読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

中学1年生の平均虫歯本数はなんと1本のみ!歯磨き指導の徹底や、早期治療への意識が高まったことによるそうです。

http://www.flickr.com/photos/68264277@N08/7375120530

photo by RiverEdge Dental

中学校1年生の平均虫歯本数がなんと、わずか1本のみだった…という統計データがニュースになっていたので、紹介させてもらおうと思います。

中学1年の虫歯本数は1人平均1本で、30年前の約5分の1となったことが23日、文部科学省の2014年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。治療が済んでいない未処置歯がある割合も、幼小中高生の全ての段階で過去最低。

同省は「歯磨き指導の成果で、早期治療や予防の意識が高まった」と分析している。

いやはや、中学校1年生の頃にはすでに虫歯が8本くらいあった自分からすると、これはなんとも羨ましい状況…。

平均1本ということは、ほとんどの中学生が虫歯0本だということですからね。歯医者に通ったことがある同級生に対して、『えー、おまえ虫歯あるの!?歯医者って痛いんだろ?』なんて会話してるのかもしれません、たぶん(苦笑)。

昔は9割が虫歯経験アリだった:

http://www.flickr.com/photos/56594044@N06/5414199532

photo by Official U.S. Navy Imagery

ちなみにデータとしては過去には9割が虫歯経験アリだった時代から右肩下がりになり、今では40~50%くらいの生徒しか虫歯経験がないそうです。これも時代の移り変わり…なのかもしれませんね。

幼小中高の各段階で未処置の歯がある割合も18.5~26.3%で過去最低。過去に虫歯になったことがある子供の割合も、全年代で9割を超えるなどピークだった1970~80年代から右肩下がりで、38.4~53%まで減少した。

私が出来るのはこれ以上増やさないこと:

小さいころ、なにも知らずに虫歯を大量に作ってしまった私が出来ることは、これ以上、自分の歯を溶かさないように歯のケアをすることくらい…。

悲しいことですが五体満足で産んでもらった親を責めても仕方ないので、どうにかこの銀歯達と上手に付き合って行くしかないのかもしれません。

以上、中学1年生の平均虫歯本数はなんと1本のみ!歯磨き指導の徹底や、早期治療への意識が高まったことによるそうです…という国内ニュースでした。私のように「そろそろ歯の治療をしなくちゃな~」と思っている方は、この機会に歯医者の予約をしてくださいね(下記サイトなどでは歯医者のネット予約も可能)。

参考リンク:

体を健康に保つためには歯医者での定期検診だけでなく、人間ドックの受診も必須。ちょっと高いな…と思われるかもしれませんが、健康で長生きをしたいのであれば先行投資だと思ってお金をだしてみてくださいね。 

etc.hateblo.jp