SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

モバイルフレンドリーのアルゴリズム更新は影響が大きいようなので、今のうちにモバイルフレンドリーかどうかを調べて対応しよう。

http://www.flickr.com/photos/89165847@N00/7348035690

photo by mikecogh

2015年4月21日に実施予定と言われている、Googleのモバイルフレンドリー・アルゴリズム更新。

このアップデートによってモバイルフレンドリーではないサイトは検索順位が落とされてしまう可能性があるので、早め早めに対応をするようにしてください(詳しくは下記記事なども参照)。

モバイルフレンドリーかどうかはどうやって確認するの?

そもそも自分が運営しているサイトやブログが、モバイルフレンドリーかどうかを確認するためにはどうしたら良いの?という、初歩的な疑問をお持ちの方も多いと思うので、まずはその調べ方を書いてみたいと思います。

モバイルフレンドリーかどうかを調査する方法は至って簡単。下記リンク先に行って、自分の運営サイトのURLを入力するだけです。これだけでモバイルフレンドリーかどうかが確認できるだけでなく、改善方法まで教えてくれるのでかなり楽ちんですよ。

SONOTAはモバイルフレンドリーでした:

このサイト『SONOTA』はレスポンシブデザインを採用しているためか、全く問題のないモバイルフレンドリーサイトだとGoogle側は認識しているようです。有り難いことですね(下記の画像参照)。

f:id:cardmics:20150319135110g:plain

モバイルフレンドリーなら検索順位アップが期待できる:

ちなみに当然ながら、モバイルフレンドリーサイトとしてGoogleに認識してもらっていれば、モバイルフレンドリーではないサイトが自動的に順位下落してくれるためにアクセスアップ&収益アップが期待できます。

反面、モバイルフレンドリーになっていない場合には、検索順位が落ち込んでしまうのでアクセスダウン&収益ダウンも想定しておかなくてはいけません。

  • 対策済み:対策なしのサイトが勝手に下落してくれるので順位アップ
  • 対策無し:順位下落&収益ダウンは覚悟?

どちらが良いかは言うまでもないはずなので、まだモバイルフレンドリーになりきれていない方は是非、4月21日までに対策しておいてみてくださいね。

以上、モバイルフレンドリーのアルゴリズム更新は影響が大きいようなので、今のうちにモバイルフレンドリーかどうかを調べて対応しよう…という話題でした。