SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ビー玉が延々と転がり続ける、夢の永久機関がついに完成?ほんとにこれ、どうやって動いているんでしょうか…。

ビー玉が延々と転がり続ける、夢の永久機関とも言える動画が話題になっていますね。これ、まったくタネがわからないんですが、どんな仕組みがこういう風に見えているのでしょうか?

興味がある方は是非、下記動画を1分40秒あたりからご覧ください。驚くほどスムーズに、ビー玉が転がり続けてます。


Perpetual motion machine? 永久機関を作ってみた。 - YouTube

いやはや、凄いの一言です。

永久機関とは?

http://www.flickr.com/photos/22909400@N00/2160197879

photo by NicFitKid

ちなみに永久機関とは、Wikipediaで調べるとこういうものです。動力がない状態で、延々に動き続けることが出来るもの…と理解しておけばまず間違いありませんね。

永久機関(えいきゅうきかん、英: perpetual motion machine)とは、外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。

(中略)

これが実現すれば石炭も石油も不要となり、エネルギー問題など発生しない。18世紀の科学者、技術者はこれを実現すべく精力的に研究を行った。しかし、18世紀の終わりには純粋力学的な方法では実現不可能だということが明らかになり、さらに19世紀には熱を使った方法でも不可能であることが明らかになった。永久機関は実現できなかったが、これにより熱力学と呼ばれる物理学の一分野が大いに発展した。 

以上、ビー玉が延々と転がり続ける永久機関がついに完成?…という雑談でした。ほんとタネがまったくわからないので、どなたか答えを教えて下さい。