SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

クラフトビールの次はクラフトバーボンが来る!?少量生産のバーボンウイスキーを購入して、プレミアムな高級バーボンを味わおう。

http://www.flickr.com/photos/27515494@N02/3129459100

photo by SnaPsi Сталкер

2014年にブームになったクラフトビール。

クラフトビールとは日本語でいうところの「地ビール」という意味ですが、2015年はもしかするとそのウイスキー版であるクラフトバーボンが話題になるんじゃないか?…という記事が、共同通信社から出ていたのでそれを紹介させてもらいます。

そのクラフトビールに続く、トレンドアイテムとして注目されるのがクラフトバーボン。(中略)

少量生産で、つくり手のこだわりのもとに生まれるクラフトバーボンは、そのバーボン・ウイスキーの魅力を色濃く受け継いでいる。バーボン・ウイスキーの中でも、厳選した最上級の原料を使い、仕込みから蒸留、貯蔵までこだわりぬいた逸品だ。生産数量が限定されるため「スモールバッチ(小ロット)」とも呼ばれ、〝手作り〟〝高品質〟といったコンセプトのもとに生み出される風味は、一般のウイスキーとはひと味も、ふた味も違う。

バニラやカラメルを彷彿とさせる甘い芳香や上品なコク。バーボン・ウイスキーの魅力を存分に堪能できることは間違いない。

バーボンとは?という方への解説:

『ウイスキーはわかるけれども、バーボンって何?』という方のために、バーボンウイスキーの説明も引用しておきます(下記引用部分を参照)。

ざっくり解説すると、バーボンとはアメリカで主に作られているトウモロコシが主原料のウイスキーのこと。有名な銘柄としてはワイルドターキーやアーリータイムズなどがあるので、バーボンという言葉に馴染みがないとしても、大抵の方はバーボンを1度くらいは飲んだことがあるはずです(他、フォアローゼス、IWハーパーなど)。

世界で高い評価を受ける「5大ウイスキー」の1つに数えられる「アメリカンウイスキー」の中でも、原料にトウモロコシを51%以上使用し、内側を焦がしたオークの新樽で熟成させたものが「バーボン・ウイスキー」。

その製法や、産地ケンタッキー州の気候により、オーク材の特徴を強く取り込んでおり、甘い香りと深いコクが魅力だ。 

クラフトバーボンの魅力:

そんな地ウイスキーとも言えるクラフトバーボンの魅力は、少量生産ならではの、こだわりや品質がある点。

主に手作りで作られるクラフトバーボンはその分だけ手間ひまをかけられて作られる傾向にあるため、大量生産されたバーボンウイスキーとはまた違った味わいを楽しむことが出来るようです。いくつか参考までに、代表的な銘柄を紹介させてもらいますね*1

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

リンカーン大統領が育ったケンタッキー・ヒルにある、小さな川の名前が付けられたクラフトバーボンです。低温と高温で2度焼きをしたオーク材の樽で9年も熟成されているので、香り深いアロマと味わいを楽しむことが出来ます。

いい意味でバーボンっぽくない味わいなので、クラフトバーボンを初めて買う方にもおすすめ。クラフトバーボンとはどんなものなのかをまずはここから味わってみてください。

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

 

バーボン ウイスキー ベイゼル ヘイデン 750ml

ハイボールでクラフトバーボンを楽しみたいのであれば、ベイゼルヘイデンがおすすめ。これぞ少量生産のクラフトバーボンというボトルデザインも魅力的ですね(プレゼントなどのギフトに向いているかも?)。

ロックで飲むと、はちみつやらハーブやらの匂いが混じっている感じの、なんとも言えない香りがします。それにもかかわらず、飲んでみるとすっきりとした後味があるので不思議な感覚を受けますよ。女性の方に人気のクラフトバーボンでもありますね(アメリカなどでは今、売上が伸びているクラフトバーボンの人気銘柄です)。

バーボン ウイスキー ベイゼル ヘイデン 750ml

バーボン ウイスキー ベイゼル ヘイデン 750ml

 

バーボン ウイスキー ブッカーズ 750ml

3つ目がブッカーズ。こちらは今回おすすめしているクラフトバーボンの中でも、一番アルコール度数が高いバーボン・ウイスキーです。

テイストとしては濃厚な感じのキャラメルテースト。バーボンらしい味わいといえばそんな感じで、後味もまったりと残る感じが印象的ですね。ロックやストレートでクラフトバーボンを味わいたい方は、こういった銘柄を選ぶと良いでしょう。

尚、ブッカーズが届く際には専門の木箱に入って届けられるようになっているので、自宅用にするのはもちろん、誰かへのプレゼントに使うというのもおすすめの銘柄です。

また、ブッカーズはシングルモルト。樽によって味わいが違う無濾過のバーボンなので、ある程度の当たり外れがあるというのも楽しめます。是非、こだわりのウイスキーが好きな方にこのクラフトバーボンをプレゼントしてあげてください。

バーボン ウイスキー ブッカーズ 750ml

バーボン ウイスキー ブッカーズ 750ml

 

以上、クラフトビールの次はクラフトバーボンが来る!?少量生産のバーボンウイスキーを購入して、プレミアムなバーボンを味わおう…という話題でした。

特選バーボン…といっても、販売価格自体は4,000円~6,000円程度とそれほど高いものではないので、美味しいバーボンを飲んでみたいという方は気軽に購入してみてくださいね。1瓶1,000円程度のバーボンとは、また違う味わいや深みを感じられること、間違いなしですよ。

関連リンク:

共同通信社以外にも、クラフトバーボンの記事は増えています。どうやらジムビーム社とサントリーが一体になり、クラフトビールの成功に続けとばかりに『クラフトバーボンブーム』を創りだそうとしている感がありますね。

仮に彼らの戦略通りとなるのであれば、2015年後半には品薄&価格高騰になる可能性もありそう。クラフトバーボンはもともと限定色の強い少量生産のため、品切れになってしまったら入手は極端に難しくなりそうですよ。

2014年、販売数量世界一の「ジムビーム」のビーム社をサントリーが買収したことで、日本でも一気に注目が高まり、CM等で露出も増えてきている。その「バーボン」のなかでも少量生産された高級路線のものが、"クラフトバーボン”と呼ばれているのである。 

*1:サントリーの協力をいただき、今現在、売り出しされているクラフトバーボンはひと通りテイスティングさせていただきました。コメントはその際に私が感じた感想を中心に書いています。