読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

金融庁、警察庁、消費者庁、観光庁などは未だにスマホ対応になっていない!行政サイトの大半がモバイルフレンドリーではない状況です。

http://www.flickr.com/photos/68532869@N08/17471462035

photo by Japanexperterna.se

金融庁、警察庁、消費者庁、観光庁など、スマホから見られないとまずそうな官公庁のWebサイトが、未だにスマホ対応になっていない…。

そんなちょっとマズい状況になっていることをウェブ担当者フォーラムが記事にしていたので、今回はそれを紹介させていただきます。

首相官邸サイトの「政策情報ポータル」ページをもとに全33サイトを選定し、モバイル対応状況を調べたところ、グーグルのモバイル検索で「スマホ対応」ラベルが表示されたのは、わずか9サイトでした。PCサイトしか用意していないサイトも20ありました。 

33サイト中、スマホ対応は9サイトのみ:

記事によると主要な33の官公庁サイトのうち、モバイルフレンドリーになっているのはわずか9サイトのみだそうです。

実際に私も手持ちのiPhone6から調べてみましたが、確かにGoogle検索結果には『スマホ対応』のラベルが表示されていませんでしたし、スマホから見てもPC用のサイトが表示されているだけでした。これは確かにマズい状況だと思います。

スマホ対応が難しいのもわかる:

まぁ官公庁がウェブサイトを発注する場合には、様々な許可やチェックが必要なのもわかるので、なかなか実装できない事情もわかります。

しかし、警察庁や消費者庁、そして観光庁といったスマホから見る機会が多いであろう官公庁まで未対応な状況は改善すべきだと思いますね。万が一の時にスマホでチェックしてみたら、文字が小さすぎてどこに探しているコンテンツがあるかわからない…なんてことになれば、Webサイトを開設している価値が半減してしまいます。

そんなガッカリを失くすためにも、早め早めの汚名返上を政府にはお願いしたいものですね。以上、金融庁、警察庁、消費者庁、観光庁などは未だにスマホ対応になっていない!行政サイトの大半がモバイルフレンドリーではない状況です…という話題でした。

文末リンク:

下記記事から情報を入手させていただきました。合わせてご覧ください。