SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

iPhone6sの搭載のカメラはなんと1200万画素。加えて光学式手ブレ補正機能が追加されたので、素人でもきれいな写真が撮影可能です。

http://www.flickr.com/photos/23664989@N00/9624479689

photo by AshtonPal

iPhone6sに搭載されているカメラの画素数はなんと1200万画素。2014年に発売されたiPhone6の画素数が800万だったことを考えると、かなりの進化を果たしたことになりますよね、これ。

  • iPhone6 画素数:800万
  • iPhone6s 画素数:1200万

これだけの画素数があれば通常の写真サイズだけでなく、引き伸ばして大きめの写真にする場合でも余裕です(額縁などに入れて、自分が撮った写真を飾るなども出来ます)。

光学式手ぶれ補正機能が追加:

加えてiPhone6sでは光学式手ぶれ補正機能が新たに追加されたため、カメラ素人でもプロ並みにキレイな写真が撮影できるようになっている点も大きな魅力。私も正直、撮影は下手な部類に入る人間なので、こういう機能強化はほんと嬉しい限りです。

ちなみに「光学式手ブレ補正機能ってなんだ?」という方は、下記サイトなどを見てみてください。キヤノンのサイトなどは難しいので、正直、あまりわからないかもしれませんが、とにかく素人には助かる機能なんだということがわかると思います。

以上、iPhone6sの搭載のカメラはなんと1200万画素。加えて光学式手ブレ補正機能が追加されたので、素人でもきれいな写真が撮影可能です…という話題でした。尚、iPhone6sの公式データや購入方法などについては、携帯電話会社ごとに公式サイトにて確認してもらえればと思います。

各キャリア別公式サイト: