読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ブログにアフィリエイトリンクを掲載する上での注意点まとめ!アフィリエイトリンクと検索順位の関係性について理解しておこう。

http://www.flickr.com/photos/36495803@N05/8270256961

photo by epSos.de

今回は私の経験則をもとに…ではありますが、ブログにアフィリエイトリンクを掲載する上での、注意点をまとめてみようと思います。

下手なリンクの貼り方をしてしまうと検索エンジンからの評価を著しく下げてしまい、Google八分のような状況になることも多いので、アフィリエイトリンクをブログに貼りたいと思っている方は、是非、参考にしてみてくださいね。

アフィリエイトリンクを貼る上での注意点:

1.立ち上げたばかりのブログにはアフィリエイトリンクは貼らない:

記事数がまだ10以下のようなブログには、基本的にアフィリエイトリンクを貼ってはいけません。ある程度、サイト全体の文字量、記事の質を整えた上でアフィリエイトリンクを貼らないと、Googleから『あっ、このサイトは検索で上位表示する価値のないサイトだな…』という認定を受けることになります。

これ、一度、その認定を受けてしまうとなかなか抜けだせません。3ヶ月から半年くらいは検索エンジンからそっぽを向かれた状態で更新しつづけないといけなくなってしまうので、『すぐに稼ぎたい!』という気持ちがあったとしても、作ったばかりのブログにはアフィリエイトは極力、掲載しないようにするのがおすすめですね(掲載しても10記事あたり1~2個のアフィリエイトリンクで抑える)。

APIで作ったサイトは検索からすぐに消える:

この現象を理解する上でわかりやすいのは、APIという仕組みを使ったサイトですね。

アフィリエイト広告をプログラムを使って自動的に取得し、その情報を元に大量の記事を作るこれらのサイトは、検索エンジンに作成から5日程度は評価されますが、その後、『ただの広告サイトである』ということを判断されてしまってからは検索からほぼ消えます。

詳しくは下記記事などを読んでもらえればと思いますが、たとえ1万ページ以上もあるサイトをAPIを使って作ったとしても、検索エンジンからのアクセスはほぼ0になります。アフィリエイトリンク満載で、且つオリジナリティがないサイトではもう、検索に表示させることも出来ないのですね。

10,000ページ生成して、1日あたり30アクセスくらい来た。で、1~2ヶ月したらアクセスが0になった。

試験的に10サイトくらい作って試してみたのですが、僕の場合、こんな感じで軒並みアクセスが0になってしまいました。

作ったばかりのブログにアフィリエイトリンクを貼るのもこれと全く同じです。この状況と同じ扱いを受けないためにも、10記事以下しかないようなブログにはアフィリエイト広告を載せないようにしてください(ある程度の被リンクを受け、検索エンジンに評価されてからアフィリエイトリンクは掲載する)。

2.記事の中にアフィリエイトリンクを入れ過ぎない:

次に、記事の中にアフィリエイトリンクを入れる数についても注意ください。

アフィリエイトリンクは入れておけば入れておくほど稼げる…と思っていると、ついつい500文字くらいの文章量に対してアフィリエイトリンクが10個…みたいな記事が出来上がってしまうのですが、これだと検索エンジンから『質が低い記事』として扱われる可能性がかなり高いです。

アフィリエイト掲載数は内容次第:

まぁこれもちょっと考えてもらえればわかりますが、記事の内容がペラッペラなのにバナー広告がずらーと並んでいる記事を、検索エンジンが正当に評価するなんてありえないんですよ。広告の数が多ければ多いほど、広告記事=質が低い記事として認識されてしまう可能性が高まるというわけです。

そのため、文末であろうと冒頭であろうと文中であろうと、文章量に対して広告掲載数が多いとなかなか順位はあがらないかもしれません。逆にいえば検索順位をあげたいと思うのであれば、アフィリエイト掲載数を減らすことで記事の質を再評価してもらうことも可能だと思います。

目安は…なんとも言えませんが、500文字あたり2つくらいのアフィリエイトリンクなら、許容される程度だと思います。1000文字なら3つくらいまで、2000文字なら5つまで…といったように、極力、少なめに掲載するようのがコツです。

3.サイドメニューやフッターのアフィリエイトリンクも減らす:

サイドメニューやフッターに、ずらりとアフィリエイトリンクを掲載している方も多いですが、これも正直、あまりおすすめはしません。

ブログの体力(アフィリエイト広告をどこまで掲載しても良いかどうか)が高い、有名ブログや被リンクが集まっているブログであれば余程のことがない限り検索エンジンから吹き飛ばされることはありませんが、新規ブログやアフィリエイトメインで作っているブログの場合には、これらの場所へのリンク掲載数が多いというだけで低品質なサイトだとGoogleに認識されてしまう可能性があります。

誰もサイドメニューの広告なんてクリックしない:

それに、サイドメニューやフッターにアフィリエイト広告を並べたところで、誰もその広告なんてクリックしないんですよね(苦笑)。AdSenseとかをサイドメニュー下部においたことがある方であればわかるかと思いますが、どんなに大きめのバナーを置いてもサイドメニューやフッターなんてクリック率は0.1%以下です。

このようにアフィリエイト広告をデカデカと置いておいたってクリック率が良いことはないので、『この広告だけは掲載しておきたい!』というもの以外削ってOKだと思います。

サイドメニューやフッターくらい、nofollowをつけよう:

加えてアフィリエイトリンクにはnofollowを加えておくようにしてください(詳しくは下記記事参照)。文中に毎回毎回、nofollowを突っ込むのは面倒ですが、表示が固定されているサイドメニューやフッターへのリンクであれば手間は1度で済むので、忘れずに対応しておいてくださいね。

検索エンジン ガイドラインでは、有料リンクであることをコンピュータで識別できる必要があるとしています。これは、ウェブ上かどうかを問わずユーザーが金銭関係の有無を知りたいのと同じです(新聞の一面広告に「広告」という見出しが付けられているなど)。有料リンクに対する Google の方針について詳しくは、こちらをご覧ください。

最後にGoogleのポリシーを紹介:

http://www.flickr.com/photos/39908901@N06/11161839194

photo by m01229

最後にGoogleのアフィリエイトリンクに対するポリシーをいくつか引用しておきます。

一般的に、アフィリエイトのウェブサイトでは、同じアフィリエイト ネットワークに参加する他の多くのサイトにも掲載されている商品説明を掲載しています。その結果、アフィリエイト ネットワークのコンテンツを中心に扱っているサイトは、他のサイトのコンテンツと差別化できる程度に十分な独自性のあるコンテンツを持たないため、Google 検索結果でのランキングが低くなることがあります。

同様にこうとも言い切っています。

アフィリエイト プログラムに参加しているサイトを差別化してランキングを高めるために次のような方法が役立ちます。

  • サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。

つまりGoogleは間違いなく、アフィリエイトリンクばかりのサイトの順位を下げていることがわかります。そして残念ながら、どんなに他のサイトのコンテンツと差別化できる優良なコンテンツを有しているサイトであっても、アフィリエイトリンクで溢れているというだけで検索順位が落とされてしまうことも多いです。

どうすればいいかは簡単:

ではどうすればいいのか?これは説明するまでもありませんよね。

アフィリエイトリンクを掲載する場合には、出来る限り必要最低限の数だけを掲載する、そして全ての記事でアフィリエイトをぺたぺた貼るのではなく、必要な記事にのみ掲載する…そういうスタンスでブログにはアフィリエイトリンクを貼るようにすればOKです。

実際、私が運営しているこのサイト『SONOTA』でもそういったバランスは気をつけていますし、『クレジットカードの読みもの』でも同様ですよ。全ての記事にアフィリエイトリンクがあるわけではないということをご確認いただければ幸いです(おかげ様でアフィリエイト広告掲載サイトにも関わらず、検索順位は高いです)。

以上、ブログにアフィリエイトリンクを掲載する上での注意点まとめ!アフィリエイトリンクと検索順位の関係性について理解しておこう…という話題でした。アフィリエイト広告をブログに掲載してみたいという方は、下記記事なども参考にしてみてくださいね。

etc.hateblo.jp