SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

最近、Kindleをお薦めする記事が多いなーと思ったら、Amazonのアフィリエイト報酬が高く設定されているから…なんですね。

http://www.flickr.com/photos/36993742@N00/5145995754

photo by kodomut

ここ最近、Kindleのお薦め本を紹介するブログが多いなーと思っていたら、これってAmazonアソシエイトの報酬料率が2014年9月1日から変更になった影響なんですね。

なるほど、従来はそれほど紹介するメリットのなかったKindle関連のアイテムが、料率8%に固定されたことによって『儲かりやすいジャンル』に変化…。結果、Amazonの中の他のアイテムよりも、Kindleを狙った紹介が増えていると考えれば合点がいきます。

  • 従来:Kindleを紹介してもメリットが少なかった
  • 現在:Kindle関連のものなら料率8%の高額報酬

Amazonの手のひらの上:

でもまぁこれって、見事なまでにAmazonの手のひらの上ですよね(苦笑)。

Amazonが『Kindleをもっと普及させたい!売上をアップさせたい!』と思った結果がこのアソシエイト料率8%なので、アフィリエイターやブロガーがそれに食いつけば食いつくほど、Amazonはニヤリとしているのかもしれません。

見習いたいくらいに正しすぎる、マーケティング手法だと思います。

Kindleの料率は2015年から下がる?

ちなみにKindleのアソシエイト料率8%って、実は2014年12月末までの期間限定の料率です。Amazonアソシエイトの公式サイトには下記の注記が入っているので、気になる方はチェックしてみてください。

2014年12月末までの期間限定キャンペーンです。2015年1月より変更になる場合があります。 

要するに今年いっぱいまで8%だけど、来年以降はわからないよ…ということ。Amazon側もちゃんと、恒久的に8%じゃないんだよということを書いているのは流石ですね。充分な成果が得られたら8%をやめて、まだまだ足りないと思えば8%を継続する狙いがあるのでしょう(期間限定と告知している以上、やめても文句は言われない)。

年末まではKindle関連の記事が量産される:

http://www.flickr.com/photos/36993742@N00/5145398721

photo by kodomut

こんな感じで2014年いっぱいは『Kindleのお薦め本のまとめ!』といった記事が量産されるはず。それだけ熱く押されたら、Kindleを必要としていない私ですらも、なんだかKindleを買わなくちゃ損しちゃうような気分になっていくのかもしれません(汗)。

以上、最近、Kindle関係の記事が多いなーと思ったら、Amazonのアフィリエイト報酬が高く設定されているから…という雑談でした*1

文末リンク:

*1:個人的に翻弄されるのは、Googleだけでお腹いっぱいです…。