読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

こびとづかんの出版社が自己破産…は間違い!正しくは、こびとづかんの前出版社である長崎出版が破産手続へという内容です。

http://www.flickr.com/photos/23417366@N03/8425520880

photo by origami_potato

こびとづかんの出版社が自己破産…というニュースが流れていますが、この件についてはどうやら間違いなようです。

「こびとづかん」シリーズで知られる長崎出版が東京地裁に自己破産を申請、30日までに破産手続き開始の決定を受けた。信用調査会社の帝国データバンクによると、関連4社も同様に破産手続きに入り、グループの負債総額は17億4千万円という。

長崎出版は東京・神田に本社を置く昭和50年設立の児童書中心の中堅出版社。架空の生き物である「こびと」を捕まえて動物採集のように観察するシリーズの書籍を2006年に手がけたところ、絵本や観察ガイドブックなどが20万部を超える大ヒットに。ビデオソフトも他社から発売され、子供向けの大人気キャラクターとなった。 

正しくは前出版社が自己破産:

http://www.flickr.com/photos/23417366@N03/8542388141

photo by origami_potato

このニュース、正しくは『こびとづかん』の前出版会社である長崎出版が自己破産という内容ですね。現在、こびとづかんシリーズはロクリン社という会社が出版しているみたいなので、引き続き出版は続けられていくと思われます。

本日、一部報道において、「こびとづかんの出版社が破産」という、誤解を招く表記の記事が掲載されたようです。

しかし、実際には、同記事内にも記載がございました通り、破産した長崎出版株式会社は「こびとづかん」シリーズの前・出版社にすぎず、同社の出版契約は既に終了しております。

現在、「こびとづかん」シリーズは弊社が出版しており、弊社は今後も同シリーズの展開を続けていく予定です。

以上、こびとづかんの出版社が自己破産…は間違い!正しくは、こびとづかんの前出版社である長崎出版が破産手続へ…という内容でした。こびとづかんファンの方は新刊の発行を楽しみにしてみてくださいね。

こびと大図鑑

こびと大図鑑

 
参考リンク:

自宅に読まなくなった絵本や書籍が増えてきてしまった…という方は、下記の不要品買取サービス一覧の記事も参考にどうぞ。本やDVDの売却だけでなく、ディズニーグッズやパソコンの買取業者なども紹介していますよ。

etc.hateblo.jp