読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

MFクラウド確定申告とレシーピを連携させようと思ったら、レシーピが経費データのエクスポート機能に対応していなかったという話。

経営 会計

Filing Taxes - 1040 Form

私は普段から、MFクラウド確定申告というクラウド会計ソフトを利用中。

この会計ソフトでは、レシレコという無料アプリと連携させると、コンビニやスーパーマーケットで貰ったレシートをスマホで撮影してデータ化できる…という有り難い機能があったんですが、これがこの2016年の確定申告シーズンから使えないようになってしまいました。

理由はレシレコ側がサービスを停止し、レシーピというアプリに全面移行したためです。

レシーピと連携させることが出来ない:

まぁレシレコが停止して、レシーピというアプリに変更になる…というだけなら問題はなかったのですが、どうやらどこをどう調べても、レシーピというアプリには撮影したレシート情報をエクスポートする機能が備わっていない様子。

要するにレシーピを使っていくらレシートを撮影していっても、MFクラウド確定申告(MFクラウド会計等を含む)には移行できないようなんです。

現時点ではMFクラウド経費を使うしかない:

ではどうすれば無料でレシートを撮影して、MFクラウド会計やMFクラウド青色申告にデータ移行できるのか…というと、残念ながら無料で使えるアプリの中でそういった機能を持ち合わせているものは存在しない様子。

唯一、MFクラウド側が公式に提供しているサービスである、MFクラウド経費だけにそういった機能があるんですが、こちらは残念ながら月会費のかかるサービスとなっているため、完全無料というわけではありません。

しかし、だからといって今さら手入力で経費を入力していく気にもならないので、私は渋々、MF請求クラウド経費を使うことに。出来るかどうかはわかりませんが、必要な時だけ月会費を払って、必要がない時は解約する…なんてことが出来るかもしれないので、確定申告シーズンが終わったら解約に挑戦してみようかなと思っています(更に詳しく調べてみたら、無料で使えるマネーフォワードでも対応しているようです)。

以上、MFクラウド確定申告とレシーピを連携させようと思ったら、レシーピが経費データのエクスポート機能に対応していなかったという話でした。

参考リンク:

私が実際にMFクラウド確定申告を使って感じたデメリットや使いにくい箇所については下記記事を参考に。どんどん改良されて、良い会計ソフトになっていってほしいものですね。 

etc.hateblo.jp