読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

iPhone7の予約方法をわかりやすく解説!手続きに必要なものから販売開始日まで、これを読めばiPhone7の事前予約が全てわかる。

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/15523059519

photo by Janitors

今回はiPhone7の予約方法&予約状況について、徹底的にまとめてみたいと思います。これからiPhone7の発売前に事前予約しようと思っている方は、是非、これらの情報をしっかり把握したうえで申込をするようにしてくださいね。

iPhone7の予約開始日と発売日について:

まずはiPhone7の予約開始日と発売日についての情報です。Apple側の公式発表では、現在、このような日程で発売がされます(すべて日本時間)。

  • 予約開始日:2016年9月9日16時01分から
  • 販売開始日:2015年9月16日未定

ちなみに今年も日本はiPhone7の1次販売国なので、世界最速で予約が開始されます。当然、販売開始日時も世界最速です。

iPhone7の予約とは?:

次にiPhone7の予約とは何か?という基本的な解説を。

iPhoneの予約とは簡単に言えば、優先的にiPhone7の在庫を確保するための順番待ちのようなものです。9月9日の16時01分ちょうどに近い時間に予約した人が1番目で、それ以降に予約した順に列が出来上がっていく…という形になっているので、早く予約すればするほど、iPhone7やiPhone7 Plusを早く入手できる可能性が高くなっていきます。

  • iPhone7の納品は予約をしている方が優先。予約なしの方は、予約している方達の後の列に並ぶことになります。

まぁイメージするのであればラーメン屋さんの行列となんらかわりがありません。事前予約さえしておけばちゃんと列に並ぶことは出来ますが、予約をしない方はiPhone7の発売日である16日まで列に並ぶことが出来ないのでご注意ください。

9月9日に予約さえすれば発売日に入手できる?

それでは9月9日のうちに予約さえすれば、発売日にiPhone7を入手できるのか?というと、これはApple側が用意している在庫の数次第。Appleの予想以上に予約がたくさん入るようであれば予約開始日に申込をしたとしても発売から2~3週間入手できない…なんてことにもなります。

実際、一昨年発売のiPhone6 Plusにおいては、予約開始日に予約したにも関わらず入手が1ヶ月近く遅れた…という方もいたくらいなので、とにかく早く新型iPhoneが欲しいのであれば、1分1秒でも早めに列に並ぶ(予約をする)ことが重要。

この予約を面倒くさがると、発売日になってからしか列にならぶことが出来ないので、多くの方に抜かされてしまう結果になりますよ(予約なしだと、入手がかなり遅くなります)。

  • 9月9日~15日に予約:発売日以降に購入予約をする人よりも、早くiPhone7を入手できる

ここまで読んで、「肝心の予約方法について早くしりたい!」…という方は、これから先の情報を読み飛ばして予約方法の項目をご覧くださいね。

iPhone6を予約開始30分後に申し込んだ私の体験談:

一昨年、iPhone6を予約開始時間から30分経過した頃に申し込んだ私。

さすがにこの申込スピードなら発売日当日に入手が出来るだろうと思っていたら、実機を入手できたのは発売から5日程度が経過してからでした。これには「みんなどれだけ予約受付開始直後に申込してるんだよ…」と驚かされましたね…(苦笑)。

今年はApple側がどのくらいの在庫をドコモやソフトバンクなどに回しているかどうかはわかりませんが、仮に一昨年や去年並の混乱が起きるのだとしたら、今年も予約開始直後に申込をしない限りは入荷待ちさせられると思ったほうが無難かもしれません(特に今年のiPhoneはSuica搭載なので予約が多そう)。

それでも予約をしないで購入するよりは圧倒的に早く入手できるので、みなさんはiPhone6sの予約を忘れずにしてくださいね。15日までに予約を出来るのであれば尚更ですよ。

予約しないで買う方法はないの?

http://www.flickr.com/photos/40134069@N07/4098238845

photo by mattbuchanan

では、予約をせずにiPhone7やiPhone7 Plusを購入する方法はないのでしょうか?これについてはいくつか力技で入手する方法があるにはあります。

  1. アップルストア等に徹夜で並ぶ
  2. Amazonなどで高値でiPhone7を購入する

1番目についてはよくテレビなどでニュースになっているのでご存知な方も多いですよね。アップルストアやソフトバンクショップといった場所に、徹夜を覚悟で並び続けて当日の在庫を確保する…というものです。

ただこのアップルストアでの当日販売ですが、行列による混乱が毎年問題になってしまった都合上、今年も禁止になりそうな感じ。銀座や渋谷、名古屋栄などの場所に関わらず、アップルストアでの当日販売は無い可能性が高いので望み薄です(下記は去年のiPhone6s発売時の対応)。

今年はどうやら当日販売は無いようです…。これに関して、Macお宝鑑定団Blogでは直接Appleのサポートに質問を投げかけています。その答えも同じもので、しばらくは店頭販売は無しで事前予約分のピックアップのみとなるようですね。

尚、ソフトバンクショップやドコモショップなどでは当日在庫を用意している店舗も存在。ソフトバンクならソフトバンク銀座、ドコモショップなら丸の内店あたりでは用意される可能性があるので、並ぶのが苦じゃないならそれも手です*1

定価よりも高く購入する方法も:

2番目については誰かが転売目的で購入したiPhone7をAmazonやヤフオクなどで入手する方法…なんですが、こちらについては正規販売価格の3~5割増しくらいの価格で買うことになるので、お金に余裕があるという方でもない限り難しいでしょう。

それに正規販売店以外からの購入になってしまうので、偽物を売りつけられる危険性もある…というのもデメリット。どうしても労せずiPhone7を発売日近くに購入したいという方以外は、手を出さないようにしてください。

発売から2ヶ月も待てば在庫に余裕も:

まぁそんなことをしなくても例年、だいたい発売開始から2ヶ月が経過する11月中旬くらいにもなれば携帯ショップ&家電量販店などの在庫に余裕が出てくるわけですけれども、早く新しいiPhoneを欲しいという方や、9月や10月が機種変更のタイミングだという方などは、やはり予約をしておくのがベストだといえますね。

  • iPhone販売直後に欲しい方:早めの予約を
  • 11月中旬以降でもOKな方:予約はしなくてもOK
あとで買えば安くなるだろう…というのは甘い:

ちなみに。

『少しあとになってから購入すれば、その分、iPhone7を安く買えるかも?』と買うタイミングを敢えて遅らせようとする方もいるかもしれませんが、これについては正直、期待薄…。2014年に発売されたiPhone6に限っていえば値下げされるどころか、円安の影響で販売価格が値上げされたくらいです(値上げに加え、iPhoneが販売停止になった時期もありました)。

これがXperiaやGalaxyといった他のスマートフォンであれば発売開始数ヶ月で値下げもありえますが、AppleのiPhoneの場合には欲しい人が圧倒的に多い以上、なかなか値下がりしません。その証拠にこれからiPhone7が発売されようとしているにも関わらず、旧モデルのiPhone6が中古販売店で10万円弱で売買されているほどです(苦笑)*2

尚、さすがに販売開始後、1年半くらい経つと値下げ販売の対象とはなるので、「私はそれまで待てる!」というのであれば別ですよ。

iPhone7の予約に必要なもの:

ここまでお読みいただいたことで、なんとなくiPhoneの事前予約とはどんなものなのか?そしてどれだけ重要なのかについては、わかってもらえたかと思います。

ここで予約手順を紹介する前に、iPhone7を予約する上で必要になるであろうものや書類について念のため、解説しておこうと思います。SIMフリー版のiPhone7を購入する場合、新規契約をする場合、機種変更をする場合などで必要なものは違いますが、概ね、これらのものがあれば問題ないはずです*3

  1. 印鑑(新規契約、機種変更の場合)
  2. 身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
  3. 利用していた携帯電話(機種変更の場合)

文字だけだとちょっとわかりにくいので、auの公式サイトに機種変をする際に必要なものの画像があったので引用しておきます。このほうが非常にわかりやすいですね。

f:id:cardmics:20150911151108g:plain

最近では印鑑は不要な場合が多い:

「印鑑が必要」と書きましたが、最近では印鑑不要でサインだけでも新規契約&機種変更が出来る場合も多くなっていることを考えると、iPhone7の予約と購入をするために必要なのは、現在利用中の携帯と身分証明書くらいかもしれません。

あとSIMフリー版のiPhone7や7Plusをアップルストアで購入する場合には、これら3つともに不要。必要なのはiPhoneを購入するためのお金だけとなります(分割払いなどで購入する場合を除く)。

オンライン予約でiPhone7を注文した場合には:

あと、オンライン予約でiPhone7を注文した場合には、身分証明書はiPhoneが自宅に郵送されてきたタイミングか、auショップやドコモショップといった場所に店頭受け取りにいったタイミングで提示することになります。

そのため、せっかく発売日当日にiPhone7が入手できる予定だったのに、店頭に身分証明書を忘れて受け取れなかった…なんてことにならないように、事前に運転免許証やパスポート、健康保険証などの証明書を用意しておくようにしてください(予め、財布の中にいれておくなどすると安心ですね)。

iPhone7を予約する際に決めておきたいこと:

予約前の最後のステップがこれです。iPhone7を予約する際に、事前に決めておきたいものを並べておきます。

  1. 色・カラー(ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック)
  2. ハードディスク容量(32GB、128GB、256GB)
  3. 自宅受け取りか、店舗受け取りか

それぞれ、ざっくりと解説しておきます。

色については好きなものを:

iPhoneの色・カラーについてはどれにするか?ですが、個人的にはもう好きな色を好きなように選んでしまってOKだと思っています。

なにせiPhoneは多くの方がiPhoneケースに格納して使う場合が多いので、実際にはそれほど背面の色はどんな色でも気にならなくなるもの。そういった意味では、前面の色は背面の色よりも重要…とも言えそうです。

ジェットブラックだけは入荷待ちが長引く可能性大:

ただジェットブラックに関してはiPhone7から登場した新色なので、場合によっては注文が集中してしまう可能性があります。

こうなると予約開始日に予約したのに入手までには1ヶ月近くかかってしまう…ということにもなりかねないので、とにかくすぐにiPhoneを入手したいのであれば、ジェットブラックだけは避けたほうが無難かもしれません。それでも欲しいんだ…というのであれば、少しでも早く予約をするようにしてください(詳しくはどの色が良いのか?の記事も参考に)。

容量は自分のライフスタイルに合わせて:

同様に今度はハードディスクの容量は32GB、128GB、256GBのどれが良いか…です。

これを見て『自分にはどれが良いのかさっぱりわからない…』という方は、まず下記記事から先に読んでもらうとわかりやすいと思うので、そちらをどうぞ(iPhone6sの解説記事ですが、容量についての記事なので参考になります)。

予約が殺到するのはやはり真ん中の128GB:

その上でどの容量が良いのか?というと、とにかく早くiPhone7を確保したいなら32GBか256GBが無難。

例年の傾向でいうと、真ん中のモデルは品薄がかなり長引いたので、32GBか256GBを選んでおくと入手しやすいと思われます(下記は昨年10月上旬頃の在庫状況)。

f:id:cardmics:20141021233448j:plain

それでも32GBじゃ足りないよ…とか、256GBじゃ高すぎるよ…いう方は、やはり128GBモデルを早めに予約するのが最善かもしれません。早めに公式ショップから予約をいれておくようにトライしてみてください。

自宅受け取りか、店舗受け取りか:

3つ目がiPhone7の在庫確保後、それを自宅で受け取るか、店舗で受け取るかです。それぞれのメリット&デメリットを簡単に説明するとこんな感じですね。

利点・メリット:
  • 店舗受け取り:店員が丁寧に説明してくれる。発売日当日に受け取れる
  • 自宅受け取り:自宅にいながら受け取れる。機種変更の手続き変更が楽
欠点・デメリット:
  • 店舗受け取り:店員の説明が長い。また、順番待ちに時間がかかる。
  • 自宅受け取り:発売日当日の受け取りができない。店員に相談できない

どうしても発売日当日に入手したいという場合には、自分からソフトバンクショップやauショップといった場所に受け取りに行くしかありません(残念ながらNTTドコモはネット予約をした場合、店頭受取りができないようです)。

反面、別に発売日じゃなくてもいいやというのであれば、自宅で受け取ってしまったほうがいろいろと手間が省けて楽になります。

自宅への配送料は原則無料:

あと、気になる配送料ですが、ドコモもauもソフトバンクも、自宅配送に別途手数料は今年も不要。

加えてそれぞれのオンラインショップでは自宅受け取りを選択すると事務手数料が無料になったり、オンライン専用のポイント獲得キャンペーンなども実施されているので、なにかとオンライン予約→自宅受け取りがお得ですね(店頭で受け取るとその分だけ費用がかかりやすい)。

自分で機種変更手続きをすると凄く楽ちん:

ある程度、携帯電話の料金プランなどの仕組みを理解している方にとってみると、この自宅でiPhoneを受け取って機種変更手続きをするのって、ものすごく楽なんですよね。わずか15分程度の作業で旧携帯電話から最新iPhoneへと機種交換することが出来るので、店舗で店員の長々とした説明を受けながら1時間半くらいかけてやるよりもシンプルですっきりします。

  • 店頭受取り:説明を受けるのが面倒
  • 自宅受け取り:自分で手続きをするので楽

また、自宅受け取りのメリットとして、携帯電話の公式ショップだと無理やり付けられてしまう各種無料サービスを付けなくて済むというものも。あの最初の3ヶ月無料なので、この毎月500円の動画見放題サービスを付けておきますね…とか、このサービスをつけたら○○費用を無料にしますね…といったアレですね。

こういった特典を使う方にとっては別に問題ないのですが、全くつかってもいないのに数カ月後に解約を忘れて無駄な費用を請求されてしまった…ということにならないためにも、是非、自宅での機種変更手続きを検討してみてください。もちろん機種変に際してわからないことがあれば、更新手続き用のサポートセンターに問い合わせをすれば丁寧に教えてくれますよ。

大手携帯電話会社での予約方法:

http://www.flickr.com/photos/7940758@N07/5253845074

photo by MIKI Yoshihito (´・ω・)

前置きが長くなりましたが、各携帯電話会社別のiPhone7予約方法をまとめておきます。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどで契約をしているという方は、こちらを参考にどうぞ。

ソフトバンクで予約:

ソフトバンク携帯利用者に対する、iPhone7の予約受付は9月9日16時01分から予定されています。

iPhone7の予約方法としては主に2つ。

1つはソフトバンクオンラインショップでオンライン予約をする方法です。こちらはパソコンや携帯電話から、下記のオンラインショップに対して9月9日16時01分以降にアクセスをすると予約フォームが現れるはずなので、そちら経由で申込をしてください。

どんな画面が現れて、且つどこをクリックすれば予約ができるのかなどは、こちらの記事も参考にしてもらえればと思います。

尚、ソフトバンクオンラインショップでは自分の携帯電話番号と予約したい色と容量を選択するだけで予約できるので、だいたい1分もあれば予約が完了しますよ。

ソフトバンクショップに並んでもOK:

また、インターネット経由での予約だけでなく、店頭での予約受付も受付可能。ちなみに都心部ほど在庫不足が深刻で、地方だと比較的容易に予約&入手が出来ると言われていますが、今年はまだその予約状況は不明です。

携帯ショップに電話で予約も可能?

ソフトバンクショップに電話をすればiPhone7の予約をすることが可能なのか?といえばこれは原則として出来ません。iPhone7発売後、在庫に余裕が出てきたタイミングなどでは取り置きしてもらうことも出来るかもですが、発売日前の予約期間のうちに電話予約をすることは出来ないと思っておいたほうが無難です。

やはりパソコンやスマホなどから予約してしまうのが一番簡単なので、新しいiPhoneが欲しい方はソフトバンクオンラインショップ経由での予約をおすすめします。

NTTドコモで予約:

NTTドコモの携帯電話利用者に対する、iPhone7の予約受付は2016年9月9日16時01分から。ソフトバンクやauなどと同時刻に受付が開始されます。

予約方法は主に2つ。1つは下記のドコモオンラインショップ経由で予約する方法です。こちらはパソコンや携帯電話からアクセスをすることによってiPhone7やiPhone7 Plusを申込することが出来ます。

上記のドコモオンラインショップにアクセスをすればPCやスマホから簡単に予約をすることが出来ます。夜でも早朝でもいつでも申し込もうと思ったタイミングで予約が出来ますが、早めに予約をすればその分だけ早くiPhone7を入手できますよ。

尚、予約の手続きとしては若干時間がかかり、3分程度を想定しておくと良いでしょう。昨年はだいぶNTTドコモのサイトに負荷がかかり、予約受付開始直後は大変なことになりました。

ドコモショップに並んでもOK:

また、いたるところにあるドコモショップに並んでiPhone7の予約をしてもOK。

よほど都心にある店舗でもない限りはスムーズに予約手続きが出来ると思いますが、今年の予約状況としてはドコモが人気な感じがあるので、店頭に足を運ぶ時間があればネット経由で予約をいれておいたほうが良いかもしれません。1分1秒で差が付くのがiPhoneの予約です。

auで予約:

auでのiPhone7予約方法も、ソフトバンクやNTTドコモと一緒です。

予約受付開始時間は9月9日16時01分からauオンラインショップ、及びauショップの店頭にて予約を受付してくれます。

自宅にいながらiPhone7を予約したいという場合は、パソコンやスマートフォンなどから下記のauオンラインショップにアクセスしてください。

店頭手続きをする場合には早めにauショップに:

また、店頭でiPhone7の予約手続きをしたいという方は、auショップにその時間以降に行けばOK。ただ都心部にあるauショップだと最大50人規模の行列が出来る場合もあるので、とにかく早くiPhone7が欲しいのであれば並ぶ時間を早めるなどの対策をお願いします*4

反対に過疎部だとそれほど行列が出来た…という話は聞いたことがないので、いつ行ってもスムーズな予約手続きが出来ると思います(あくまで推測です)。

f:id:cardmics:20150911155614g:plain

auは画像付きで説明していてわかりやすい:

ソフトバンク、NTTドコモ、auと3社のiPhone予約画面を見てきましたが、その中でもauは上記画像のように絵で予約方法を解説しているのですごくわかりやすいですね。

予約方法にはネット申込→自宅で受け取る、ネット申込→店舗で受け取る、店舗申込→店舗で受け取る…という3種類があるんだなーというのが、この図解があるだけで一目瞭然でわかります。

SIMフリーのiPhone7を予約する:

http://www.flickr.com/photos/41266898@N04/6216021667

photo by atmtx

次にSIMフリー版のiPhone7を予約する方法です。こちらは携帯電話会社と通信契約を結ぶ必要性がないために予約から手元に届くまでの流れがシンプルですね。

ただ通話やメール機能をiPhone7で使うためには、楽天モバイルなどの格安SIMカードを入手しておく必要性がある点はご注意ください。

SIMフリーのiPhone7を予約:

SIMフリーのiPhone7やiPhone7プラスを予約したい方は、アップルオンラインストアでの申込が必要になります。

上記リンク先にアクセスをしてもらえれば購入画面が表示されるので、そちらを通じで申込をすれば予約完了となります(予約…というよりかは、アップルオンラインストアの場合には購入手続きですね)。

その後、9月16日以降に順次、購入したSIMフリーのiPhoneが発送され、自宅に届けられる…という流れ*5。前述のように携帯会社との契約がない分、購入の手続きや支払いについては非常にスムーズ&価格も明確に提示されているので安心さがありますよ。

アップルストア実店舗でも予約手続きは可能?:

アップルオンラインストアだけでなく、実店舗であるアップルストアに並んで予約をすることは可能なのかというと、こちらは予約ではなく販売のみになる様子。

そのため、9日の16時01分にアップルストア実店舗に並んでも、予約手続きは出来ないのでご注意ください。また、今年もたぶん発売日当日のiPhone販売はなさそうな感じです。

2015年9月11日の時点ではAppleStoreで予約を受け付けるか決まっていないとのこと。

Apple公式サイトでの発表が待たれますが、予約場所の発表が行われる明確な日時はわからないので、確実にiPhone6s(SIMフリー)を手に入れたい方はAppleオンラインショップでの購入が最も確実なようです。

アップルオンラインストアで予約して店頭受取りは可能:

あと、アップルストア店頭における予約手続きはできなくても、アップルオンラインストアで購入予約をし、発売日当日にアップルストア店頭で受け取る…ということは今年も可能です(ピックアップ予約)。

ただこちらも予約をした順に優先的にiPhoneの在庫がまわされていきますので、iPhone7の発売日に実機を入手したいという場合には、早めの予約が必要になってきそうな感じです。SIMフリーのiPhone7についても、とにかくスピード勝負…というわけですね。

私がiPhone6sを予約した流れ:

http://www.flickr.com/photos/91743381@N02/8424855398

photo by mrkwanten

併せて参考までに、私が過去、iPhone6sを予約→完了した流れについても書いておきます。

まず、私はソフトバンクオンラインショップでiPhone6からiPhone6sへと機種変更手続きを予約しました。正直、旧式の機種であるiPhone6の性能は満足していましたこと、そして機種代金の残債が残っていたためかなり機種変更については躊躇しましたが、この予約の流れの記事を作りたかったための決意の予約申込です(苦笑)。

16時1分に公式サイトにアクセス:

『とにかくiPhone6sを入手するなら早いほうがいい!』ということで、ソフトバンクオンラインショップが予約受付を開始する時刻である16時1分ちょうどにサイトにアクセス。その後、促されるままに自分の携帯番号、欲しいiPhone6sの容量、カラーを選択しました。

すると予約確認画面が表示され、そのまま予約完了ボタンをクリック。結果、下記の完了画面表示となりました。

f:id:cardmics:20150912160820g:plain

申込完了までわずか30秒の早業:

ちなみに自慢です。

今回、私が予約画面を表示させてから予約を完了させるまでにかかった時間はわずか30秒でした。その証拠は「お申し込み日時」を確認してもらえれば、9月12日の16時01分30秒という数字です(予約開始時間は16時01分00秒)。

まぁそれだけ例年に比べ、今回のiPhone予約時にはソフトバンクのサーバーは非常に安定していたということでもありますね。このようにたったこれだけの手順&時間でiPhone6sの予約は完了させることが出来るので、みなさんも早くiPhoneを確保したいのであれば面倒臭がらずに予約するようにしてください(予約は公式オンラインショップにて)。

ソフトバンクより予約完了メールが届いたのは2時間後:

予約開始から予約完了までわずか30秒…という早業で終わらせることが出来たものの、ソフトバンクオンラインショップより予約完了のメールについてはなかなか届きませんでした。私の場合、申込から2時間14分後の18時15分にやっと受信した形です。

  • 予約申込完了:16時1分
  • 予約完了メール受信:18時15分

まぁさすがに予約開始直後の混雑時間帯でもない限り、これから予約をする…という方に対しては完了メールもすぐ届くとは思いますが、予約直後にメールが届かなくても心配無用。たぶんそのうち受信するはずなので、予約完了ページがきちんと表示されたのであればゆったりと待ってくださいね(さすがに1日たっても受信しないようであれば予約完了できているかの確認を)。

iPhone6sの予約に関するQ&A:

http://www.flickr.com/photos/31167076@N07/5471047557

photo by WingedWolf

最後にiPhoneの予約に関して、よくある質問とその答えを書いておこうと思います。より詳しく予約方法について知りたい方は、こちらもじっくりとお読みください。

Q.予約後にカラーや容量を変更したいんだけど?

iPhone7をすでに予約したんだけど、気が変わってもっと大きな容量のほうに変更したい…という場合には、予約状況はどうなるのでしょうか?

これについては原則として並び直しになるケースが多いようです。ドコモ、ソフトバンク、auなどの大手携帯キャリアでは、大抵、予約のキャンセル→再予約を求めてくるのでご注意ください。当然、手元にiPhone6sが届くタイミングは大幅に遅れてしまうものと思います。

尚、32GB、128GB、256GBの容量はいったいどれが良いのかさっぱりわからない…という方は、下記記事なども参考にしてみてくださいね。

Q.iPhone7の予約後に、気が変わってiPhone7 Plusに変更したいんだけど?

iPhone7じゃなくて、やっぱり大きいサイズのiPhone7 Plusにしたい…という場合も、色や容量の変更をする場合と同様です。

予約申込のキャンセル→再予約が必要となってきますので、入手できるまでに更に時間がかかってしまうことになるでしょう(予約直後に変更する場合などであれば、それほどの差にはならない)。

尚、家電量販店などの一部のお店であれば、もしかすると予約内容の変更を受け付けてくれる場合もあるかもしれません。このあたりは各公式サイトにてご確認をいただければ幸いです。

Q.さっき予約完了したけど、その確認メールが返ってこない:

さっきiPhone7の予約を完了したんだけど、その確認メールが戻ってこない…という場合も多くなっています。

この原因は主に2つで、1つはiPhone7の予約開始直後の大混雑に付き、販売会社側のサーバーがパンクしているため。この場合には数時間から1日遅れなどで確認メールが届くのでご安心ください。

確認メール自体を送らない業者も:

もう1つはそもそも確認メールの送信を行っていないケース。

すべての業者が予約フォームに対して確認メールを送る仕様にしているわけではないため、『必ず届くはずだ!』と不安にならないようにしてください。大切なのはどちらにおいても、予約完了ページ(予約完了番号や日時など)を保存しておくことですよ。

ソフトバンクオンラインショップでは2時間遅れで届いた:

尚、私は昨年、ソフトバンクオンラインショップでiPhone6sを予約しましたが、申込完了から予約完了メール到着まで2時間以上かかりました。こんな風にどこも非常に対応が遅くなりがちなので、完了メールが届かなくても焦らないでくださいね。

Q.予約があまりにも簡単だったので不安だ:

iPhone7の予約をしてみたものの、自分が今利用している携帯電話番号と、欲しい容量&カラーを入力するだけのものだったので、ほんとうに予約できているか不安だ…ということ、毎年ながらこのiPhone予約時には発生します。

例えば昨年のソフトバンクにおける予約フォームがまさにそれで、わずか30秒で予約完了するのは良いものの、『ほんとうにこれで予約できたか不安だ』という方が続出。更にソフトバンクが本申し込みメールの発送を在庫入荷後にしか送らなかったことで、ネット上ではちょっとしたパニックになりました。

このように今年も似たような事態になる可能性は充分になるので、予約フォームがいくら簡単だったとしても、それほど心配せずにお待ちいただければと思います(予約完了画面がきちんと表示されていれば手続きは完了しているはずです)。

Q.料金プランがわからないままに予約するのってどうなの?

こちらも2014年にあった事例ですが、ドコモやソフトバンクといた大手キャリアが料金プランを設定しないままにiPhone6の予約受付を開始してしまう…ということがありました。

こういった場合、予約申込者は『料金もわからないのに申込をする』ということをしなくてはいけなくなるわけですが、それでも予約をすべきなのか、不安になってしまいますよね。

予約後にキャンセルすればOK:

個人的にはそういった場合であっても、予約をすることを推奨しています。理由は単純で、仮に料金プランに不満があった場合には、単純に予約をキャンセルすればOKなため。

もし予約もせずに料金プランの発表を待ってしまっていては、その分だけiPhone6sの入手が著しく遅くなってしまうので、とりあえず予約をしておく…というのが無難なのですね。

  • 料金プランが出るまでは予約を控える:入手が遅くなる
  • 料金プランが出る前に予約をしてしまう:入手が早い(不満があればキャンセル)

Q.自宅に届けてもらった場合、自分で機種変更って出来るの?

自宅宛にiPhone7を郵送してもらった場合、自分で旧機種から新しい機種に変更って出来るものなんでしょうか?

これについては私も経験したことがありますが、びっくりするくらい簡単に手続きを行うことが出来るので、ある程度、パソコンや携帯を使い慣れている方であれば問題なく対応できると思います。

機種変更用のヘルプデスクもアリ:

『いやいや、私、パソコンが苦手なんだけど?』という方もご安心ください。なぜならドコモやauといった大手電話会社には、自分で機種変更を行う方専用のヘルプデスクが用意されているので、そちらに電話をすれば手続きの方法を懇切丁寧に教えてくれるためです。

どうしても店員を前にして説明してもらわなくちゃ嫌だ…という方にはさすがに向いていませんが、電話サポートを受けられるならどうにかなりそうだ…という方であれば、わざわざ店頭まで出向かずに、自宅でiPhone7を受け取ってしまってOKだと思いますよ。

Q.ネット予約後、早く欲しいから近くの店舗でも重複予約してOK?

ソフトバンクオンラインショップでネット予約をし、その後、近くのソフトバンクショップでもiPhone7の予約をすれば、どちらか先に入荷したほうを契約するだけでOKだから、その分、iPhoneが早く入手できるかも…なんて考えている方、ご注意ください。

iPhoneの予約についてはあなたの今、利用している携帯番号が必要になるので、仮にネット予約後、近くの店舗に移動して予約手続きをしてしまうとネット予約のほうがキャンセルされてしまう結果となります。そうなると当然ながらむしろ、入手できるまでの期間が伸びてしまう可能性もあるので、重複申込だけは絶対にしないようにしてください。

同様にドコモオンラインショップで予約後にドコモショップにて予約や、auオンラインショップで予約後にauショックでも予約…というのもダメですよ。やらないほうがいい理屈は全く同じです(むしろ入手が遅くなってしまうため)。

Q.オンライン予約をするデメリットは?

スマホやPCからiPhone6sを予約するデメリットは何かないのか?というと、それは基本的にはありません。ソフトバンクやau、NTTドコモといった大手キャリアでは、いつでも予約をキャンセルすることが出来るので、予約してしまったから何がなんでもそこで買わなくてはいけない…というわけではないためです。

それでも尚、デメリットを知りたいという方のために、しいてあげるとするなら…というものを紹介しておきます。

  1. トラブルが発生してしまった場合にはメールや電話での問い合わせがメインとなるので、受け答えが遅い(店舗で相談も可能)
  2. 予約開始時は回線がパンクしてしまうことが多いので、ほんとうに予約できているか不安になる
  3. NTTドコモの場合にはネット経由で機種変更を申し込むと、店頭受け取りができない

それぞれわかりやすく解説していきましょう。

トラブル発生時にはやや面倒になる:

1番目はどこのサポートセンターも同じだとは思いますが、メール等で問い合わせをしたとしてもなかなか返信が返ってこないというもの。

予約行程においてなんらかの不備やトラブルに巻き込まれる可能性は極端に低いものの、たとえば二重に申込をしてしまったり、申込番号を間違ってしまった場合などには、あの嫌なメールや電話の待たされ方をするかもしれません。

申込できたかどうか不安になる方も:

2番目は昨年も発生してしまいましたが、予約ができているか不安になる方が続出する点。これについては店舗で予約手続きをすれば完了していない…なんて不安は感じないものですが、オンライン予約ならではの「もしかしたら予約できていないかも?」という不安感が残ってしまう場合があるのですね(苦笑)。

  • 店頭で予約手続き:完了したことがわかりやすい
  • ネットで予約手続き:完了したことがわかりにくい

不安症な方は、ちゃんと予約完了画面をプリントアウトするか、画面キャプチャするなどして保存しておくなど、対策をしておけば大丈夫ですよ。

NTTドコモのオンライン予約は店頭受取できない:

3つ目はNTTドコモのオンラインショップで機種変更を依頼する場合には、自宅受け取りのみの対応となってしまうということ(昨年の事例)。どうやらドコモショップ店頭での受け取りは出来ないようなので、自宅にiPhoneを郵送してもらうしかないみたいです。

どうしても店頭でiPhone7を説明されながら受け取りたい…という場合は、ドコモショップ店頭でiPhone7を予約するようにしてくださいね。

Q.11月に機種変したいんだけどiPhone7を予約すべき?

11月や12月にiPhone7に機種変したいんだけれど、今から予約すべきか…といえば、これについてはたぶん予約をしなくても全く問題はないと思います。

さすがに11月頃になればiPhoneの生産国でなんらかの問題でも発生しない限り、在庫にある程度の余裕が出てくるので、その際に複数のドコモショップやソフトバンクショップなどを回ればOKのはず。

また、オンライン予約をすれば在庫切れの場合でも1~2週間程度で在庫確保は可能なので、心配な方は10月下旬くらいにオンラインでiPhone7の在庫を抑えるようにすれば大丈夫だと思われます(11月に機種変をする場合)。

当記事では引き続き予約状況を公開していくので、気になるようであれば定期的にチェックしにきてくださいね。

さぁiPhone7を予約しよう:

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/15709720925

photo by Janitors

以上、iPhone7の予約方法をわかりやすく解説!販売開始日時から手続きに必要なものまで、これを読めばiPhone7の事前予約が全てわかる…という記事でした。

当サイト「SONOTA」では引き続き、iPhone7の予約状況や在庫状況を記事にしていくので、iPhone7が欲しいという方は是非、ブックマークするなどしてまた読みに来てくださいね。

etc.hateblo.jp

*1:それでもオンライン予約をしておいたうえで、当日並ぶとかにしたほうが良いですね。予約は簡単にキャンセルが出来るので、当日在庫が手に入った場合には予約キャンセル、手に入らなかった場合にはそのままオンライン手続きをして入手…といった方法がおすすめです。

*2:SIMフリーのiPhone6の価格帯です。ソフトバンクやドコモといったiPhone6についてはもう少し値崩れしていて、3万円~5万円前後で売買されているみたいですね。

*3:ナンバーポータビリティ制度を利用した携帯電話会社の変更をする場合には、更にMNP番号などが必要になります。こちらを説明するとかなり長くなってしまうので、今回の記事では割愛させてください。

*4:旗艦店だともう少し、多くの方が並んでしまう可能性がありますね。

*5:自宅でのiPhone受け取りだけでなく、アップルストアでの実店舗受け取りも可能になるはずです。銀座、渋谷、表参道、仙台、札幌、名古屋栄、心斎橋、福岡天神などにお住まいの方はこちらもご利用ください。発売日当日は賑わいを楽しむことができると思います(例年通り、外国の方が押し寄せてる可能性もありますけどね…)。