読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ブロガーはPV重視、アフィリエイターは収益重視?など、ブロガーとアフィリエイターの区別についてダラダラと書いてみる。

http://www.flickr.com/photos/32323502@N00/42360724

photo by Julie70

ただの雑談です。

よくブロガーはこうだ、アフィリエイターはこうだ!といった、ブロガーとアフィリエイターを区分するための議論って行われているわけですが、そういった区分けの方法のひとつとして「ブロガーはPV重視、アフィリエイターは収益重視」っていうのは一つ、面白いのかなと。

iPhoneを題材にした記事でも違いが出る:

たとえば先月発売された新型iPhone。

この話題についてブロガーであれば、『液体窒素で凍らせたら壊れてしまう脆弱性を発見!』みたいな面白いネタを記事にしていくんですが、アフィリエイターの場合だと『auショップの在庫状況はこれだ!』みたいな収益に直結する記事を書く傾向にあります。

  • ブロガー:読んだ時に面白いなーと思うネタ重視。
  • アフィリエイター:読んだ時に収益に直結する内容重視。

まぁ自分のことをブロガーだと思っている方も、収益度外視で…というわけでもないんでしょうが、アフィリエイターほどはガツガツしていないというのがブロガーの特徴という感じがします。その点、私が書いた過去のiPhoneの記事を見てみると、う~ん、自分は間違いなくアフィリエイターなんだなと思わされますね(苦笑)。

アフィカスと呼ばれて怒るかどうか:

あと、こちらの記事を読んで確かにな…と思った言葉ですが、『アフィカスと言われて怒るのがブロガー、アフィカスと言われても怒らないのがアフィリエイター』という区別の仕方も面白いなと。

  •  ブロガー:アフィカスと言われると怒る
  • アフィリエイター:アフィカスと言われても怒らない

確かに私がアフィカスと言われたら、別にアフィリエイトで稼いでいるのは事実だしなーと思うだけなので、理にかなった区分け方法なのかもしれません(ここでも私はアフィリエイター分類ですね)。

区別すること自体が差別的だという意見も:

…とまぁ雑談がてらに書いてみたわけですが、結局、アフィリエイターという言葉はブロガーの方が「自分はおまえらとは違うんだよ」と区別するために使う言葉でもあるんですよね。 

本来、両方の単語は純粋にこういう意味です。

ブロガー:ブログを書く人
アフィリエイター:アフィリエイトをする人

単に全く別の行動をする人を表現する言葉ですよね?ここに比較論を持ち込んでも不毛なのは、日本料理人とイタリア料理人の違いは何か?というのと同じくらい意味がありません。

なので、ブログにアフィリエイトを導入してお金を稼ぐ行為を批判したい人が、そういった人にレッテルを貼り悪いイメージを付与するために用いられているかわいそうな言葉が「アフィリエイター」なのではないかと。言葉って怖いですね。

しかし、ブログを使っている人はすべて本来ブロガーなわけですから、ブログでアフィリエイトをやっている私も、ブログで日記を書いている人も、メモ書きをするためにブログを使っている人も、大きく分ければすべてブロガー。

ほんとうは下記の図のように全員がブロガーなんですよ。

f:id:cardmics:20151003123428g:plain

でもなんか、自分はブロガーだとか、自分はアフィリエイターだとかそんな議論についなってしまう。そして私もそれが意外と嫌いでないようで、こうして記事にしているというわけです(苦笑)。結論としては私はアフィリエイターであって、ブロガーでもある…といった感じでしょうか。

ま、何週目の話題だ…という感じがするのでこのあたりで。ブロガーとアフィリエイターの分け方っていろいろあるなーと思っただけの記事でした。