読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

Googleの検索結果って通常、2行までしかタイトル表示しないのに、4行表示になっていてビビった話!むしろ長すぎてクリックされなそうです。

先ほど、ふと『クレジットカード』というキーワードをスマホから検索してみたんですが、検索結果におけるタイトル文字列が通常の2行ではなく4行になっててビビりました(下記がその証拠画像)。

f:id:cardmics:20170108190455g:plain

むしろタイトルが長すぎてクリック率が落ちちゃうんじゃないか?と思うくらいの長さなわけですが、これってSEO対策を考える上では面白い変化になるんじゃないのかなと。個人的にそう思うのです。

長いタイトルを認め始めたGoogle:

従来、GoogleのSEO対策を考える上では、「タイトルタグは長くしすぎてはいけない」という原則がありました。

人によって32文字とか34文字とか、意見はバラバラでしたが、そのくらいの文字数に収めるのがSEOの基本の基本。それ以上に長い記事タイトルを付けるとGoogleからペナルティを受けるとか、狙っているキーワードで上位表示されないんじゃないか…なんて言われることすらあったと思います。

長いタイトルしか付けたことがない当サイト:

反面、当サイト『SONOTA』や、私が運営している別サイト『クレジットカードの読みもの』では、サイト開設当初からその原則を無視して長いタイトルを付けるようにしていました。

個人的にはこのほうがSNSにおける拡散効果があるんじゃないか?とか、検索需要をうまく汲み取れるんじゃないか?という思惑があったためですが、心の隅っこのほうでは「いつか長過ぎるタイトルでペナルティを受ける可能性もあるのかも」と心配していたものです(苦笑)。

しかし、今回のGoogle側の変更を見る限りだと、私がやっていたことは決して間違っていなかった模様。実際、4行ものタイトルを表示させることにどのような意図があるのかはまだわかりませんが、Googleが今後、長いタイトルを認めていく流れであることはどうやら間違いがなさそうな気がしますね。

全タイトル表示はテスト中な模様:

ちなみにこの他にもキャッシング、消費者金融、FX、マンション、マイル、iPhoneなどなどのビッグキーワードで検索をかけてみましたが、タイトルの全文表示を他に見つけることが出来ませんでした(「クレジットカード」についても全タイトル表示の時もあれば2行のみの場合もあり)。

まぁ当サイトのような長いタイトルタグを入れるサイトはそう多くはないので、表示されるものを見つけるのが困難なのかもしれませんが、とりあえず面白い変化だなと思ったので記事にさせていただきました。他にも全タイトル表示されるキーワードがあったら、是非、教えていただければなと思います。

以上、Googleの検索結果って通常、2行までしかタイトル表示しないのに、4行表示になっていてビビった話!むしろ長すぎてクリックされなそうです…という雑談でした。

参考リンク:

私が過去に書いた、ブログマネタイズの方法については下記記事を参考に。愚直なまでにこれを繰り返せば、誰でも一定の金額以上を稼げるようになりますよ。 

etc.hateblo.jp