SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

はてなブックマークの「適正カテゴリ」って、多数決に出来ないもんかな…と思う最近。コロコロとカテゴリが変更されることが多い状況です。

categories

はてなブログを運営している方であれば1度や2度は経験したことがあるであろう、はてなブックマークの『適正カテゴリ問題』。

自分の中では「暮らし」カテゴリだと思っているのに、他のはてなブックマークユーザーに「政治・経済」カテゴリに移動させられたかと思ったら、その30分後には「テクノロジー」カテゴリに移動になっている…ということはザラですよね。

  • ブログで記事を公開(はてブが自動的にテクノロジーを選択)
  • 自分は「暮らし」だと思うので変更
  • 他のユーザーが「政治・経済」に変更
  • また別のユーザーが「暮らし」に戻す
  • …と思ったら、また別のユーザーが「テクノロジー」に入れる

みたいなことが日々、繰り返されているように思います(ホッテントリ入りした記事であれば尚更)。

最後に選択した人が偉いシステム:

それもこれも、はてなブックマークでは「最後にカテゴリを変更した人が偉い」という仕様になっているため。

大多数の人が「これは暮らしカテゴリだろ」と思っていても、後から来た人が「いやいや、政治・経済でしょ?」と変更してしまえば、それでカテゴリが変更になってしまうのは、さすがにちょっと変な仕様なのではないでしょうか?

そうではなく、ある程度の多数決を含めてもらえると個人的には嬉しい限り。例えば「暮らし」カテゴリだと思う人が5名いる状況で、「政治・経済」カテゴリに変更しようと思っても変更にならない…そんな仕組みがあると面白いと思うのです。

  • 現状:最後に選ばれたカテゴリが反映される
  • 理想:多数決で適正カテゴリは選ばれる

カテゴリはそこまで重要じゃないものの:

まぁそこまではてなブックマークのカテゴリは重要じゃないと思うものの、悪意のあるはてなブックマークユーザーだとこの仕様を悪用して、気に入らない記事を「おもしろ」カテゴリに突っ込んだりもしますからね。

こういった行為が都度都度、反映されないためにも、はてなブックマークのカテゴリにも多数決の原理を導入してもらえると嬉しいなと思います。

  • 現状:悪意がある人が意図的にカテゴリを変更する場合がある
  • 理想:悪意のある人が1名だけではカテゴリ変更が反映されない

以上、はてなブックマークの「適正カテゴリ」って、多数決に出来ないもんかな…と思う最近。コロコロとカテゴリが変更されることが多い状況です…という話題でした。

参考リンク:

最近あんまり更新していませんが、このサイト「SONOTA」も引き続きよろしくお願いいたします(実は独自ドメインをかぶせるべきかで少し悩んでいます)。

etc.hateblo.jp

価格が安いのに美味しい焼酎ベスト9!居酒屋でお馴染みのおすすめ銘柄から、なかなか手に入らないプレミア焼酎まで。

Shochu

今回は価格が安いにも関わらず、驚くほどに美味しい焼酎を9つほど選んでみました。

あくまで私の主観によるランキングなので人によっては合う合わないはあると思いますが、これを選んでおけば間違いない…というものを選んだつもりなので、是非、購入の際の参考にしてみてください。きっと価格以上の満足感を得られるはずですよ。

価格が安いのに美味しい焼酎9選:

1.黒霧島(芋焼酎):

もう説明不要の芋焼酎が黒霧島ですね。

気軽に購入できる価格帯にも関わらず、その美味さは5,000円以上する焼酎よりも美味しいんじゃないか?というくらいの完成度。とりあえず自宅に焼酎を並べるのであれば黒霧島は外せません。

ちなみに頻繁に焼酎を飲む…というのであれば、ボトルタイプよりも紙パックタイプの黒霧島を購入するほうがコスパが良いです。今やローソンやセブンイレブンといったコンビニでもこのタイプの黒霧島は売られているので、そちらをお買い求めください。

乙 黒霧島 芋25° 720ML 1本

乙 黒霧島 芋25° 720ML 1本

 

2.鳥飼(米焼酎):

居酒屋で見つけたら、個人的に必ず頼んでしまう焼酎が鳥飼(とりかい)。分類としては米焼酎にあたる焼酎なんですが、なぜかものすごくフルーティな味わいがして、ちょっとだけ白ワインっぽい焼酎といった感じです。

値段もAmazonなどの通販モールで購入すれば1,000円台後半で購入できるのでリーズナブル…なんですが、居酒屋によってはプレミア焼酎に分類されている焼酎になるので結構高いです。1杯800円くらいの料金を取るところもあるのでご注意ください(そのくらいレアで美味しいということ)。

3.しろ(米焼酎):

こちらも米焼酎の『しろ』です。

熊本県や宮崎県にいくと、どこの居酒屋やBARでも飲まれている感じの人気焼酎なんですが、不思議と東京あたりだとあまり見かけません。聞くところによるとあちらでは黒霧島よりも人気がある焼酎なのだとか。

価格は1,000円以下で購入できるわりにはかなり美味しいです。テーブルワインならぬ、毎日の焼酎にどうぞ。コスパ最高です。

白岳 しろ 米25° 720ML 1本

白岳 しろ 米25° 720ML 1本

 

4.三岳(芋焼酎):

希少性があってなかなか手に入らないとか、プレミア焼酎だ…なんて言われている鹿児島県屋久島の三岳(みたけ)ですが、ネットだとそれほど苦もなく容易に手に入ります。販売価格も1,000円ちょっとで流通しているので、その価格帯で販売されているのを見つけたら即購入してみてください。

味については芋焼酎嫌いな方にもさっぱり&まろやかな味わいが人気の焼酎ですね。臭いも全然臭くないので、黒霧島と味を比べるのも面白いと思います。

ちなみに屋久島に行ったら、スーパーマーケットやドラッグストアなどに箱ごと並べられていました。販売価格も1本あたり800円程度…と激安だったので、いかに三岳が地元で愛され、そしてよく飲まれている焼酎なんだということがわかりました*1

三岳 900ml

三岳 900ml

 

5.晴耕雨読(芋&米焼酎):

芋焼酎と米焼酎の良いところどりをした焼酎が晴耕雨読です(芋焼酎に米焼酎をブレンドした焼酎)。

焼酎が並んでいるような居酒屋だと必ず置かれている銘柄なので、飲んだことがあるという方も多いのではないでしょうか?味わいは芋らしくまろやかなんだけれども、米焼酎がブレンドされているせいかまったく臭くないので焼酎初心者にもおすすめです。

個人的に晴耕雨読はお湯割りにしたり水割りにしちゃうと勿体無いので、ロックで飲むようにしています。

晴耕雨読 720ml

晴耕雨読 720ml

 

6.中々(麦焼酎):

プレミア焼酎などと呼ばれることが多いこの中々も、実は2,000円未満で購入ができるお酒です。有名な『百年の孤独』の原酒となっている、麦焼酎ですね(百年の孤独ほどは強くないのに、まろやかさでは負けない感じ)。

自宅に芋、米、麦と揃えたい方は、この中々をリストに加えてみてください。麦のラインナップ&価格の安い焼酎の中では、一番おすすめできる焼酎だと私は思います。中々を飲めばきっと、麦焼酎のイメージが変わりますよ。

中々 720ml

中々 720ml

 

7.からり芋(サツマイモ焼酎):

最近、個人的に好きなのがからり芋です。

黄金千貫という名のさつまいもを原料とした焼酎で、飲んでみると焼き芋のような、ふわっとした薫りと味わいを楽しむことが出来ます。芋焼酎の臭みはまったくないので、焼酎が苦手…という方にも飲みやすい焼酎ですね。どちらかというと女性向き…といった感じでしょうか。

尚、まったく知りませんでしたが、からり芋の発売元は大手ビール製造会社のサッポロビールとのこと。どうりで居酒屋で大々的に販売されているケースが増えてきているなーと思いました。

25゜サッポロ からり芋 芋焼酎 720ml
 

8.富乃宝山(芋焼酎):

居酒屋でお馴染みの富乃宝山も、リーズナブルな焼酎のひとつです。Amazonなどのネット通販なら1,000円ちょっとの金額で購入できると思います。

芋焼酎らしいまろやかさがあるにも関わらず、初心者にも安心の臭いの無さが特徴…なので、こちらも焼酎初心者の方に安心しておすすめ出来る銘柄。富乃宝山と吉兆宝山を飲み比べてみるなどもおすすめです。 

富乃宝山 720ml

富乃宝山 720ml

 

9.赤兎馬(芋焼酎):

一時期はプレミア焼酎だなんだと呼ばれていた赤兎馬ですが、最近では生産数も増えてきたみたいで入手しやすくなりました。芋らしい臭みがないだけでなく、ハーブのような独特な香りにファンも多い焼酎ですね。

販売価格もだいたい1,500円前後で落ち着いているので、焼酎初心者の方が試しやすいプレミア焼酎ですよ。個人的にはレア度がやや高い、紫の赤兎馬よりもこの黒&赤ラベルの赤兎馬のほうが好きです。

赤兎馬 芋25度 720ml

赤兎馬 芋25度 720ml

 

焼酎はコストパフォーマンスが良い:

shochu at ichiro's

今回紹介した720ml(一部900ml)サイズの焼酎であれば、だいたい1,000円~2,000円程度で購入することが可能。しかし、毎晩飲んでもよほどの呑んべぇではない限り1週間以上は楽しめることを考えると、焼酎ってかなりリーズナブルですよね。

  • ビールやワインと比べて、焼酎はコスパが良い。1,000円のボトルを1週間かけて飲むことが出来る。

保存方法も簡単&手間いらず:

更に焼酎は保存も簡単。開封後であっても冷蔵庫に保管する必要性がないのもメリットです(こちらより引用)。

開栓後の焼酎につきましても、日本酒やワインのように早めに飲みきらなければならないといことはありません。2~3ヶ月程度は問題ありませんが、蒸発や酸化の可能性がありますので、栓はしっかりと。

次に、保管場所は、常温の陽が当たらないところでしたらOKです。直射日光が当たる場所や高温になるところに置いておくと、焼酎が酸化して味が変わることがありますので、注意が必要です。

そのため、焼酎を一通り10種類くらい購入して自宅に用意し、その日の気分に合わせて焼酎を飲む…なんてことも可能。『昨日は黒霧島だったけど、今日は鳥飼を飲もう』そんな楽しみ方が出来るのも、焼酎の魅力です*2

焼酎はしかも太りにくい:

加えて焼酎は蒸留酒なので糖質ゼロ

太りにくいお酒の代表格としてあげられる存在なので、糖質制限ダイエットにも向いているお酒です。逆に日本酒や梅酒のように糖質がたっぷりと含まれているお酒だと、すぐに太ってしまうので注意ください(その点、ビールも糖質が多めです)。

  • 焼酎、ウイスキー:太りにくいお酒
  • 日本酒、梅酒:太りやすいので注意

尚、太りにくいお酒については別記事にもまとめているので、興味がある方はそちらもどうぞ(こちらの記事)。糖度が低い赤ワインなど、焼酎やウイスキーだけだとちょっと物足りない方にもおすすめのお酒を紹介しています。

焼酎はやはりロックで飲むのがおすすめ:

焼酎の飲み方についてはやはりロックが一番。ロックとは氷を入れたグラスに焼酎をいれて、そのままチビチビと飲む方法のことです。

他、お湯割りや水割り、ストレートなどもありますが、お湯割りや水割りは焼酎を極端に薄めてしまうことになるので味わいがよくわからなくなるデメリットがあります。お酒が弱い方はこれでも楽しめるようですが、個人的にはせっかくの焼酎なので味がよくわかるロックで味わってください。

反面、ストレートになると今度はアルコール度数が高いので酔いすぎてしまう心配あり。適度に氷で焼酎を薄めながら飲むのが良いのですね(あくまで私の感想です)。

ふるさと納税で焼酎が貰える:

あと、人気の芋焼酎である「黒霧島」は、ふるさと納税の返礼品としても貰うことが出来ます。

ふるさと納税が使えるくらいの収入がある…という方は、こちらを狙ってみるのもひとつの手。実質負担金2,000円のみで、1万円分以上の黒霧島を手に入れることができますよ。おすすめです。

焼酎を飲み慣れていない方は:

焼酎を飲み慣れていない…という方におすすめなのが、コンビニ等でよく販売されているICE BOX(アイスボックス)という氷のアイスを使う方法です。

このアイスボックスに黒霧島などの焼酎を注ぎ、アイスボックスのカップごと焼酎を飲めば、ほのかにグレープフルーツの味がしてかなり美味。確かに焼酎そのものの味はよくわからなくなりますが、まるで梅酒のロックのような感じで焼酎を楽しめるので、『焼酎ってなんで美味しいかわからない!』という方は試してもらえればなと思います。

焼酎はどこで買うのが安い?

Two full-flavored shochu bottles and a friendly bartender

では、焼酎はどこで購入するのが安いのでしょうか?これについては個人的にAmazonや楽天市場といった通販モールでの購入をおすすめしています。

理由については単純な話で、スーパーマーケットや酒屋さんよりもネット通販のほうが安く販売されているため。やはり通販だと販売スペースが不要になることが大きいみたいですね。

実際、ネット通販焼酎を購入することに慣れている私からすると、スーパー等で販売されている焼酎の価格を「高いな…」と感じることが多い状況があるので、結構な価格差があると思って間違いないでしょう(黒霧島とか1本300円くらい違います)。

  • スーパーや酒屋:販売スペースが必要なため高い
  • ネット通販:倉庫だけで焼酎を販売可能なため安い

ネット通販が逆に高い場合も:

但し注意点も。ネット通販を利用するなら焼酎のボトルにして3本以上、まとめ買いをするのが基本です。

これはネット通販の場合には佐川急便やクロネコヤマトの配送料が別途かかるので、1本や2本だけ購入する場合にはどうしても送料分だけ高くついてしまうため。反面、3本以上購入する場合には総じてスーパーマーケットや酒屋よりも割安になる傾向にあるので、ネット通販を利用するならまとめ買いを検討してみてください(ビールのケース買いにも便利です)。

  • 1本だけ購入:スーパーや酒屋のほうが安い
  • 2本購入:どっちもどっちという購入金額
  • 3本以上購入:ネット通販のほうが安くなります
カクヤス経由で購入するのもおすすめ:

尚、「いやいや、3本買うとか無理だよ、焼酎ってあんまり飲んだことないし」という方は、自宅に焼酎1本からお酒を届けてくれるカクヤスの利用もあわせてどうぞ。こちらであれば送料無料で焼酎1本から、いつでも指定先まで届けてくれますよ。

以上、価格が安いのに美味しい焼酎ベスト9!居酒屋でお馴染みのおすすめ銘柄から、なかなか手に入らないプレミア焼酎までをまとめてみた…という話題でした。是非、焼酎が苦手という方も大好きという方も、この機会に安くて美味しい焼酎を購入してみてもらえればと思います。

参考リンク:

ちょっとお金に余裕があるから、もう少し高くても美味しい焼酎が飲みたい…という方は、下記のプレミア焼酎をまとめた記事も参考にどうぞ。安い商品を10種類くらい用意し、それに2~3種類、プレミア焼酎を加えるくらいがおすすめですね。

etc.hateblo.jp

余談ですがちなみに個人的には販売価格が高いプレミア焼酎よりも、黒霧島や鳥飼のほうが美味しいんじゃないか?と思うこともあります。そのくらい安い焼酎だってクオリティが高い最近ですよ。

*1:屋久島の居酒屋で飲んだら1杯350円くらいでした。そういった意味でも本州ではレア焼酎で、屋久島ではごくごく一般的な焼酎なんだと思います。

*2:私も自宅で焼酎で飲みまくっていた頃には20種類くらい揃えていました。最近は肝臓をいたわるために4~5種類です(それでも充分に多いラインナップです)。

不要品を処分したい…という時に必ず役立つ、おすすめ買取サービスまとめ!書籍、ゲームソフト、ブランド品、携帯電話などを処分したいなら。

http://www.flickr.com/photos/10641772@N04/5943032139

photo by mobiledisco

今回は自宅にある不要品を処分したい…という時に役立つ、おすすめの買取サービス(買取業者)をまとめてみました。

不要なものを少しでもお金に変えることが出来れば、家計にとっても大きなプラスになるはず。『しばらく使っていないなー』というものが家の中にあるのであれば、この機会に処分を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの買取サービスまとめ:

書籍やCDなどの買取サービス:

お馴染みの書籍やCD、ゲームソフトなどを買い取ってくれるサービスです。自宅にある不要品を段ボールにつめて送るだけで勝手に買取&振り込みしてくれるので、店舗に持ち込むのが面倒だという方にも向いていますよ。

  • ネットオフ
    書籍やCD、ゲームソフトだけでなく、フィギュアや楽器などの買取もしてくれるので総合的におすすめです。またTSUTAYA資本が入っているので、Tポイントが貯まるという点でも魅力ですね。
  • ブックオフオンライン
    自分で段ボールに詰めて発送するのではなく、自宅まで買取業者に来てもらってその場で査定してもらいたい。古本の量がものすごいので発送は無理だ…という場合にはブックオフオンラインがおすすめ。こちらであれば業者が直接、あなたの自宅に来てくれるのでなにかとラクですね。

洋服などのブランド品買取サービス:

ブランド物の洋服、バッグ、アクセサリーなども、今や自宅から段ボールにつめて発送するだけで気軽に買取を依頼できるようになりました。『このバッグ、購入した時は10万くらいしたけど、使う機会がないから売ってしまいたい…』といったものがあるときは、これらのサービスを活用してみてください。

  •  ブランディア
    今やブランド品買取業者の中でも一番有名なサービスになりつつあるブランディア。テレビCMを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?取り扱いブランドは6000種類以上あるので、とにかくなんでもブランディアに送りつけてみれば無料で査定してもらえますよ。
  • ブランド買取ネット
    ブランドバッグやブランド服などを中心に売却するなら、ブランド品専門の買取サイトであるブランド買取ネットもおすすめ。こちらは3点以上のまとめ売りなどで査定額がアップになるなど、大量に売却したい時に向いているサービスだと言えそうです。

パソコンの買取サービス:

不要になったデスクトップパソコンやノートパソコンを買取してくれるサービスです。場合によっては価値が付かないケースもあるかもしれませんが、リサイクル業者に依頼すると別途料金が必要になってしまうことも多いので、出来る限りパソコンはタダでも買い取ってもらうのがおすすめですよ。

  • ソフマップ
    パソコン買取最大手のひとつがソフマップ。ビックカメラの家電量販店内や独立店舗でも買取をしてもらえますが、自宅からパソコンを段ボールにつめて発送するだけで買取してくれるのはソフマップの強みといえるでしょう。

専門書籍の買取サービス:

http://www.flickr.com/photos/43805361@N00/10935976453

photo by Pesky Library

大学受験の際につかった赤本や参考書から、大学や専門学校の需要で使った教科書まで、幅広くいろいろな専門書を買取してくれるサービスもあります。もう読まない専門書があるなら、売りに出してみてくださいね。

  • 大学などの専門書買取サービス
    大学や専門学校時代に使っていた教科書や専門書が手元にあるなら、こちらの専門書籍専用の買い取りサービスに依頼してみましょう。ブックオフなどの古本屋に持ち込んでも評価されない本でも、こちらのサービスであれば意外な値段で買い取ってもらえるかもしれませんよ。
  • 受験で使った赤本や参考書買取
    大学受験の際につかった赤本や参考書、予備校のテキストなどを買取してくれるサービスです。浪人をされた方などは自宅にたんまり参考書があると思うので、まとめて売却してしまってくださいね。
  • 医学書の買取サービス
    医学書や医学専門書など、医学関連の書籍を買取してくれるサービスです。医学部や薬学部の学生時代に使ったテキスト(教科書)なども買取対象のようなので、医学関連の仕事に就かれている方は売却を検討してもらえればと思います。

その他の買取サービス:

その他、様々な買取業者をまとめておきます。ディズニーグッズや楽器の買取から、あなたの日常の不満を買い取ってくれるサービスまで、最近では面白いサービスも多いですよ。

  • 不満買取センター
    あなたの日常における不満を有料で買い取ってくれるサービスです。○○のテレビドラマが面白くない!とか、コンビニのドーナツが美味しくないとか、そんな不満をみなさんから買い取り、企業側に提供することでサービスを成り立たせているようです。不満があればどんどん買い取ってもらいましょう。
  • ディズニーグッズの買取サービス
    ディズニー関連グッズの買取業者です。ディズニーランド30周年の限定グッズや、もう販売されていないオリジナルグッズなどを持っている方は、こちらに相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか?価値がわかる会社に査定してもらえれば、高額買取も夢ではないかもしれません。 
  • ジャニーズグッズの買取サービス
    ポスターやタオル、Tシャツからペンライトまで、ジャニーズ関連のグッズを処分したい方はこちらのジャニーズグッズ専門の買取サービスへ。特にファンにしかわからないような激レアなジャニーズグッズを持っている方は、かなりの高値で買い取ってもらうことも可能かもしれませんよ。
  • 楽器専門の買取業者
    エレキギターやベースといったバンド楽器から、バイオリンやフルートといった専門性の高い楽器まで、幅広く楽器の買取に応じてくれる業者です。また、ミキサーやシーケンサーなどの買取もOKなので、総合的に音楽関連のグッズを処分したい方はチェックしてみてください。

車やバイクの買取サービス:

http://www.flickr.com/photos/58871905@N03/14952757699

photo by dno1967b

次に不要になった車やバイクの買取サービスをまとめておきます。

一括査定をすればだいだいどのくらいの価格で買取をしてもらえるのかがわかるので、その金額に満足したなら売却、不満なら現状維持…なんて使い方もOKですよ(査定を取ったからといって必ず売却しなくちゃいけないわけではないということ)。

車の一括査定:

  • 楽天オート
    ガリバーやカーチスといった大手自動車買取サービスに一括査定をすることが出来るサービスです。一番高く買い取ってくれる業者が一目瞭然でわかるというだけでなく、成約すれば別途、楽天ポイントが貰えるメリットなどがあります。
  • ガリバー
    一括査定はいろいろな業者から連絡が入るので苦手だ…という場合には、最大手買取業者のひとつであるガリバーに依頼するのも手。数多くの買取案件をこなしている業者らしく、査定見積もりを依頼しやすいウェブサイトデザインなのも強みですね。
  • 廃車ラボ
    車を買い取ってもらえたら幸せだけれども、もはや価値もないおんぼろ車だ…という方は、こちらの廃車ラボ利用もおすすめ。こちらであれば廃車費用不要で車を持って行ってもらうことが出来るので、自分で処分するよりもかなりお得ですよ(税金還付まで代わりにやってもらえます)。

バイクの一括査定:

  • 楽天バイク
    バイク王やバイクランドなどの業者に一括査定を申し込めるサービスです。一括査定をすることで一番高く買い取りしてくれる業者がわかるので、その価格に満足したのであれば売却を検討してみてください。こちらも成約で楽天ポイントが貰えるメリットがありますよ。
  • バイク王
    一括査定はいろいろな業者から連絡が入って面倒だ…という方は、最大手のバイク王のみに依頼するのも手です。バイク王はネット上の査定ではなく、実際に現地まできてバイクを見た上で査定してくれるので、ボロボロなバイクを売る場合などにおすすめですよ。

自分で不要品を売ってしまう:

http://www.flickr.com/photos/27653359@N06/4569525006

photo by BrownPolyester

買取業者に買取を依頼するのではなく、自分で不要品を売ってみたい…という時に役立つリンクも並べておきます。基本的には一番有名なオークションサイトであるヤフオクを使うことにはなると思いますが、他にも様々なサービスがあるのでうまく使い分けてみてくださいね。

  • ヤフオク
    ご存知、日本最大のオークションサイトがヤフオクです。ここでは商品の種類を問わず、ほぼすべての不要品を出品&購入してもらうことが出来るので、不要なものが自宅にあるのであればどんどん写真をとって出品してみてください。
  • 楽オク
    楽天市場のオークションサイトが楽オクです。こちらはヤフオクほど利用者がいないのがデメリットですが、反面、手数料がかなり低めに設定されているので、手数料なんて払いたくないという方におすすめですね。楽天ポイントが貯まるメリットもありますよ。

不要品はどんどん売ろう:

ここまで様々な買取サービスを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?もはや本やゲーム、CDだけ買い取ってもらえる時代ではもう無いのですね。

私も頻繁に様々な買取サービスを利用しているので、みなさんも是非、まずは査定してもらうところからはじめてみてください。自宅の不用品処分でお金が貰えるのだとしたら、これ以上ないボーナスになるはずですよ。

以上、不要品を処分したい…という時に必ず役立つ、おすすめ買取サービスまとめ!書籍、ゲームソフト、ブランド品、携帯電話などを処分したいなら…という話題でした。

参考リンク:

家計の見直しをしたいなら、下記記事も併せてどうぞ。電気代や保険代の節約から、こんな費用も削れるのか…といったものまで、様々な節約系サービスを紹介していますよ。

etc.hateblo.jp

幽遊白書やキングダムなど、500冊弱の漫画本がタダで読めるeBookJapanの無料コーナーが熱い!PCやスマホから簡単に読めます。

Manga

幽遊白書やキングダム、他にも3月のライオンや遊戯王などなど、500冊弱の漫画本が無料で読めるeBookJapanの無料コーナーが熱いと思うので、今回はそれを紹介させていただきます。

常に無料で読める漫画やコミックは変化:

このeBookJapanの無料コーナーの何が凄いかっていうと、500冊近くものコミックを無料で読めるということだけでなく、毎週毎週、新しいコミックに切り替えていってくれる点。

たとえば今週は幽遊白書やキングダムといったコミックが無料で読めますが、もしかすると来週にはドラゴンボールや寄生獣が無料で読めるかも…といった感じで定期的に覗けば常に新しいコミックに切り替えていってくれるため、自分好みの漫画を探したいという方はもちろん、ただ暇を潰したいという方にも最適なんです。

参考までに2016年8月10日現在、無料で読むことが出来るマンガの一例をあげておきます(読みたい方はこちらから)。

2016年8月10日現在の無料マンガ例:

  • 進撃の巨人
  • 孤高の人
  • 巨人の星
  • 砂の栄冠
  • ルーキーズ
  • 銀魂
  • 監獄学園
  • 土竜の唄
  • MIX
  • MAJOR(メジャー)

パソコンやスマホから簡単に読める:

それにeBookJapanはその名前の通り電子書籍の専門サイトなので、パソコンやタブレット、スマホといった端末から快適に読めるのも魅力。

KindleやKoboといった電子書籍リーダーは一切不要でそのままブラウザ上から読むことが出来るので、自宅や仕事場でのちょっとした息抜きに使ってもらえればと思います。前述のように無料本を読む限りにはお金が一切かかりませんよ(電車内でスマホを使ってマンガを読める)。

以上、幽遊白書やキングダムなど、300冊弱の漫画本がタダで読めるeBookJapanの無料コーナーが熱い!PCやスマホから簡単に読めますよ…という話題でした。

参考リンク:

個人的におすすめのマンガ一覧は下記記事を参考に。休載中ではありますがボールルームへようこそなどはほんと面白いですよ。

etc.hateblo.jp

おすすめのプレミア焼酎ベスト8!人気の米焼酎からなかなか手に入らない芋焼酎まで、自宅用に安く購入できるプレミア焼酎銘柄をまとめました。

http://www.flickr.com/photos/29838003@N00/2171441

photo by typester

たまには高いお酒でも…という時に、おすすめしたいプレミア焼酎を今回は厳選してみました。

焼酎自体は決して高いお酒ではないので、プレミア焼酎といってもだいたい2,000円~5,000円程度も出せば買えるものばかり。社会人の方であれば少し背伸びをするくらいで購入できるはずなので、焼酎が好きだという方は是非、夏のボーナス直後などのフトコロに余裕があるときにでも購入してみてください。

尚、そんなお金はないぞ!安くて美味い焼酎が飲みたいぞ!という方は、下記の安くて美味しい焼酎に関する記事をあわせてどうぞ(下記記事では1,000円~2,000円ものを中心に紹介)。

おすすめのプレミア焼酎ベスト8:

プレミア焼酎というと、魔王、村尾、森伊蔵…の3銘柄が話題になりがちですが、今回はあえてそういう1万円近くする焼酎を排除してみています。前述の通り、2,000円~5,000円もあれば買えるものばかりなので、気軽に購入してみてください。

鳥飼(米焼酎):

プレミア焼酎の中で、個人的に一番おすすめしたいのが「鳥飼(とりかい)」です。すっきりとした味わいの中に、なぜか白ワインを飲んでいるかのようなフルーティさを味わうことが出来るこの鳥飼は、すべての焼酎の中でも絶品だと私は思いますね。

まだ飲んだことがないという方は『焼酎ってこんなにも美味いのか!』というものを味わえる鳥飼を是非、ご堪能ください。そのフルーティな味わいは焼酎嫌いの方にもおすすめですよ(ロックで是非!)。

天使の誘惑(芋焼酎):

プレミアム感たっぷりなのに、3,000円ちょっとで購入できる有名銘柄が『天使の誘惑』です。ボトルも素敵、味も焼酎とは思えないウイスキーな感じのテーストで、自分で飲んでも贈り物にしても喜ばれる焼酎です。

但し、ちょっとアルコール度数が高いので、天使の誘惑は飲み過ぎに注意。オンザロックで氷を溶かしつつ、ちびりちびりと少しずつ味わってみてくださいね。

天使の誘惑 720ml

天使の誘惑 720ml

 

百年の孤独(麦焼酎):

時期によって値段はだいぶ変わりますが、だいたい3,000円~5,000円あたりで購入可能なプレミア焼酎が百年の孤独です。個人的には芋から作られた天使の誘惑のほうが好きですが、麦焼酎派の方でブランデーに近いお酒を探している方には高評価なお酒かもしれません。

是非、天使の誘惑とセットで購入をして、飲み比べをしてみてくださいね(こちらもアルコール度数が高いので、飲み過ぎ注意)。

百年の孤独 720ml

百年の孤独 720ml

 

佐藤 黒(芋焼酎):

芋焼酎のプレミア焼酎といえば佐藤の黒ですね(黒麹仕込)。力強く、それでいてキリッとしている飲みごたえは、芋焼酎が好きだという方にとってはたまらない味となっています。

お金に余裕がある方は佐藤の黒、ちょっと余裕がないぞ…という方は黒霧島といったように、どちらも試してみると良いかもしれません。佐藤の黒は居酒屋でも比較的多く出されている焼酎なので、ボトル買いが不安な方はそちらで試しのみをするのも一案ですよ。安い居酒屋だと1杯600円くらいで飲めるはずです。

中々 陶眠(麦焼酎):

百年の孤独のような濃い、ブランデーのような麦焼酎ではなく、王道として美味しい麦焼酎を探している方には、こちらの陶器に入った中々はおすすめ。焼酎らしい、すっきりとした味わいを堪能することが出来ると思います。

ガラスのボトルに入った安いほうの中々と比べるなどするのも、この中々 陶眠の良さを確認するためには面白いかもしれませんね。プレゼントに使うにも喜ばれるプレミア焼酎の銘柄です。

魔王(芋焼酎):

プレミア焼酎といえば魔王…というイメージを持たれている方も多い銘柄です。後味に残るほんのりとした甘さ、スッキリとした飲みごたえと、焼酎初心者の方にもおすすめできる魔王ですが、まぁ正直、プレミア感の割にはそこまでダントツに美味いのかというと微妙なところもあると私は思ってます。

プレゼント用にすれば間違いなく喜ばれるので、5000円前後の喜ばれるプレゼントを探している方などにおすすめです。入手は難しいと言われていますが、ネット通販では比較的容易に手にはいりますよ。

魔王 720ml

魔王 720ml

 

爆弾ハナタレ(芋焼酎):

百年の孤独で有名な黒木本店のプレミア芋焼酎です。ハナタレ…なんていうちょっと飲みにくい名前がついていますが、実はハナタレとは蒸留した時に一番最初に垂れてくる初留のことだそうです。

アルコール度数にして44度もあるのですが、冷やしてオンザロックで飲むとスッキリとした甘みのある味を堪能できます。良くも悪くも焼酎っぽくない、変わったプレミア焼酎を飲んでみたい方におすすめです。

爆弾ハナタレ 360ml

爆弾ハナタレ 360ml

 

泡波(泡盛):

最後が焼酎とは違いますが、プレミア泡盛のおすすめです。泡盛って個人的にはあんまり好きではないんですが、この泡波については芋焼酎のような甘みがあるにもかかわらず泡盛全般にあるあの、飲み終わった後の渋みみたいなものが全くないので、焼酎感覚で楽しむことが出来ます。

人気が出すぎて値段がちょっと高いですが、知っている方には喜ばれる銘柄でもありますよ(逆にパッケージ等はごくごく普通なので、お酒好き以外の方には喜ばれないかも?)*1

泡波 泡盛 600ml

泡波 泡盛 600ml

 

プレミア焼酎は高いけど安いお酒:

http://www.flickr.com/photos/25220549@N05/4568573820

photo by kenleewrites

ここまで様々な銘柄のプレミア焼酎を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

プレミア焼酎は確かに一般的な銘柄よりも高めですが、焼酎というのは1本購入するとよほどの飲んべぇでもない限り半月は楽しめるもの。そう考えるとビールやワインと比べるとかなりリーズナブルな飲み物だと思うので、興味がある銘柄があったらこの機会に購入してみてくださいね。

以上、おすすめのプレミア焼酎ベスト8!人気の米焼酎からなかなか手に入らない芋焼酎まで、自宅用に安く購入できるプレミア焼酎銘柄をまとめました…という話題でした。

参考リンク:

焼酎以外にもちょっと高級なお酒を堪能したい…という方は、下記の高級日本酒まとめや高級シャンパンまとめもどうぞ。高いから必ず美味しいというわけではありませんが、紹介している銘柄についてはきっと満足してもらえると思います。

etc.hateblo.jp

etc.hateblo.jp

*1:沖縄県の波照間島では1杯350円とかで提供されているお酒ですが、波照間島での流通を目的に作られているお酒らしく、石垣島を含め他の場所で飲もうとするとかなり高いです。東京だとボトル買いで5,000円以上はしますね。