読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

iPhone6のキャリア別シェア最新版!未だにSoftBankは品薄で、ドコモには豊富に在庫がある状態を裏付ける統計データです。

モバイル 国内ニュース 統計データ iPhone

f:id:cardmics:20141023150314g:plain

iPhone6とiPhone6プラスに関する、最新の販売台数シェアがBCNランキングに掲載されていました(上記画像)。発売1ヶ月という期間のシェアではありますが、SoftBankの売上の大きさが顕著に出た統計になりましたね。

今秋のiPhoneを巡るシェア争いは、昨年同様、ソフトバンク優勢でスタートした。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を合わせた10月18日までの累計でのキャリア別販売台数シェア(累計キャリア別シェア)は、ソフトバンク45.6%、au32.9%、ドコモ21.5%。

順位は、発売3日後の9月21日、発売10日後の9月28日、発売17日後の10月5日までの時点と変わらず、発売第1週にシェア4割超で1位を獲得したソフトバンクが、そのまま累計キャリア別シェアトップの座を維持している。しかも、ソフトバンクの累計シェアが微増する一方で、ドコモの累計シェアは低下したために、両者の差は当初の18.1ポイントから24.1ポイントへと拡大した。

ヤマダ電機やビックカメラでは未だにSoftBank在庫無し:

f:id:cardmics:20141021233448j:plain

未だにヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店にいってみると、SoftBankのみが在庫薄であることがわかります。これもSoftBankがiPhone6やiPhone6プラスの市場の約半分を占拠していることが関係しているのかもしれませんね。

ドコモも実は売れている:

反面、どこに行っても在庫あり…と報道されているドコモに関しても、見方を変えればSoftBankの半分程度はiPhone6を販売していることになります。これは私の想像よりもかなり多い数字ですね。

ドコモ、au、SoftBank3社ともに同じくらいの在庫量がAppleから供給された結果、ドコモが在庫豊富でSoftBankが在庫薄になっているのでしょうか?詳細は不明です。

以上、最新のiPhone6キャリア別シェアでした。