SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

Link Within設置で直帰率が改善する!?多くのはてなブロガーが抱えている、直帰率を下げる効果があるかもしれません。

http://www.flickr.com/photos/7958754@N03/8432603557

photo by Jiri Brozovsky

はてなブログ運営者なら、一度は悩んだことがあるであろう直帰率の高さ。

SEO対策に強いレンタルブログサービスのため、放っておいても検索エンジンからたくさんの人が入ってきてくれるのは確かに魅力…なんですが、関連記事を表示する機能がそわっていないために、多くの方が1ページを見ただけですぐに出て行ってしまう状況になります。

結果、なかなかPV数が伸びない苦悩を抱えている方は多いのではないでしょうか?(当然、私もその一人です)

Link Withinで直帰率改善:

そういった方にお薦めしたいのがLink Within(リンク・ウィズイン)。

これを利用するとその記事に関連する記事を記事下に表示してくれるようになるので、1ページだけでそのまま出て行ってしまった方をうまく捉えられるようになるとの触れ込み。確かに記事下に関連記事が出るようになれば、『ぉ、これも読んでみようかな?』という気になるのは一理ありますよね。

設置方法やその効果については、下記の記事がわかりやすいので参照してみてください。

LinkWithinのデメリットは2つ:

個人的に思うLink Withinのデメリットは主に2つ。

1つはスマホから見た時の表示がちょっとアレな感じになってしまうという点。正直、PC閲覧時用のサービスに近いものがあるので、スマホ閲覧時には表示自体を消してしまうほうが無難かもしれません。

2つ目は当サイトのようなタイトルが長い記事の場合には、表示がヘンになってしまうという点ですね。簡潔なタイトルをつけているブログであれば有効活用できそうですが、長いタイトル記事の場合にはa:hover時に見難い表示になってしまいます。

…というように、Link Withinは完璧なサービスでないのが痛いところですね。

はてなブログが公式で対応してくれる日を待つ:

http://www.flickr.com/photos/17186526@N00/429613253

photo by Evan Sims

結局、こういったサービスに頼らざるを得ないのは、はてなブログが公式機能として関連記事表示が出来ないため。

他のレンタルブログでは当然のサービスではあるんですが、はてなでは未だに対応してくれていないので、Link Withinのような外部サービスを使って無理矢理、直帰率を下げるしかない状況なんですよね。

理想は言うまでもなく、こんな苦労をしなくても公式として対応してくれれば良い話…なので、はてなには早めの機能供給をお願いしたいものです。なにより、はてなブログ全体のアクセスアップにも繋がるはずですしね。

以上、Link Within導入で直帰率は下がるかも?という話題でした。