読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ブロガーとしての信頼を高めることができる、Twitterアカウントを作るべきか迷う!今後は「完読率」が重視される時代になるかもです。

Twitter

従来、頑なにTwitterやFacebookといったSNSによる発信をしてこなかった私。

正確には最新記事を告知する用のTwitterアカウントは保有していますが、これは単純に新着記事を知らせるためのRSS代わりの役割しか果たしていないので、本当の意味でTwitterを活用出来ているとは言えません(下記のアカウント)。

これから先は「完読率」が重視される?:

まぁそれでも今まではどうにかこうにか、サイト運営をしていくことが出来ていたわけですが、2017年2月から3月にかけて行われたGoogleのアップデートを考えると、今後は従来よりももっと、誰が書いた文章でどれだけそれがしっかり読まれたのか…ということが重要視されそうな気がするんですよね。

特にGoogle神は離脱率や滞在時間を重視するようになってきているので、質の高い記事を書き続けることだけではどうにか出来なくなりそうな感じ。

要するに「この人が書いている記事だからこそ、最後まで読んでみよう」、そんな風に思ってもらえるようなセルフプロデュースが必要になってくるんじゃないか、そう思うのです。

  • 中身が濃いだけの記事:
    中身は濃くても発信者に信頼がないので最後まで読まれない可能性もある
  • 中身が濃く、発信者に信頼のある記事:
    「この人が書いているならば…」と、最後までしっかり読んでもらえる可能性大

Twitterアカウントはファンも作る:

また、重要なことを呟くTwitterアカウントを作ることは、自分自身のファンを作ることにも繋がります。

実際、ブロガーとして有名なヒトデ氏や、凄腕アフィリエイターのクロネコ屋氏や付利意雷布亜氏などは、Twitterの使い方がうまいですよね。

また、なにかと有名なイケダハヤト氏もTwitterのフォロワーが多いことが、記事の拡散力=ブログ価値アップに繋がっている可能性大。

このようにTwitterを活用すればこれから先に訪れるであろう、ブログ苦難の時代を乗り切る力になると思うので、前述の完読率うんぬんの話とあわせて作るべきかを悩んでいる…というわけです。

何をつぶやくかもまた問題:

twitter-logo

加えてもうひとつ。

Twitterアカウントを新しく作ったとしても、果たしてなにをつぶやくべきか…というのもまた問題。

クレジットカードや電子マネーのことをつぶやくなら、すでに保有してるTwitterアカウントで十分なので、そちらを活用すれば良いだけの話ですよね。

しかし、クレジットカード系のツイートで有名な猫頭氏のTwitterアカウントでもフォロワーの数は2,000人ちょっと。正直、マニアックなクレジットカードの話をしたところで、どこまで需要があるかはわかりません。

そのため、やるならクロネコ氏や付利意雷布亜氏のように、SEOやアフィリエイト周りのツイートをするのが良いのかも。まぁ私風情のツイートにどこまで需要があるかは疑問ですが、うまくいけば5,000人程度のフォロワー獲得も夢ではないのかもしれないので、やる価値はありそうです(でもこれだとクレジットカード記事の完読率を高めることは出来ない)。

さてさてどうしたものか。もう少し、悩んでみたいなと思います*1

以上、ブロガーとしての信頼を高めることができる、Twitterアカウントを作るべきか迷う!今後は「完読率」が重視される時代になるかもです…という話題でした。

参考リンク:

WEBサイトやブログのアクセスアップに関する情報は下記記事も参考に。検索順位チェック等に役立つツールも紹介していますよ。

i.sonota.biz

*1:まぁアフィリエイトの話題やSEOの話題は、このサイト『SONOTA』ですればいいだけ…という話もあるんですけどね。だから余計に迷ってます。