SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

松本山雅FCの名前の由来は、『山雅』という喫茶店が趣味で作ったサッカーチームだったから!喫茶店自体は1975年に閉店。

http://www.flickr.com/photos/17291033@N00/559794325

photo by ijiwaru jimbo

Jリーグの松本山雅FCがJ2における2位以内を確定させたために、2014年11月1日、来季のJ1昇格が決定しました。長野のチームがJ1に昇格したのはこれが初めてとなります。

サッカーJ2の松本山雅が今シーズンの2位を確定してJ1昇格を決め、長野県から初めてのJ1チームが誕生することになりました。 

松本山雅は『山雅』という喫茶店が始めた趣味のチームだった:

ちなみに松本山雅という名称ですが、なぜこんな名前になったのかな?と思っていたら、なんと山雅という喫茶店の常連客がはじめたチームだったから…ということらしいです。朝日新聞に記事がありました。

サッカーJ2の松本山雅(やまが)が1日、J1昇格を決めた。長野県松本市にあった喫茶店「山雅」の常連客が遊びでサッカーを始めてから半世紀。親会社のない市民クラブながら、J2屈指の人気チームに育った山雅は、サポーターの大声援を背にJ1の舞台に挑む。

Wikipediaにも記載あり:

http://www.flickr.com/photos/17291033@N00/559788809

photo by ijiwaru jimbo

Wikipediaにも記載があるので、どうやら間違いない情報みたいですね。いやはや、市民チームがここまで登りつめたって凄すぎです。

尚、残念ながら喫茶店自体は1975年に閉店してしまった模様。残っていたらさぞかし、話題になったことでしょう。

当時の国体の長野県選抜の選手を中心に山雅サッカークラブが創部。名称は松本市中央1にあった喫茶店「山雅」に由来している。この店名は山好きの店主が「山」と「優雅」を組み合わせて命名したもので、主に北アルプスへの登山を趣味とする人たちが集まる店だったという。なお店は松本駅前の再開発事業に伴い1975年に閉店している。

以上、松本山雅FCの名前の由来は、『山雅』という名前の喫茶店が趣味で作ったサッカーチームだった…という話題でした。松本山雅のJ1での戦いに期待しましょう!