読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

広告収入をもっと増やすために、やろうと思っているSEO対策についてダラダラと書いてみる。儲かりやすいキーワードで上位表示を狙います。

http://www.flickr.com/photos/25516351@N04/4621251358

photo by Johnny does

現在、私が運営している「クレジットカードの読みもの」というサイトにおける広告収入アップを目指して、更にSEOに強いサイト構造にしようと企み中です。

おかげ様で現在でもかなりSEOに強く、検索エンジンでの上位表示がかなっているんですが、金融系の情報発信をしているわりには1PVあたりの収益が弱いところがあるんですよね…。せめて今の金額の2倍くらいは稼ぎたい…というのが本音なんですが、今のままサイトをこねくり回しても収益があがるわけではないので、構造的に少し変えてしまおう…そう思っているわけです。

  • 現状、金融系サイトにしては1PVあたりの広告収入が少ない

そこで今回は私が行おうと思っている改善を、つらつらと雑談がてらに書いてみたいと思います。まぁまったく参考にならないかもしれませんが、広告収入を増やしたいというお暇な方は是非、読んでみてください。

『クレジットカード』というキーワードには強い:

まず、クレジットカードの読みものはサイトタイトルに『クレジットカード』という文字をいれただけあって、クレジットカードという言葉が含まれた検索キーワード全般には強くなっています。

  • クレジットカード アルバイト:1位
  • クレジットカード 番号:1位
  • クレジットカード初心者:2位
  • プラチナカード:2位
  • ブラックカード:3位
  • ダイナース:3位

お金持ちキーワードでは上位独占:

まだまだ弱いところもありますが、これだけのキーワードで上位表示できていることは大きな強みです。特にアメックス、ダイナース、プラチナカード、ブラックカードといったお金持ち向けのキーワードに関しては、上位をほぼ独占できる感じですね。

ただ…そういうお金持ちキーワードって正直なところ、そんなに儲からないんですよ(苦笑)。申込をする方の絶対数が少ないということはもちろんですが、興味本位でその世界を覗いてみたい方が多いので、検索需要はってもクレジットカードの申込にはなかなか繋がりにくい現状があります(カード申込にならないとアフィリエイト収入は入ってこない)。

またこれは考え方を変えると『他の方が狙っていないキーワードだから上位表示できている』ということも出来ることでしょう。

伸ばしていくべきは、需要の多いキーワード:

そうではなく伸ばしていくべきなのは、需要が多いキーワードです。前述のキーワードリストでいえば『クレジットカード アルバイト』などのキーワードで、もっと上位表示させていかなくてはいけません。他に例をあげるとこんな感じですね。

  • クレジットカード 専業主婦
  • クレジットカード 学生向け
  • クレジットカード おすすめ
  • クレジットカード すぐに作れる

こういうキーワードを検索する人というのは絶対数が多いですし、記事を読んでくれたらそのまま申込をしてくれる確率も高くなっています。これらのキーワードで上位表示をいくつも取ることが出来たら、広告収入も安定していくことは間違いありません。

比較的、狙い通りに進んでいる:

ちなみにクレジットカードの読みものにおいては、そういうキーワードを網羅すべく、すでに『おすすめのクレジットカード』というカテゴリを設けて記事をいくつも書いています。

前述の『クレジットカード アルバイト』のように実績も出てきているので、これらのキーワード狙いは順調に進んできている状況ですね。引き続き、時間を見つけては頑張るだけです。

弱いのはクレジットカード名:

http://www.flickr.com/photos/73295603@N00/7195432918

photo by BASF - We create chemistry

では何が弱いのか?というと、それはクレジットカードの固有名詞における検索順位です。例をあげるとこんなキーワードですね。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • レックスカード
  • 三井住友VISAカード

これらのキーワードを検索する方の中にはすでにカードを保有している方も多いのですが、まだカードを作っていないという見込み客も多く含まれています。

更にいうのであれば、固有名詞で検索するということはもう、申し込むべきカードが決まっている可能性が高いということ。ちょっと文章で背中を押してあげることが出来れば、申込に繋がるのですね(AISAS理論でいうところの、真ん中のSな見込み客を捕まえられる)。

でも検索に弱い:

しかし、クレジットカードの読みものではそれらのキーワードに関する最新ニュースや使い方などの記事は書いているものの、どれも記事内容が上位表示するくらいに強くはなく、検索上位にいることが出来ずにいます。たとえば楽天ETCカードというキーワードでは上位表示でも、楽天カードというキーワードでは上位にまったく出ていない…ということですね。

  • 上位表示も多い:固有名詞+キーワード
  • 上位表示が少ない:固有名詞のみ

この状況を変えないと冒頭で書かせていただいた1PVあたりの広告収入を増やすことは出来ないので、早めに打開したいんですよ。

固有名詞に強いサイト構成:

http://www.flickr.com/photos/47823583@N03/4385196706

photo by Enokson

ではどうすれば良いのかというと、これは簡単ですよね。さきほどのおすすめクレジットカードカテゴリ同様に、各クレジットカードの詳細記事を集めたカテゴリを作り、関連する記事からその詳細記事に向けてリンクを貼るだけです。

おすすめクレジットカードカテゴリではそれで実績が出ているわけですから、同じことをやるだけで固有名詞における順位もあがるだろう…そういうことですね。

  • 核となる詳細記事を作り、それに対して各記事からリンクを貼る

途方もない作業量が必要となる:

まぁそれを実現するためには、1記事1万文字以上の詳細コンテンツを20個くらい用意しなくてはいけなくなるので、えらい苦労することになりますが、それをしなければ1PVあたりの収益を引き上げることは出来ないので、もうやるしかないだろうなーという感じ…。

5月中はそんなに元気がないかもしれませんが、6月くらいになったら『楽天カードを持つべき理由と、個人的に思うダメな箇所まとめ!』みたいな3万文字くらい書いてある文章がアップされると思うので、それを是非、楽しみにしてください(苦笑)。SEOは間違いなく意識しますが、最初から最後までスラスラと読める、読者視点の記事にはするつもりです。

以上、広告収入をもっと増やすために、やろうと思っているSEO対策についてダラダラと書いてみる…という話題でした*1

関連リンク:

アフィリエイト報酬を増やしたいと思っている方は、下記記事なども是非、読んでみてください。

*1:この記事はだいだい2500文字なので、この8倍くらいの文章を書かなくちゃいけないかと思うとげっそりします…。