SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

初心者向けにざっくり解説!iPhone6sの容量(16GB、64GB、128GB)は、どれを選んで良いのかわからない方向けのヘルプ記事。

http://www.flickr.com/photos/92921037@N00/4732700819

photo by Jorge Quinteros

パソコンとかIT分野に詳しい方であればともかく、一般的な消費者にとってiPhone6sの16GBとか64GBとか128GBってなんだかさっぱりわからないもの。とりあえず16GBのものが一番値段が安いことはわかるのだけれども、それじゃそれを購入しても良いのか?不安になってしまうものですよね。

そこで今回はiPhone6sの容量について初心者向けにざっくりと解説をしてみたいと思います。敢えて詳しく解説せず、わかりやすさのみを追求した記事にしていますのでご容赦ください。

iPhone6sの容量はどれが良いの?

iPhone6sの容量はどれが良いのか、わかりやすく分類するとこんな感じになります。

16GBの容量モデルでOKな人:

  • 通話やメールが出来れば携帯電話は満足
  • 携帯電話で写真は滅多に撮らないが、たまに撮影もする
  • スマホゲームは大好きだが、1つか2つあれば充分
  • 正直、携帯をあまり使いこなしてはいない

64GBの容量モデルがおすすめの人:

  • 写真の撮影が大好き!とにかく写真を撮りたい
  • FacebookやTwitterでSNSで写真の共有をするのが好き
  • アプリ大好き。とりあえず面白そうなものはダウンロードしたい
  • iPhone6sを音楽プレーヤーとして使いたい

128GBの容量モデルがおすすめの人:

  • 写真の撮影だけじゃなく、動画も撮影したい!
  • アプリ超大好き!面白そうなものは全てダウンロードしたい!
  • 仕事でiPhone6sを使いたい!仕事用のファイルなどを入れておきたい
  • iPhone6sの中に好きなアーティストの曲は全部いれたい!

こんな感じです。

16GB、64GB、128GBの容量を選ぶ基準としては読んでもらったように、写真や動画をどのくらい撮影するか?そしてアプリをどのくらいダウンロードするか?というところにかかっている…という感じ。

反面、メールをする頻度や通話の頻度、そして連絡先の登録数などについてはあまり容量に影響を与えることはないので、気にしなくてもOKだと私は思います。

要するにiPhoneの中にどれだけなにかを保存するかどうか…が、容量選びにおいては重要なのですね。ただ単に電話やメールをする機会が多いだけであれば、16GBで充分です。

人気の容量モデルはどれ?

http://www.flickr.com/photos/11904001@N00/3785999082

photo by t0msk

『そうは言ってもどれを選んでよいのかまだ不安だ…』という方は、多くの方が選んでいるハードディスク容量を選ぶ…というのもひとつの手。

iPhone Maniaというサイトが実施した1000人規模のアンケートによると、iPhone6sでは64GBを選んだ方が圧倒的に多く、iPhone6s Plusでは64GBと128GBモデルが同じくらい人気があったようなので、このあたりを参考にして容量を選んでも良いかもしれません。

欲しい機種別に人気の容量をみると、iPhone6sでは64GBが62.9%と一番人気なのに対し、iPhone6s Plusでは128GBが49.8%と約半数で一番人気、64GBが45.3%と僅差で続いています。iPhone6s Plusユーザーは、よりハイスペックなモデルを好む傾向があるようです。

各種、容量モデルを選んだ数値としては下記の通りです。

iPhone6sの人気容量:
  • iPhone6s 16GB:6.7%
  • iPhone6s 64GB:62.9%
  • iPhone6s 128G:30.4%
iPhone6s Plusの人気容量:
  • iPhone6s Plus 16GB:4.9%
  • iPhone6s Plus 64GB:45.3%
  • iPhone6s Plus 128GB:49.8%

こう見ると16GBモデルの不人気さがわかりますね。iPhone6s、iPhone6s Plusともに、真ん中の容量である64GBが人気が高いと言えます。

加えてiPhone6sからはハードディスク容量を使用する写真&動画機能が強化されたので、16GBでは足りないという思っている方が多いのかもしれませんね(iPhone6発売時の人気状況はこちらの記事を参考に)。

私は16GBモデルを選択:

ちなみに私はどのiPhone6sを予約したのか?というと、実は一番人気のない16GBモデルを選びました。理由は単純で、あまり写真撮影や動画撮影をする予定がないことに加え、アプリもあまり使わない傾向にあるためです。

実際、旧モデルであるiPhone6の16GBを今、この瞬間も利用していますが、16GBで不便に思ったことは一度もありません。容量が足りなくなるのはこのように、写真や動画が大好きな方か、もしくはアプリ大好きな方なので、そうではないというのであれば値段も安い16GBモデルで良いと思いますよ。

iPhone6sは公式ショップで購入できる:

http://www.flickr.com/photos/42587963@N05/4096799964

photo by GONZALO BAEZA

尚、iPhone6sはパソコンやスマホからも予約&購入をすることが出来るので、自宅から予約をしてみたい…という方は、あなたが現在利用している携帯電話会社の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

受け取りは自宅への郵送だけでなく、お近くの携帯電話ショップでも可能ですよ。以上、初心者向けにざっくりと解説!iPhone6sの容量(16GB、64GB、128GB)は、どれを選んで良いのかわからない方向けのヘルプ記事でした。

参考リンク:

その他、iPhone6sに関する情報をもっと知りたいという方は、下記記事なども参考にどうぞ。難しい言葉を使わずに、解説しているつもりですよ。