SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

左ハンドルの車のデメリットはETC車載器が解決する…という話。ETCがあれば高速道路の料金所でも支払いに苦労しなくて済みます。

http://www.flickr.com/photos/50807901@N00/2252317353

photo by Abdulrahman BinSlmah

左ハンドルの輸入車って、左ハンドルなだけで格好いい…という印象をお持ちの方も多いようですが、実際には高速道路の料金所などで支払いに困るから面倒だ…という話をよく聞きます。

しかしよくよく考えてみると最近は、ETC車載器が車に搭載されている時代。窓をあけて料金所で支払いをする…という行為自体が、もはや過去の行為になっていることを考えると、左ハンドルも右ハンドルも関係ないのでしょうね。

どちらも一緒:
  • 右ハンドル:ETC車載器があればスムーズに料金支払いが出来る
  • 左ハンドル:ETC車載器があればスムーズに料金支払いが出来る

危うくこれを考慮せずに、『左ハンドルの車は大変だ』という、古い考えを持ち続けてしまうところでした(苦笑)。

地方の有料道路は未だに大変?

とはいえ、首都高や東名高速道路などの主要高速道路であればETCシステムが完備されているため問題ありませんが、地方の有料高速道路などでは未だに現金による支払いが主流なので、結局、左ハンドル車ならではのデメリットというのはまだ残っているとは思います。

なんとなくベンツやBMWといった輸入車に憧れてしまう方は多いものですが、こういった左ハンドルならではの問題点にはくれぐれも注意してくださいね。思わぬところで面倒な作業を強いられることになりますよ。

以上、左ハンドルの車のデメリットはETC車載器が解決する…という話。ETCがあれば高速道路の料金所でも支払いに苦労しなくて済みます…という話題でした。

参考リンク:

ETCカードをこの機会に作ってみたい…という方は、下記記事などを参考にしてみてください(別サイト)。ETCがあるとほんと、高速道路の移動が楽ちんですよ。

news.cardmics.com