読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

DMMモバイルのSIMカードなら、容量オーバーで低速通信になってしまった場合でも『バースト機能』でサクサク表示可能!

http://www.flickr.com/photos/82365211@N00/4011272794

photo by kalleboo

DMMモバイルのSIMカードは、1GB、3GB、5GBといったように、データ通信量に合わせて月額の料金を決める形になります。

しかし、いざ1GBで契約をしてみたものの、月間のデータ通信量が多くなってしまって容量オーバーしてしまった…なんてこと、よくある話。そういう時には残念ながら高速LTE通信が終了して低速通信へと切り替わってしまうわけですが、実はそんな場合でもDMMモバイルには大きなメリットがあります。

DMMモバイルにはバースト機能あり:

それがDMMモバイルのバースト機能。

バースト機能とは下記のように、低速通信になってしまっている場合でも、最初のほんのちょっとを高速通信で利用させてもらえるサービスのことです。

f:id:cardmics:20150208160837g:plain

単純に比較するとこんな感じですよね。

  • 他社のSIMカード:低速通信のみの提供
  • DMMモバイルのSIM:低速通信にバースト機能あり

これならスマホを使いすぎてしまって低速通信に切り替わってしまったとしても、他社のSIMを使うよりもまだ、ウェブサイトの閲覧などがしやすいはず。さすがに動画などは同様に閲覧が難しいとは思いますが、ツイッターやフェイスブックといった比較的軽めのサイトであれば、他社SIMカードよりも圧倒的にサクサクと表示してくれることでしょう。

料金が同じくらいならDMMモバイルのSIM:

以上、DMMモバイルのSIMカードなら、容量オーバーで低速通信になってしまった場合でも『バースト機能』でサクサク表示可能…という話題でした。

料金が同じようなSIMカードで迷うことがあったら是非、DMMモバイルのバースト機能を期待して、こちらを契約してみてくださいね。低速時に感謝すること間違いなしですよ。