SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

2014年7月から9月のGDP速報値は、年率換算でマイナス1.6%。消費税を増税するかどうかの判断が、より難しくなりましたね。

f:id:cardmics:20170616220008j:plain

2014年7月から9月期の国内総生産(GDP)の速報値は、どうやら年率換算でマイナス1.6%と散々な結果になってしまったようです。

内閣府が17日発表した平成26年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・4%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1・6%減となった。マイナス成長は2四半期連続で、民間予測平均の年率2%前後の増加を大きく下回った。

消費税増税は先送り?

このGDP発表を受けて消費税を増税するかどうかを安部総理が判断する…という話でしたが、さすがにGDPがマイナスの状態で増税という流れに持っていくのは難しいのではないでしょうか?8月頃の天候不順などがあったとはいえ、日本経済の景気はまだまだ、悪い状態が続いているようです。

問題は日銀総裁の黒田氏との関係:

消費税増税を先送りすることの問題点としては、日銀総裁の黒田氏との関係ですよね。

日銀としては増税を後押しする形でQQE2(2回目の量的緩和)を行った。それにも関わらず、GDPの速報値が悪いからと安部総理が増税を先送りにしてしまえば、信頼関係にもヒビが入ってしまうように思います。

いろいろな人のいろいろな思惑が絡み合った今回の消費税増税判断。さてさて、どうなることやら…ですが、できれば自分たちのメンツよりも日本経済がより盛り上がる方向性を真剣に議論してほしいなと思います。

以上、2014年7月から9月のGDP速報値は、年率換算でマイナス1.6%。消費税を増税するかどうかの判断が、より難しくなりましたね…という国内ニュースでした。

参考リンク:

経済のニュースを読んでもよくわからない…という方は、下記の初心者向けの入門書をまとめた記事をご覧ください(他サイト)。経済や金融に強くなるキッカケになりますよ。

news.cardmics.com