SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

レーシック手術をしてから10年が経過したので、個人的な体験談&感想を書いてみる。併せてレーシックの問題点なども紹介。

http://www.flickr.com/photos/43323164@N06/16307656419

photo by Focus Clinic

私がレーシック手術をしてから今年でちょうど10年が経過したので、今回はレーシックの体験談や術後の感想などを書いてみたいなと思います。

レーシックについてはまぁ、賛否両論があるのも知ってますし、だからこそ知人や友人にも気軽に「手術を受けたほうがいいよ!」と言えなくなってしまった最近ですが、それでも私の体験談が役立つ方も多いはず…。

一体どこまで参考になるかはわかりませんが、あくまで私個人の感想として、レーシックを受けた感想やその問題点をまとめてみますね。

レーシック手術を受けて良かった私:

まず、レーシック手術を受けて良かったかどうか?についてですが、個人的にこれは100%、YESと言えます。

確かに手術の怖さ、失明するんじゃないかという負のイメージ、術後の不便さなどがありましたが、今となってはほんと手術してよかったと心の底から思いますね。たぶん老眼によって視力がまた衰えてしまった場合には、老眼用レーシックとも言えるアキュフォーカスリングを装着する手術をまた受けると思います。

レーシック手術前はド近眼だった私:

レーシック手術前にはド近眼だった私。

手術前にどのくらいの視力があったのかというと、右目0.02と左目0.05…というまさにド近眼…というレベルで、視力検査にある一番上の大きなリングさえ、両目でも見えないくらいでしたね(苦笑)。

  • 手術前:右目0.02、左目0.05
  • 手術後:右目1.0、左目1.2

これが術後には右目1.0と左目1.2まで回復し、10年たった今でもそのくらいの視力を維持することができています。まぁ若干視力が落ちたかな…という印象もなくはないのですが、それでも両目視力が1.0は間違いなくあると思います。

当然、遠くの看板でもくっきりと見えます。

手術を受けたのは品川近視クリニック:

レーシック手術を受けたのは品川近視クリニック。レーシックを受けようとする際には、必ず選択肢に入るであろう最大手ですね。

私はかなりのビビリな人間なので、レーシックをとにかく失敗させたくない…と思ったら、やはり手術経験が豊富なここしかないと思い決めました。

当時、他にも神奈川クリニックや銀座眼科なども選択肢にありましたが、どちらも倒産したり集団訴訟になってしまったりと大変な感じにその後なったので、結果的には品川近視クリニックで良かったなと思います*1

手術には多少の痛みが伴う:

ここで気になる手術について。もう10年も前の話なので今ではやり方などが違うかもしれませんし、改善されているかもしれませんが、眼球にフラップを作る時はさすがに少し痛みがありました。ただ眼球が痛かったのか、それとも目の周りを押さえつけられるのが痛かったかはわからないくらいの、ピリッとくる程度の痛みでしたね(激痛というわけではないくらいの痛み)。

ちなみに角膜を削るレーザーを照射されている時には痛みは特になし。

公式サイトを見てみると今ではもっと安全な手術方法が確立されているようですが、当時は「○○さん、はいっ!と言ったらレーザーを30秒間、眺めるようにしてくださいね。目をそらすと失明する場合がありますよ」なんて言われてビビった記憶があります(言われたセリフは曖昧です)。

手術が終わった瞬間から視力はアップ:

そんな感じで数分間の手術が終わったら、あとは30分ほど目を閉じてリラックス。

その後に恐る恐る目を開けてみると、その瞬間からまるでコンタクトレンズを入れたかのような視力を得ることが出来ました。ほんと素直に「レーシックすごい!」って思いましたね。

術後1ヶ月は不便:

レーシック手術の後は結構不便。とにかく目をこすらないように極力注意をし、2週間くらいは夜、寝る時に無意識に目を触ってしまわないようにテープで目を閉じてから寝ます(苦笑)。 

そして詳しい期間は忘れましたが1ヶ月~2ヶ月くらいはプールなどのスポーツは禁止。とにかく目をいたわり続けると3ヶ月くらいで眼球の切り口が完全に接合するので、これでやっと何をしても大丈夫になります(今はもう少し改良されているかもしれません)。

レーシック術後の感想:

最後がレーシック術後の感想としてはどうなのか?という点について。

これについては正直なところ、フラップが接着されてからは不便さを一度も感じたことがないのでなんとも言えません。光が見えにくかったり、手元が見えにくいなどの弊害は、私は幸運にも感じたことがないためです。

また、レーシックをすると老眼が早くやってくるよ…という話もありましたが、今のところこちらも大丈夫。40歳を越える頃には問題になる可能性もありますが、まぁそれはその時に考えようかなと思ってます。

レーシックの問題点:

http://www.flickr.com/photos/31355686@N00/2696176584

photo by Rev. Xanatos Satanicos Bombasticos (ClintJCL)

私に言わせれば『レーシックやってよかった!』なわけですが、最近ではレーシックのデメリットや問題点の部分もネットで話題になってますよね。

いくつか良い意見ばかりでもアレなので、問題点についても触れさせていただこうと思います。こういったリスクを考慮しても尚、レーシックを受けたい方、リスクがあるならレーシックは嫌だという方の両方がいるとは思いますが、どっちを選択する場合であっても、きちんとリスクを理解した上で手術を受けるべきかを考えてもらえれば幸いです(言うまでもなく私は責任を持てません)。

公式なレポートまとめ:

まずはレーシックに関連する公式レポートをまとめておきます。

レーシックを受けるのであれば尚更、きちんとレーシックとはどういうものなのかを把握しておくことは非常に重要。近視矯正をしたいのであれば面倒臭がらずに、隅から隅まで目を通すようにしてください。

レーシックは100%安全ではないということ:

次にレーシックは100%安全ではないということの理解もきちんとお願いします。実際、最大手である品川近視クリニックの公式サイトにも下記のような記述があります。

f:id:cardmics:20151005175143g:plain

確かに97.9%の患者はレーシックに満足していたとしても、逆に言えば2.1%の方は不満だということ。この2.1%の方の中に、いわゆるレーシック難民と呼ばれる人達が含まれているのだと思われます。

97.9%も満足しているなら大丈夫だと思うのか、それとも2.1%でも不満に思う人がいるなら怖いと考えるのか?ここの判断がレーシック手術を受けるかどうかのカギになりそうな感じ。私は幸い、97.9%の側に入ることが出来ただけに過ぎません

レーシックは危険、コンタクトレンズは安全なのか?

http://www.flickr.com/photos/43323164@N06/7752889118

photo by Focus Clinic

最後に。

「レーシックは怖いからコンタクトレンズで私はいいや…」という方がいますが、コンタクトレンズだって様々な病気を装着者にもたらします。詳しくは下記サイトなどをご覧いただければと思いますが、一番安全なのは裸眼、もしくは眼鏡なんです。

私たちが教えている大学で、学生たちに、「コンタクトレンズで、失明する人がいます」と話したことがあります。ところが、誰も信じてくれません。同じ話を、韓国やアメリカの留学生たちに言うと、皆そういうケースを知っていました。

そうではなくコンタクトレンズをつけながら「レーシックは怖い!」と批判していても、ちょっとチグハグな感じになってしまうように私は思います。まぁくどいようですが私は運良くレーシック手術が成功した人間だからこそこう言えるわけですけれども、目の病気や失明が少しでも怖いなら、とにかく眼鏡を付けているのが無難なのですね(眼鏡は眼鏡で、スポーツ中に欠けて失明した…なんていう話もあるので危険性0なわけではありません)。

以上、レーシック手術をしてから10年が経過したので、個人的な体験談&感想を書いてみる。併せてレーシックの問題点なども紹介…という話題でした*2

参考リンクまとめ:

コンタクトレンズの危険性、レーシック手術の問題点など、レーシックに関連する記事を並べておきます。近視矯正手術をこれから受けようとしている方の参考になれば幸いです。

*1:まぁその品川近視クリニックについてもトラブルを抱えているようですが、眼科手術という特性上、こういうトラブルは切っても切れないものだとも言えそうです(こちらの記事など)。

*2:レーシックの話題はたぶん、触れるだけで叩かれそうな気がしますが、ちょうど手術から10年が経過したので書いてみました。文中にて一切、レーシック手術はすすめてはいません。手術するかどうかはみなさん自身でご判断ください。