読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

デザインリニューアルの成果はなぜか、デザイン変更直後は出にくい?直帰率悪化、滞在時間悪化、セッション数も悪化と全てダメな状況です。

http://www.flickr.com/photos/93243688@N00/361664198

photo by Austin Kleon

先日デザインリニューアルをした「クレジットカードの読みもの」。この成果はどうなのかというと、現時点ではあんまり芳しくない状況ですね。ざっくりまとめるとこんな状況です。

  • 直帰率:悪化
  • 滞在時間:悪化
  • ページ / セッション数:悪化
  • モバイルに絞ったデータ:悪化

まぁ狙った効果がどれも達成できていないどころか、すべての項目で悪化しているという散々な状況…。仮に現時点で結論を出すのであれば、デザインリニューアルは完全に失敗したことになります。

過去のリニューアルの経験からすると:

ただこれ、過去に私が行っていたいくつものサイトのWebデザインリニューアルにおいても、なぜかよくわからないんですが、リニューアル直後はデータが悪化するという傾向にありました。

まぁ使い慣れたデザインが変わってしまった、今まで使っていたあのメニューがどこに移動したのかわからない…などなど、リニューアルというものにはある程度の弊害は付きものなので、そういう負の側面がリニューアル直後には出やすいのかもしれませんね。

加えて時期的にも7月下旬ですから、どこの企業もお盆前は忙しい&大学生は夏休みに突入ということで、データが悪い方向にブレる可能性もありそうな感じです。

1ヶ月くらいは試行錯誤しながら見守る予定:

そのため、少なくとも8月いっぱいくらいはデータを取り続けてみたいと思っています。このままもし8月下旬になってもデータがよくなってこないようなら、かなり残念ではありますが第2回目のデザインリニューアルは中止して、元のデザインに戻すなども一案なのかもしれませんね。

以上、デザインリニューアルの成果はなぜか、デザイン変更直後は出にくい?直帰率悪化、滞在時間悪化、セッション数も悪化と全てダメな状況です…という雑談でした。