SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

日本最安値レベルのSIMカード(データ通信用)を3つ厳選!どれもLTE対応&月額通信料金が1,000円未満と激安です。

http://www.flickr.com/photos/27998473@N02/9297457791

photo by jbdodane

最近、とにかくデータ通信用のSIMカードが安くなってきましたね。もはや月額1,000円未満のSIMカードは普通で、それ以下の価格帯のものも増えてきている感じ。ほんと、ソフトバンクやドコモといった大手携帯電話会社にお金を払うのがもったいなく感じてしまう…という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本最安値レベルに安いSIMカードを3つほどあげさせてもらいます。どのSIMカードを契約しようか迷っているという方は、是非、参考にしてみてくださいね。

最安値のSIMカード3つ:

1.DMMモバイルのSIMカード:

DMMモバイルの格安SIMは、月額660円(税別)からと激安です。但し、上限は1GBの契約になるので、ちょっとFacebookやTwitterをチェックする機会が多い方だと物足りないかもしれません(上限3GBのプランもあるのでそちらがおすすめ)。

また、SIMフリー端末を手に入れるのが面倒だ…という方にも、DMMモバイルはお得なプランを提供してくれるためおすすめ。スマホと一緒に格安SIMを手に入れたい方にも適した格安通信会社だと言えます。

2.パナソニックのSIMカード:

ちょっと玄人向け…といった感じではありますが、家電大手のパナソニックでも格安SIMカードを提供中。こちらはキャンペーン価格ではあるものの上限2GBが700円(税別)と、通信料単位でいえば最安値だと思います(契約は1年縛り)。

SIMカードの知識が充分にあるという方や、とにかく1円でも安くSIMカードを手に入れたい…というは、このプランがおすすめですね。

3.IIJmioのSIMカード:

最後がIIJmioのSIMカードです。こちらは一般にはあまり聞き慣れない会社かもしれませんが、格安SIMや格安スマホの分野では信頼され、人気がある企業です(みおふぉんなどを販売)。

月額900円(税別)で2GB上限なので、パナソニックのSIMカードよりは高めですが、キャンペーン価格等ではないので長く契約するならこちらもアリですね。 

SIMカード3つの比較:

比較SIM通信制限価格
DMMモバイル 1GB 660円(税別)
パナソニックSIM 2GB 700円(税別)*1 
IIJmio 2GB 900円(税別)

SIMフリー端末付きで買うならDMMモバイルか?

ここまで3つほどSIMカード販売業者を紹介させていただきましたが、あまりSIMカードに対して馴染みのない方が端末付きで購入するのであれば、DMMモバイルがとにかくおすすめ。

まだまだ「大人」な印象のあるDMMのブランドイメージにちょっと首を傾げる方もいるかもしれませんが、DMMのSIMカードは月額料金が安い&明朗にわかるようになっているので、安心して契約をすることが出来ます。

安さだけで選ぶならパナソニック:

反面、安さだけで選ぶなら今はパナソニックのSIMカードですね。こちらはキャンペーン価格なので、最安値のSIMカードがとにかく欲しい…というのであれば、期間中に必ず申込をするようにしてみてください(詳細記事はこちら)。今がとにかくチャンスです。

以上、日本最安値レベルのSIMカード(データ通信用)を3つ厳選!どれもLTE対応&月額通信料金が1,000円未満と激安です…という話題でした。

参考リンク:

SIMカードの他にももっと家計を節約したい…という方は、下記のまとめ記事も参考に。節約に役立つ情報を多数、紹介しています。

etc.hateblo.jp

*1:キャンペーン料金です。