読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

歯医者に通うのが面倒なので、虫歯の治療を4本同時にお願いしてみた件。アゴの位置が同じであれば、複数本の同時治療も可能のようです。

暮らし 医療

http://www.flickr.com/photos/24122959@N08/5394583783

photo by heraldpost

小さい頃、あまり歯を磨くという習慣がなかった私。

今更、親を恨んでも仕方ありませんが、だいたい12歳頃までに奥歯という奥歯をすべて虫歯にしてしまった私は、大人になった今、毎年のようにどこかの銀歯が取れてしまうという弊害にぶち当たっています。

実際、私の口の中で銀歯になってしまっている箇所を数えてみるとなんと全部で15本もあるため、そりゃどこかは1つくらいダメになるよなーという感じ(苦笑)。銀の詰めものの寿命は短い場合には5年程度、長くても10年程度だと言われているので、定期的に治療をせざるを得ないのが個人的な悩みなのです。

銀の詰め物をいっぺんに治療:

そこで思いついたのが歯の一斉治療。

例えば右下にある4つの銀の詰め物を一度に交換し、新しいものにすることが出来れば、治療する回数を大幅に減らすことが出来るのではないか?というアイデアですね。

特に過去7~8年以上も前に装着した銀の詰めものは、もういつ剥がれてもおかしくない状態なので、新しいものにする価値があるんじゃないかと考えたわけです(見えていないだけで中に虫歯が広がっている可能性も高い)。

歯医者に相談してみた:

早速、通っている歯医者に相談をしてみると、右下なら右下、左下なら左下…といったように、同じ顎の箇所であれば同時に治療も可能だということ。本来なら1本1本治療するところだが、4本同時でも問題ないということだったのでお願いすることにしました。

これで本来なら4回麻酔をされて4回、銀の詰め物を入れるという合計8度の歯医者通いが、たった2回で済むことになります。また、仮詰めをした期間が短くなることで、食事をおいしくいただくことが出来るというのも魅力ですね(仮詰めが苦手な方は、こちらの記事も参考に)。

  • 従来:4本の治療をするなら4回の治療+詰め物を入れる作業で8回かかる
  • 今回:4本の歯を同時治療するので、2回の来院でOK
デメリットは問題のない歯まで削ってしまう可能性があること:

反面、デメリットとしてはまったく問題のない歯まで治療してしまう危険性があるということ。たとえ銀の詰め物を付け替えるだけといっても、ある程度は歯を削る必要性が出てくる場合があるので、健康な歯を無駄に削ってしまう危険性はあります。

これについてはすでに銀の詰めものを入れてから7~8年が経過した箇所のみ対応してもらうようにするので、仕方ない部分と諦めることにします(たぶんですが、心配するまでもなく中は腐食が進んでしまっているはずです)。

歯の治療をいっぺんにしよう:

http://www.flickr.com/photos/32458494@N08/7376863054

photo by ChicagoDentalSociety

こんな感じで私のように虫歯で悩んでいる方がいるなら、是非、一度に複数本の歯を治療してもらう…という荒業を歯医者さんにお願いしてみてください。歯医者さんも他の歯科医院に行かれるよりはと、きっと治療を受諾してくれるはずですよ(最寄りの歯医者を調べたいという方は、下記サイトなどを参考に)。

もちろん、複数の歯医者に電話をして、より良い条件で対応してくれるところを探す…なんていうのもアリですね。

以上、虫歯の治療をいっぺんに4本もお願いしてみた件。どうせ麻酔を打たれるなら、古い被せものを一気に新しくしてしまおうと思います…という話題でした。