読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

iPhone6やiPhone6プラスの容量で、一番売れているのはどれ?BCNランキングが容量別のiPhone6統計データを公開。

モバイル 統計データ iPhone

f:id:cardmics:20141023153006g:plain

iPhone6やiPhone6プラスを購入したいのだけれども、どの容量を選んで良いのか迷っている…という方に、うってつけのデータがBCNランキングで公開されていました(上記画像)。

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の容量は、ともに16/64/128GBの3種類。かつて定番だった32GBがなくなり、代わりに、撮影した写真や動画をたっぷり保存できる128GBが加わった。価格設定は従来とさほど変わらず、かつて大容量といわれた64GBはこれまでより値頃感が高まった。

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」について、それぞれ容量別販売台数構成比を集計すると、「iPhone 6」は64GB(53.5%)、16GB(23.3%)、128GB(23.2%)、「iPhone 6 Plus」は128GB(39.6%)、64GB(39.0%)、16GB(21.4%)の順となり、「iPhone 6」は64GB、「iPhone 6 Plus」は、128GBと64GBが人気だ。

64GBのiPhone6が一番人気の容量:

以前からいくつかデータが公開されていた通り、iPhone6やiPhone6プラスでは64GBの容量モデルが人気みたいですね。特にiPhone6では半分近くの購入者が64GBを選んでいます。

個人的には携帯電話やパソコンに詳しくない人は、『16GBや64GBがどのくらいなのか?』という詳細はわからないと思っていたので、一番小さい容量の16GBが人気なのかな?と思っていたんですけどね。現実には私が思うよりもiPhoneを含めたITに詳しい人が、だいぶ増えてきているのかもしれません。

iPhone6プラスでは128GBが一番人気:

http://www.flickr.com/photos/83542829@N00/3551276497

photo by William Hook

iPhone6プラスでは128GBのモデルが一番人気。こちらは大画面のiPhone6を敢えて選ぶような層の方が購入していると思われるので、大容量の128GBが選ばれる理由もわかる気がします(僅差で64GBモデルよりも128GBモデルのほうが人気)。

私用でつかう携帯電話としてだけでなく、仕事でもiPhone6を使おうとしている方がiPhone6プラスの128GBモデルを購入したのでしょう。

  • 私用で使う人が多いiPhone6:64GBモデルが一番人気
  • 仕事で使う人も多いiPhone6プラス:128GBモデルが一番人気

iPhone6s購入時にも同様の傾向が:

蓋をあけてみるまではわかりませんが、iPhone6sとiPhone6s Plus発売時にも同様のハードディスク容量に人気があつまる可能性が高いと思われます。

ただiPhone6sについてはiPhone6よりも、より容量が必要になりそうな写真機能や4K撮影動画の機能などがあるので、今回ばかりは16GBのモデルだと足りなくなってしまう方が続出するかもしれませんね。選択時の参考にしてもらえればと思います。

以上、iPhone6やiPhone6プラスの容量で、一番売れているのはどれ?という話題でした。これからiPhone6やiPhone6sを購入しようとしている方は、下記URLなども参考にしてみてくださいね。