読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

MFクラウド確定申告の仕訳入力が面倒だったので、結局、Excelで入力したものをアップロードした話。

経営 会計

http://www.flickr.com/photos/46411239@N05/5394688871

photo by Microsoft Sweden

先日記事にしたように、MFクラウド確定申告は銀行口座やクレジットカード利用歴の取得&入力については得意なんですが、個別に1個1個、手入力していくものについては不便極まりない感じなんですよね。

  • 得意:外部からデータを読み込み、入力すること
  • 苦手:現金払いしたものなどを1個1個、手入力すること

エクセルでデータ作成をすると早い:

さすがにこれでは作業効率が悪いと思ったので、昔ながらの方法ではありますが、エクセルでCSVファイルを作成し、それをアップロードすることで一括入力をすることにしました。

最新のクラウド会計ソフトを利用しているのに、入力はエクセルでしなくちゃいけないなんてなんだなぁ~という気もしますが、実際、このほうが圧倒的に作業が早くなる感じなんです。

  • MFクラウド確定申告:取引の複製が苦手
  • エクセル:取引の複製が簡単

必要なデータをダウンロードして加工する:

エクセルを使った記帳方法は非常に簡単。

MFクラウド確定申告で仕訳帳を開き、勘定科目でも補助科目でもどちらでも構わないので、絞りたいもので入力済みデータをしぼります。これをCSV形式でダウンロードし、それを加工することで一括入力するようにしたのですね。

  1. 仕訳帳を開く
  2. 必要な勘定科目で絞る
  3. ダウンロードする
  4. ダウンロードしたデータを加工する
  5. アップロードする

貸方と借方をひっくり返すだけで入力できる売掛金:

例えば私の場合は売掛金データの入力が面倒だったので、銀行口座と連動済みの売掛金回収の取引をすべてダウンロードし、その貸方と借方をひっくり返して売上高として計上してみました。これなら金額を1つ1つ手入力する必要性はありませんし、1個1個、勘定科目と補助科目をタブで選ぶ必要もありません。

他にもよく行く喫茶店の費用を記帳したいなら、MFクラウド確定申告上で1個1個入力をしていくのではなく、エクセルで項目を大量に複製し、日付と金額を入れていくほうが楽ちんですね(MFクラウド確定申告上だと、日付選択が面倒…*1)。

まだまだ発展途上ですが期待したい:

http://www.flickr.com/photos/31512354@N00/592552643

photo by Gustavo da Cunha Pimenta

以上、MFクラウド確定申告の仕訳入力が面倒だったので、CSVで入力したものをアップロードした話。ほんとエクセルは偉大です…という話題でした。

まぁこんな風に問題点をいくつか指摘してはいますが、MFクラウド確定申告の外部データ連動はほんと魅力的です。慣れれば記帳作業にかける時間が半減すると思うので、みなさんも是非、興味がある方は導入を検討してみてくださいね(試験的に利用するだけなら無料版で充分です)。

*1:4桁の数字で入力を認めてくれれば良いのですが、月と日の間にスラッシュがないと認めてくれないなど、結構面倒な仕様です。