SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

夏休みの宿題は提出しなくてもOKという、某有名私立中学校。理由はやったかどうかより、中身を理解しているかどうかのほうが重要だから。

http://www.flickr.com/photos/29233640@N07/8274970069

photo by ** RCB **

某有名私立中学校(鹿児島県のあそこ)に通っていた友人に、夏休みの宿題に関する面白い話を聞いたので今回はそれを話題にしてみたいと思います。

彼の話によると…ではありますが、どうやら某R中学校では、他の中学校のように夏休みの宿題は課されるものの、9月1日にその提出が義務付けられていないんだとか…。なんだか一般的な常識で考えると、変な感じがしますよね。

宿題の提出が不要な理由はシンプル:

この、宿題提出が不要な理由はシンプルで、宿題をやったかどうかという結果よりも、宿題で出した箇所をしっかりと理解しているかどうかのほうが重要であるという考えからなんだそう。その代わりに新学期早々テストを行うことで、生徒の理解度をはかるのですね。

  • 普通:宿題を提出させることで、やったかどうかを確認する
  • R中学校:宿題の提出は不要だけれども、テストをして理解度を確認する

確かに宿題はやることに意味があるのではなく、その内容をきちんと理解しているかのほうが重要。よくある『友達の宿題を丸写しにする』という不正を防止する意味でも、このR中学校の考え方には一理あるように思います。さすがは進学校の考え方という感じです。

普通の中学校なら宿題提出を褒められる:

http://www.flickr.com/photos/27482959@N08/5391211093

photo by Skakerman

普通の中学校ならテストの成績は悪くても、宿題をきちんと提出した生徒は褒められます。むしろテストの成績は良くても、宿題を出さない生徒は怒られてしまう…なんてことも。

  • 褒められる?:テストの点数は悪くても、宿題を提出した
  • 怒られる?:テストの点数は良くても、宿題を提出しない

しかし、ひとたび社会に出れば過程を褒められる機会なんて大幅に減り、結果のみが求められる状態になっていくわけです。そういった時に容易に社会適応していくのは、小さい頃から結果が大事であると教えこまれたR中学校出身生徒のほうなのかも…しれませんね(結果のみを求める教育が100%正しいとはいえませんが、一理ある考え方だと思います)。

以上、夏休みの宿題は提出しなくてもOKという、某有名私立中学校。理由はやったかどうかより、中身を理解しているかどうかのほうが重要だから…という話題でした。

参考リンク:

不要になった教科書や参考書、赤本などをそのまま捨ててしまっていませんか?最近だと問題集や参考書のみを専用に買取してくれる業者などもあるので、興味がある方はそちらの利用を検討してみてください(詳しくは下記記事にて)。

etc.hateblo.jp