読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ジェンティルドンナが有馬記念2014年を制覇し、G1勝利数を7勝に(海外G1勝利を含む)。これで歴代G1勝利数ランキングトップです。

http://www.flickr.com/photos/81497476@N00/6978163384

photo by nakashi

ジェンティルドンナが2014年の有馬記念を制覇!これでジェンティルドンナのG1勝利数は海外G1勝利分も含めると7勝になり、歴代G1勝利数ランキングでもトップに並んだことになります。

中央競馬の一年を締めくくる28日の中山10R・第59回有馬記念(3歳上オープン、GI、芝2500メートル、16頭立て、1着賞金=2億円)は、戸崎圭太騎手騎乗の4番人気ジェンティルドンナ(牝5歳、栗東・石坂正厩舎)が優勝。引退レースを白星で飾り、自らの花道を飾った。タイムは2分35秒3(良)。

もう少し走らせてもG1勝利が出来るポテンシャルがあるとは思うんですけどね。牝馬だけに良い時に引退させて、繁殖入りさせる意向なのでしょう。

歴代G1勝利数ランキング:

ちなみに歴代のG1勝利数ランキングは…というと、こんな感じです(2014年年末時点でのGI勝利数ランキング)。

  • 1.テイエムオペラオー 7勝
  • 1.ディープインパクト 7勝
  • 1.シンボリルドルフ 7勝
  • 1.ウォッカ 7勝
  • 1.ジェンティルドンナ 7勝(海外G1を含む)
  • 2.オルフェーヴル 6勝
  • 2.ブエナビスタ 6勝

ジャパンカップを2勝し、有馬記念&海外G1を勝利しているジェンティルドンナは、この中でも見劣りがしない成績ですよね。残念ながらこれで引退ですが、またいつか、この歴代馬たちに並ぶような名馬が出てくることでしょう*1

以上、ジェンティルドンナが有馬記念2014年を制覇し、G1勝利数を7勝に(海外G1勝利を含む)…という国内ニュースでした。さてさて2015年の有馬記念は、いったいどの馬に勝利の女神が微笑むか、今から楽しみです。

参考リンク:

自宅や職場からJRAの馬券を購入したい!という方は、下記の即PAT(即ぱっと)をチェックしてみてください。JRA公認の馬券購入システムなのでスマホから簡単に馬券が買えるようになりますよ(詳しくはこちらの記事なども)。

*1:ほとんどが2000年以降に活躍した競走馬ばかりな中で、シンボリルドルフの7勝はやはり偉大ですね。時代が時代なら、もしかするとG1レースを10勝くらいしていたのかもしれません。