SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

Googleがネクサス6を発表!その画面サイズはiPhone6プラスよりも大きい5.9インチサイズになるようです。

http://www.flickr.com/photos/31991771@N00/2856173673

photo by Carlos Luna

Googleは2014年10月15日付けで、新型スマートフォン『NEXUS 6(ネクサス6)』を発表しました。Appleの人気スマートフォンであるiPhone6を睨んでか、その画面サイズの大きさにも注目が集まっています。

米インターネット検索最大手グーグルは15日、画面サイズ6インチの新型スマートフォン「ネクサス6」を発表した。米国で11月に発売。日本でも年内に販売が始まる見通し。画面サイズを大型化した米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などに対抗する。

Googleの突然の新製品発表では、5.9インチ画面の新スマートフォン『Nexus 6』も発表されました。背面に目立つMのロゴからもわかるように、一時は Google傘下だったものの今ではレノボに買収されたモトローラが製造を担当します。

注目モデルが増加しつつある6インチ級の大型スマートフォン、いわゆるファブレットにあっても、2560 × 1440ピクセルのAMOLED(有機EL)ディスプレイに光学式手ブレ補正対応13メガピクセル、4K/30fps動画対応カメラなど、強力な仕様が目を惹くモデルです。

画面サイズは5.9インチと大型:

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/11083808975

photo by Janitors

ネクサス6は、iPhone6プラスの画面サイズ5.5インチよりも、更に大きな5.9インチの液晶画面を持っているようですね。

大きすぎる画面サイズが吉と出るのか、それとも凶と出るのかはわかりませんが、ファブレット端末を求めている層には人気が出そうな感じ。確かに画面サイズが大きいほうが、細かい作業は捗ります。

ネクサス6の名称には一悶着も:

ちなみにEngadgetによると、ネクサス6の名称が決まるまでには一悶着あった様子。どうやら映画に出てくるロボットの名称と同じ名前だから…ということみたいですね。

Nexus 6というモデル名は噂に上がってはいましたが、『ネクサス6型』という名称に関する、SF小説家のフィリップ・K・ディック氏の遺族との確執を見るにつけ、本当に出るとは思わなかった、というのが正直なところです。 

以上、Googleがネクサス6を発表…という話題でした。