読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

日本国内の公衆無線LANは、2020年の東京オリンピックまでに大幅増設予定!3万箇所以上に設置する方針のようです。

http://www.flickr.com/photos/37007874@N00/15000080468

photo by Ludovic Hirlimann

2020年の東京オリンピックまでに、日本国内の公衆無線LANが大幅増設される…そんなニュースが入ってきました。

政府は、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年までに、全国の観光地や避難所など約3万か所に公衆無線LAN「Wi―Fi」を設置する方針を固めた。

外国語による情報提供の基盤を整備することで、外国人観光客を呼び込み、地域活性化につなげる狙いがある。

海外にいくと無料で使える公衆無線LANが多い:

海外に行ったことがある方であれば賛同してもらえると思うんですが、海外の公衆無線LAN設置数って多い国だともうどこでも接続可能な状態があるんですよね。特に香港などはどこにいても高速データ通信が出来ることが多く、便利だなーと思った記憶があります。

日本にはほとんど飛んでいない:

反面、日本はどうかというと無料で使える公衆無線LANってまず見かけない(苦笑)。羽田空港などで外国人観光客向けのものが飛んでいるを稀にみかけますが、それもごくごく僅かな場所でのみ、提供されているサービスといった感じです。これじゃ外国人観光客が日本に来たとしても、ろくにスマホが使えませんよね(スマホが使えないということは、Facebookやツイッターで日本のことを書けないということ)。

ネット環境を整えて外国人観光客増を:

http://www.flickr.com/photos/25616401@N03/5311234528

photo by Nokton

そんな状況を改善しよう…というのが今回のニュース。

どうやら観光地や美術館といった場所を中心に、2020年までに3万箇所以上まで公衆無線LANを増やす計画のようなので、これが仮に実現すれば、日本もだいぶインターネットに繋がりやすい国になると思います。少なからず外国人観光客増には繋がると思うので、期待しましょう(できれば日本人にもその環境を開放してほしい)!

以上、日本国内の公衆無線LANは、2020年の東京オリンピックまでに大幅増設予定!3万箇所以上に設置する方針のようです…という話題でした。