猪瀬前都知事の肝いりで始まった試みですが、土曜日の夜限定で走らせてるだけでは利用者が増えないのも納得です。

この終夜バスは、みずからの資金問題で辞職した猪瀬前都知事が発案したもので、ニューヨークで24時間運行されている地下鉄を参考に、都営バスの24時間化に向けた調査の一環で始まりました。

しかし東京都によりますと、利用客が1回の運行で、平均で10人に及ばず、採算がとれるレベルの3分の1以下にとどまり、すでに300万円程度の赤字も出ているということです。

やるならせめて毎晩走らせるとかしないと認知されませんよね。

特に土曜日の夜だけってことはオールで遊んでいる若者が対象者。毎週、六本木で遊ぶという方ばかりではないと思うので、固定客獲得も難しかったんじゃないかなと思います(平日ならビジネスマンが使ってくれる)。

渋谷で降ろされても意味がない:

また、記事中でも触られている通り、他の交通機関が動いていないので、六本木から渋谷に移動したところで漫画喫茶くらいにしか泊まれないというのも痛いです。また、渋谷周辺に住めるようなお金持ちであればタクシーを使っちゃうはずなので、あまり意味がない路線だったのかもしれませんね。

以上、試験的に夜中でも走っていた都営バス、利用者が少なく廃止に…という国内ニュースでした。