読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

アフィリエイターの中には、友人であっても自分の運営サイトを教えない方がいる!隠している方には無理に聞かない暗黙のルールも存在します。

http://www.flickr.com/photos/54709871@N08/5103209989

photo by val.pearl

アフィリエイターと呼ばれる方の中には、自分が運営しているサイトがどれなのかということを、頑なに教えない方がいます。

  • Aさん:『Bさんはどんなサイトを運営しているんですか?』
  • Bさん:『主に美容系ですね。』
  • Aさん:『どのサイトなんですか?URL教えてください。』
  • Bさん:『いや、それはちょっと秘密です』

こんな会話がアフィリエイターの間では、さも当然のように繰り広げられてます。ほんと大げさとか冗談とかじゃなくて、自分の運営サイトを教えない方は驚くほどに多いため、私も新規に出会ったアフィリエイターの方には特にどのサイトを運営しているのかなんてことは聞かないようにしています(聞くことがむしろ失礼にあたるんじゃないかと思うふしさえあります)。

反面、ブロガーの方ってだいたい自分の運営サイトを言いますよね。過去にあったブロガーの中で、『いやいや、運営しているブログは秘密です』なんて方には今まであったことがないところを見ると、運営サイトを隠している方は皆無でしょう。

アフィリエイターはなぜ運営サイトを隠すのか?

ではアフィリエイターはなぜ自分の運営サイトを隠すのかというと、それは儲けるためのアイデアを誰かに盗まれないためです。

例えば某大手会社の化粧品のサンプルを紹介すると稼げるということが誰かにバレてしまえば真似されてしまう可能性があるので、極力、それがわかってしまうような自分の運営サイトを誰かに伝えることは控えたい…というのが本音なのだと思います。

  • 運営サイトを秘密にする:儲けの手法がバレない
  • 運営サイトを公開する:儲けの手法がバレてしまう

つまり、サイトを誰かに教えさえしなければ、真似されることもない…そういうことですね。

どうでもいいサイトを顔にする:

ちなみにそれじゃ名刺などに書くURLはどうするのかというと、それはだいたいどうでもよい雑多なブログを表の顔にしています。これならアクセスされたとしても自分の儲けの手法が周りにバレることはないので、安心して公開できるというわけ。

  • 秘密が多いアフィリエイター:誰かに伝えるようのサイトを持っている

特にアフィリエイトサイトを100個も200個も作るようなアフィリエイターの場合には、この傾向が特に強いように思います。表の顔は明かすけれども、裏の顔は秘密というスタンスなのですね(私のように2つ3つしか運営していない人間だと、隠すものがありません)。

以上、アフィリエイターの中には、友人であっても自分の運営サイトを教えない方がいる!隠している方には無理に聞かない暗黙のルールも存在します…という雑談でした。