読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ホールインワン保険を狙った詐欺で、プロゴルファー3人が逮捕!…とはいえ、詐欺を立証することは難しいでしょうね、これ。

国内ニュース 事件

http://www.flickr.com/photos/25342671@N07/2932650574

photo by Tord Sollie

ホールインワン保険を狙った詐欺で、プロゴルファー3名が逮捕されました。『ホールインワンが入った!』と偽った報告を保険会社にし、100万円を指定口座に振り込ませた容疑です。

3人の逮捕容疑は、三田市内のゴルフ場でホールインワンをしたと偽り、5月16日に保険会社に虚偽の報告書や領収証を提出し、同21日に口座へ保険金100万円を振り込ませた疑い。3人は「ホールインワンをしたので詐欺ではない」と否認しているという*1。 

周りへの立証だけでOKなゴルファー保険:

結局のところ、ゴルファー保険って周りへの立証さえ可能であれば認められる保険というのは落ち度ですよね。

本来はキャディー同伴でなければ利用できないなどのルールがありますが、プロゴルファーであれば自分自身がキャディー役としてゴルフ場で働いているケースも多いので、そのあたりをうまく「悪用」したのではないかなと思われます。仮に詐欺であるのならば、プロならではの手法だと言えそうです。

ゴルファー保険は、ホールインワンなどを達成した際、同伴プレーヤーなどの証明、周囲への記念品購入や祝賀会開催の領収書を提出すると、保険金が支払われる。

同署によると、今年4月以降、同容疑者らの申請が複数回あり、不審に思った保険会社が6月上旬、同署に相談していた。

ホールインワンをしていない立証は難しい:

http://www.flickr.com/photos/25342671@N07/2931784937

photo by Tord Sollie

どちらにせよ、本人たちが『ホールインワンだった』と言い張れば、ホールインワンになってしまうわけですから、詐欺を立証するのは難しいんじゃないかな?と思います。なにせホールインワンが1年に数回出る確率はゼロじゃないですからね、検察がどう立証するかにも注目していきたいです(それにもかかわらず実名報道しちゃうのはちょっと酷いかもと思います)。

以上、ホールインワン保険を狙った詐欺で、プロゴルファー3人が逮捕…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードの中にはゴルファー保険が最初から付帯されているカード…なんていうものがあります。これらのカードを保有していれば、仮にゴルフ中にホールインワンを達成してしまった場合でも安心ですよ(詳しくはプラチナカード特集あたりで)。

cards.hateblo.jp

*1:実名報道でしたが、名前の部分を『3人は』という表現に変更させてもらいました。あくまで容疑者なので、実名で記載する理由はないと判断したためです。